入学試験合格者発表 専用サイト

看護学部 紹介ビデオ

入試のご案内

ご支援のお願い

公的研究費の不正利用防止に向けた取り組み

看護師募集

教育課程の構成

 

授業科目構成

【基礎助産学領域】


現代社会の要請にこたえ、女性・子ども・家族の健康を支援する助産師としてのアイデンティティを培うための基本的な考え方、必要な知識を学ぶ領域。
助産および女性に関する必要な基本的考え方、歴史、教育、生命倫理などを学び、助産師の役割や責務を考える。
また助産診断・技術に必要な医学的基礎知識を修得する。

【助産学実践領域】


マタニティサイクルを中心とした助産ケアの基本的知識と技術を学ぶ領域。
妊娠・分娩・産褥・新生児・乳幼児期における正常と逸脱の判断、異常の予防と早期発見、健康状態を促進し、安全・安心を保障できる助産ケアの基本的知識と技術を学ぶ。ハイリスクへの対応も学習する。演習を強化し、実践現場において活用できる技術の習得を目指す。これには超音波診断緊急時の対応のために裂傷縫合と新生児蘇生技術を含む。
助産学実習では、病院において10例以上の分娩介助を含む助産ケアを行う。助産所実習では卓越した助産師の助産ケアについて学ぶ。実習での受け持ち事例を1例選択し事例研究としてまとめる。
また、生涯の健康を支援するための健康教育の基本と技術を学習し、出産準備教育、思春期健康教育を計画立案し実施する。

【助産学発展領域】


助産ケアをより充実させ、助産の向上と発展に寄与できるための知識と理解を深める領域。選択科目とし、講義・演習を通して理解を深める。