ホーム / 医学部 / 医学部概要 / 教育方針・理念

入学試験合格者発表 専用サイト

入試のご案内

ご支援のお願い

公的研究費の不正使用防止に向けた取り組み

教育方針・理念

建学の精神に則り、患者さま及びその家族、医療関係者をはじめ、広く社会一般の人々から信頼される医師を育成することを本学の教育基本理念と致します。

 

  1. 教育とは「学生本人の力をひき出し、育む」ことが本意であり、医学を修得するのは学生自身であることを十分認識させ、主体的な学習能力を養う。
  2. 医師であると同時に、社会人として心身ともに健康でバランスのとれた人格形成を目指す。
  3. 患者さまの権利と生命の尊厳とを尊重し、医の倫理に則り、思いやりのある医療を実践できる医師としての人格を養う。
  4. 患者さまの身体的・精神的・社会的側面を理解して、問題点を整理し解決する能力を養う。
  5. 地域社会における保健・衛生及び福祉の向上に独自の計画が立てられる能力と責任感を養う。
  6. 国際的医療情報の収集及びそれを解析する能力を養う。

 

新世紀の開幕にあたり、獨協医科大学がさらなる飛躍発展を遂げるため、学生と教職員双方が医学教育に対するより高いモティベーションを持って取り組めるよう、本学の進むべき目標を明確かつ、より具体的にし、以上のように「教育理念」を定めました。

 

あわせて、本学の学生が卒業までに修得すべき「到達目標」として、(1)基本的知識、(2)基本的態度、(3)基本的技術、も具体的に明示致しました。