入学試験合格者発表 専用サイト

入試のご案内

ご支援のお願い

公的研究費の不正使用防止に向けた取り組み

医学部における教育理念

教育目標

 建学の精神に則り、患者及びその家族、医療関係者をはじめ、広く社会一般の人々から信頼される医師を育成することを教育理念として、次の教育目標を掲げる。

  1. 教育とは「学生本人の力をひき出し、育む」ことが本意であり、医学を修得するのは学生自身であることを十分認識させ、主体的な学習能力を養う。
  2. 医師であると同時に、社会人として心身ともに健康でバランスのとれた人格形成を目指す。
  3. 患者の権利と生命の尊厳とを尊重し、医の倫理に則り、思いやりのある医療を実践できる医師としての人格を養う。
  4. 患者の身体的・精神的・社会的側面を理解して、問題点を整理し解決する能力を養う。
  5. 地域社会における保健・衛生及び福祉の向上に独自の計画が立てられる能力と責任感を養う。
  6. 国際的医療情報の収集及びそれを解析する能力を養う。

到達目標

 本学の学生は、卒業時までに、次に掲げる項目について十分な能力を備えなければならない。

基本的知識として理解すべきもの
  1. 人間の心身の正常な発育・構造及び機能とその異常
  2. 主要な疾患の病因、病理、診断及び治療に関する知識
  3. 医療の社会的側面や疾病の予防、リハビリテーション、患者のQOL(クオリティ・オブ・ライフ)に関する知識
  4. 国際的視野からの幅広い医学・医療情報
基本的態度として身につけるもの
  1. 能動的な学習態度に基づいて、生涯にわたり自己啓発のできる能力
  2. ヒューマニズムに徹して、医学・医療・保健の向上に取り組む姿勢
  3. 良好な医師-患者関係を構築し、患者の問題の解決を図る習慣
  4. 医師としての社会的責任を自覚するとともに、自己の能力の限界を認識して、謙虚に専門家の助言を受け入れる態度
  5. チーム医療の一員として協調性を重んじ、併せて指導的態度の取れる心構え
基本的技術として修得するもの
  1. 基本的な診療技術を修得するとともに、正常と異常とを判断できる能力
  2. 問題点を総合的に判断して、その解決を図る能力
  3. 医療面接及び診察により情報を得て、正確な診断と病態を把握し、それを患者及びその家族に十分説明できる能力
  4. 緊急状態の診断と応急処置を実施できる能力
  5. 医学的研究に必要な基本的技能

【カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)】

・準備教育および医学教育のモデル・コア・カリキュラムを基本として編成したカリキュラムにより効果的な臨床

 実習前教育を行う。

・参加型臨床実習を充実させることにより、正しい臨床技術、患者への思いやり、医療安全への配慮を実践でき 

 る医師を養成する教育を行う。

・医師に求められる豊かな人間性や教養の涵養を目的とする学習科目を低学年から高学年まで実施するくさび

 形カリキュラムを編成する。

・学生自らが主体的な学習や問題解決を心がける内的モチベーションを育むための教育技法を実施する。

・日々進歩する医療技術を理解し、自らも医学の進歩に寄与しようとするリサーチマインドの萌芽や成長を促す

 ための選択科目を充実させる。

・医学や医療をグローバルな視点で捉える豊かな国際性を育てるための国際交流や海外研修の機会を充実さ

 せる。

【ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与の方針)】

・本学所定の科目及び単位を修得し、医学および関連領域の知識、診療技能や態度について、本学が定める

 目標に到達していると判断されること。

・患者やその家族、医療関係者をはじめ、広く社会一般の人々から信頼される医師として活躍できる資質と能力

 があると判断されること。

・これらの条件を満たす学生に、学士(医学)の学位を授与する。