ホーム / 医学部 / 医学部構成 / 病理診断学講座

入学試験合格者発表 専用サイト

入試のご案内

インターネット出願(医学部・看護学部)

ご支援のお願い

公的研究費の不正使用防止に向けた取り組み

病理診断学講座

 

主任代行 平田 幸一
教 授 黒田 一
准教授 中里 宜正
准教授 山岸 秀嗣
講 師 金子 有子
助 教 高田 温子
助 教 大日方 謙介
レジデント

野田 修平

大学院生
Tsengelmaa Jamiyan
大学院生 小野﨑 聖人
技術員 松山 知亜希
技術員 清水 礼子

教育方針

 言葉の羅列に終わらない講義を目標にします。多くの学生にとって病理形態学はなじみのない学問です。講義中には病気となる仕組みを知らなければ、国家試験合格のみならず、良質な医療人となりえないことを常に喚起しています。病理学教育のため、臨床検体を実際に見ることに勝るものはないとの考えから、疾病の概念を説明するにあたり、当院で経験した実際の肉眼像及び組織像を多用することで、学生の学力向上に努めていきます。

研究方針

 病理診断学は、大学病院病理診断科と一体であり、私たちは多種多様な病理標本を日々診断する貴重な機会を与えられています。その中から生じた疑問点やアイディアを研究テーマとします。私たちは「研究のための研究」ではなく、日常臨床に実際に役立つ研究成果を挙げることを目標とします。

    研究内容

    ・正確な病理診断を可能にするための研究

    ・治療方針決定、予後予測のための病理診断

    ・悪性腫瘍の発生・進展機序の解明と治療への応用

     私たちは以上を3本の柱として、病理形態学、分子生物学、疫学的手法などを用いて研究を行っていきます。

    第1学年
    第2学年
    第3学年 病理学各論、病理学各論実習
    第4学年 症例演習
    第5学年 BSL
    第6学年 ABSL
    大学院 病理診断学