ホーム / 医学部 / カリキュラム / カリキュラム概要

入学試験合格者発表 専用サイト

入試のご案内

ご支援のお願い

公的研究費の不正使用防止に向けた取り組み

カリキュラム概要

近年医学教育界においては急速な改革が行われており、本学においても教育目標に掲げた「広く社会一般の人々から信頼される医師の育成」に向けて、必要なカリキュラム改革を行っている。

    現在は、3学期制、統合科目を中心に、全国医科大学・医学部共通の「準備教育モデル・コア・カリキュラム」及び「医学教育モデル・コア・カリキュラム」を基本として、共用試験実施評価機構の行う医学系CBT(Computer Based Testing)及びOSCE(Objective Structured Clinical Examination)に対応したカリキュラムを編成している。

    最近の状況では、平成21年度第1学年から、医学部入学定員増を踏まえ、準備・補充教育の強化、充実を図る新カリキュラムがスタートし、順次学年進行で、カリキュラム改革を行い再編成した。

一方、医学へのモティベーションを高める目的で、「コミュニティーヘルスインターンシップ(CHI)(地域医療包括医療実習)」、「地域医療学」、「臨床からの学問のすゝめ」を開設する他、学生の問題解決能力を培うための少人数による教育として「PBLテュートリアル」が第1学年と第2学年に開設されている。

  また、自由選択科目として、地域社会で求められる医療、保健、福祉活動を理解し、実習等を行う「地域包括医療実習」(一部学生は履修を必須)や医科学の研究がどのように行われているかを理解するとともに、科学的思考力の育成を目的とした「医学研究室配属」を開設している。 

 

モデル・コア・カリキュラムの概観

(医学における教育プログラム研究・開発事業委員会「医学教育モデル・コア・カリキュラム」を参考に作成)

1、基本事項

  1. 医の原則
  2. 医療における安全性確保
  3. コミュニケーションとチーム医療
  4. 課題探究・解決と学習の在り方

2、準備教育コア

  1. 物理現象と物質の科学
  2. 生命現象の科学
  3. 情報の科学
  4. 人の行動と心理

3、臨床前医学教育コア

医学一般

  1. 生命現象の科学
  2. 個体の構成と機能
  3. 個体の反応
  4. 病因と病態

人体各器官の正常構造と機能、病態、診断、治療

全身におよぶ生理的変化、病態、診断、治療

診療の基本

  1. 症候・病態からのアプローチ
  2. 基本的診療知識
  3. 基本的診療技能

4、臨床実習

  1. 診療の基本
  2. 診察法
  3. 基本的臨床手技
  4. 診療科臨床実習
  5. 地域医療臨床実習