入学試験合格者発表 専用サイト

入試のご案内

ご支援のお願い

公的研究費の不正使用防止に向けた取り組み

免疫学

Department of Immunology

スタッフ

教 授 小端 哲二
准教授

小嶋 英史

橋口 昌章

助 教

柏倉 裕志

研究方針

生体の免疫応答機構を解明するため、免疫応答関連分子の同定及び機能解析を通してリンパ球の活性化・分化成熟の制御機序を明らかにする。更にこれら基礎的研究だけではなく、特に臨床との接点を考え、自己免疫、移植免疫、腫瘍免疫などが関与する、いわゆる"免疫病"の発症機序や病態形成の解明、治療法、診断法の開発への応用研究も視野に入れ、広く"免疫学"に包含される多様な研究を進めてゆきたい。当面の研究テーマは「リンパ球活性化機構の解明と免疫病制御への応用」である。

研究内容

  1. Hypoxia inducible factor-1α の免疫系における役割の解析
  2. 制御性T細胞の恒常性維持機構の解析
  3. リンパ球の分化・機能発現における細胞代謝の解析
  4. Innate lymphoid cell(自然リンパ球)の機能解析
  5. リンパ球機能分子に対するモノクローナル抗体の作製とそれを用いたin vitro,in vivo機能解析 

教育方針

医学部学生に対する教育では、共用試験および国家試験に合格できるように、学習範囲とその難易度を考慮しながら授業を行う。

担当教科

第3学年 免疫学