ホーム / 助産学専攻科 / 看護学部概要 / ディプロマ・ポリシー(助産学専攻科の修了認定方針)

入学試験合格者発表 専用サイト

看護学部 紹介ビデオ

入試のご案内

ご支援のお願い

公的研究費の不正利用防止に向けた取り組み

看護師募集

ディプロマ・ポリシー(助産学専攻科の修了認定方針)

 本学専攻科は、修業年限在籍し、所定の単位を修得するとともに、以下の素養を身につけた学生に修了を認定します。

 

  1. 広い視野と豊かな感性、倫理観に基づく助産が実践できる能力を有する。
  2. 対象の力を引き出し、一つひとつの生命と家族の誕生・成長・発達を助け促す助産が実践できる能力を有する。
  3. 対象を多面的にトータルに理解し、科学的な知識を活用して根拠のある助産が実践できる能力を有する。
  4. 保健・医療・福祉におけるチームの一員としての自覚をもち、多職種者と協働しながら、助産師の役割を実践する能力を有する。
  5. 質の高い助産実践能力を持ち、助産学の発展に貢献する能力を有する。