入学試験合格者発表 専用サイト

看護学部 紹介ビデオ

入試のご案内

ご支援のお願い

公的研究費の不正利用防止に向けた取り組み

看護師募集

教育理念と教育目標

獨協医科大学助産学専攻科の理念と目標


獨協学園は教育理念として「学問を通じての人間形成」を掲げている。また、獨協医科大学医学部および看護学部は「患者さま及びその家族、医療関係者をはじめ、広く社会一般の人々から信頼される」医師および看護職者を育成することをその教育の基本理念としている。
助産学専攻科では、これらの教育理念を基盤として、専門職者として地域社会の人々に信頼され、地域の女性、子ども、家族の健康と安寧に貢献しうる助産師を育成することを目指す。

 

教育目的


助産師を目指す人が、豊かな感性と確かな専門的知識、優れた判断能力および専門的技術を身につけ、助産師資格を取得して高い実践能力を発揮することができるよう教育を行う。助産師として成長し、母子保健活動および助産実践活動を通して社会に貢献し、社会から信頼される人材の育成を行う。

 

教育目標


以下の能力と技能および人間性を備えた助産師を育成する。
①科学的な知識を活用して根拠のある助産実践を行い、女性、子ども、家族の力を引き出して、ひとつひとつの生命と家族の誕生・成長・発達を助け促す支援ができる。
②広い視野と豊かな感性を持ち、限られた側面のみでなく多面的にトータルにとらえた対象理解と共感ができ、人々に思いやりと尊敬の態度で接し、信頼関係を築き、個を尊重したケアができる。
③自分をコントロールでき、専門職としての自覚と責任をもって主体的に考え、行動し、実践ができる。
④チームメンバー・他職種者と協働して実践しながら、助産師の役割を追求し、将来への展望をもち、生涯研鑽を積む努力を惜しまない。

 

アドミッションポリシー


   アドミッションポリシーは次のように定める。
①助産師を目指す強い意志をもち、専門的知識や技術の修得に意欲的にのぞむ人
②自ら考え、主体的に行動できる人
③相手の声に耳を傾け、自分の考えや意見を表現し、信頼関係を築くことができる人