越谷病院 臨床研修医募集

看護師募集

腎・予防医学センター

越谷病院女性医師支援センター

越谷病院 新病院棟建設事業

病理専門医

 

理念

基幹施設である獨協医科大学越谷病院病理診断科と三つの連携施設からなる比較的小規模なプログラムですが、規模に比して豊富な指導医数を擁しており、また、連携施設はいずれも比較的近隣に位置し、非常に密接な交流・協力体制にあります。小規模であるがゆえに、複数の指導医が密な協力のもとに基幹施設での研修を中心とした指導・評価を行うことができ、細やかで密な一貫した研修・教育を専攻医が受けられる体制を整えています。3年間の間に、日常よく遭遇する疾患の病理診断を確実に行えるようになるとともに、希少例を含めた偏りのない症例を経験し、信頼されるに足る基礎的診断能力とその後の発展能力とを備え、医療現場でのコミュニケーション能力も有したバランスの良い病理専門医の育成を目指します。

プログラム冊子

当専攻医研修プログラムをまとめたプログラム冊子はこちらをご覧下さい。

 

プログラムの実施内容

 本専門研修プログラムでは、基幹施設である大学病院および連携施設である四つの中規模総合病院とで経験すべき全領域の病理検体をカバーしており、病理専門医資格取得に必要な症例数(剖検、手術検体、生検、細胞診)を十分に経験することが可能です。

 本専門研修プログラムでは、臨床科との各種のカンファレンスに参加することにより、希少症例や難解・問題症例の臨床所見を含めた理解や、臨床医 との議論を通じた問題解決の方策を身につけることができます。施設内での勉強会やサブスペシャリティーを有する指導医からのレクチャー等により、よ り専門的な知識を効率的に習得できる機会が得られます。また、埼玉県内の病理医による検討会への参加により、さらに多彩な症例を経験する機 会もあります。

 本専門研修プログラムでは、常勤病理医不在の病院への出張診断(補助)、出張解剖(補助)、迅速診断、標本運搬による診断業務等の経験を積む機会を用意しています。

   本研修プログラムでは、3年間の研修期間中に最低1回の、日本病理学会総会における筆頭演者と

  しての発表を必須とし、また、発表 した内容は極力国内外の医学雑誌に投稿するよう推奨していま

  す。学会発表、論文発表に関しては、十分な指導体制を有しています。

連携病院・特別連携病院

【連携病院】

済生会川口総合病院(埼玉県川口市)

春日部市立医療センター(埼玉県春日部市)

国立病院機構 東埼玉病院(埼玉県蓮田市)

新松戸中央総合病院(千葉県松戸市)

カンファレンスなどの学習機会