越谷病院 臨床研修医募集

看護師募集

腎・予防医学センター

越谷病院女性医師支援センター

越谷病院 新病院棟建設事業

臨床研修プログラム

目的と特徴

将来の専門性に関わらず、全ての臨床医に求められる基本的な臨床能力を幅広く身に付けるとともに、人格の涵養に努める医師を養成する事を目的としております。2年間で厚生労働省が定める各科の到達目標を確実にクリアーできるように設定されております。

臨床研修プログラムの参加施設

獨協医科大学越谷病院
獨協医科大学病院

順天堂大学医学部附属順天堂越谷病院
越谷市立病院
春日部厚生病院
越谷市夜間急患診療所

越谷ハートポスピタル

東埼玉総合病院

北辰病院

研修修了後の主な進路

2年間の初期臨床研修を終えた研修医は、専攻医(後期臨床研修医)として、専門医取得に向けた研修プログラムにて研修を行うことができます。専門領域にもよりますが、3年の研修課程を修了した時点で専門医の受験資格を取得できます。

その後、課程を修了した医師はスタッフ(助教)に採用される資格を得、さらに数年間の研修を経て、subspecialty領域の専門医の受験資格を取得できます。また、大学院医学研究科の専攻分野を開設しており、希望者は社会人大学院制度を利用して勤務しながら大学院生として研究を行い、学位(医学博士)の習得が可能です。

研修プログラム

3種類のプログラム(一般、小児科、産科婦人科)

厚生労働省の基準

厚生労働省が新たに指定した必修科目は内科6ヶ月、救急部門3ヶ月、地域医療1ヶ月で、従来の必修科目である外科、麻酔科、小児科、産婦人科、精神科は選択必修科目となりました。研修医は必修科目に加え、選択必修科目を最低2科目履修するように義務づけられております。また、臨床研修病院は選択必修科目の全部または一部を必修科目にできるとともに、研修医の希望に応じて研修が確実にできるように体制を整えておかなければなりません。

1.一般プログラム

当院の一般プログラムは、必修科目である内科6ヶ月(2ヶ月づつ3科もしくは1ヶ月づつ6科を選択)、救急部門3ヶ月、地域医療1ヶ月に加え、選択必修科目である外科1ヶ月(外科系診療科10科から1科選択)、麻酔科2ヶ月、小児科1ヶ月、産科婦人科1ヶ月、精神科1ヶ月を必修科目として履修し、厚生労働省が定める到達目標の確実な達成を図っております。2年次の4月からは希望履修選択科目として履修をします。そこでは当院が標榜する全ての診療科・部のどれをも選択できるようにしました。この期間を利用して専門医資格取得に必要となる症例数を、可能な限り確保できます。さらに、同時期において、獨協医科大学病院で標榜している診療科も選択研修可能です。

2.医師不足診療科の特化プログラム(小児科・産科婦人科)

募集定員20名以上の基幹型臨床研修病院は、医師不足診療科の問題に対処すべく将来、小児科医あるいは産科医を目指す研修医を対象とした特化プログラム(募集定員2名以上)を、それぞれ設けなければなりません。当院は上記の一般プログラムを土台にして、希望履修選択期間をそれぞれ小児科および産科婦人科に特化したプログラムを用意しました。

 

 小児科特化プログラム

 

 産科婦人科特化プログラム