越谷病院 臨床研修医募集

看護師募集

腎・予防医学センター

越谷病院女性医師支援センター

越谷病院 新病院棟建設事業

呼吸器・アレルギー内科

呼吸器・アレルギー内科 サイトへ

概要

 近年、呼吸器患者数の多さに比べて呼吸器内科医はまだ不足している。

より多くの研修医が呼吸器内科に興味をもち、将来呼吸器内科医を目指してもらうために、魅力的な研修となるよう心がけている。

 研修ではまず内科医として患者さんの全体像を把握したうえで、呼吸器・アレルギー、膠原病疾患の診療を行うこととしている。疾患の種類としては気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、肺腫瘍、呼吸器感染症、びまん性肺疾患、アレルギー、膠原病、リウマチ疾患など様々な疾患を経験する。その過程で胸部X線等の画像の読影、呼吸器内視鏡検査、気管内挿管や人工呼吸器による呼吸管理、喘息やCOPDの患者指導、呼吸器リハビリテーション、肺癌の化学療法などについて研修する。基本的技能から高度な医療技術までの習得が可能である。当科レジデント制により、認定内科医から呼吸器専門医の取得に必要な後期臨床研修を修了できることになる。

 目標としては、視野を広くもち、患者さんをひとりの人間として全人的に捉えたうえで、専門的医療を実践できるプロフェッショナルの養成を目指している。楽しく、有意義な研修に多くの研修医の参加を期待する。

一般目標

1. 肺癌を中心とする腫瘍性疾患、COPD、気管支喘息、肺炎などの呼吸器感染症、呼吸不全、間質性肺炎、

  気胸、睡眠時無呼吸症候群、など代表的な呼吸器疾患の検査法、診断法、治療法を習得する。

2. 適切な知識に基づく患者・家族対応と指導を習得する。

3. 臨床研究、学会活動の積極的な参加および方法を習得する。

4. 4年目に内科認定医を習得する。

5. 呼吸器学会、呼吸器内視鏡学会、内科学会、アレルギー学会、リウマチ学会などの専門医の習得準備をす    る。 

個別目標

1. 胸部解剖の正確な理解

2. 胸部画像の読影

3. 呼吸生理の理解

4. 気管支鏡技術の習得

5. HOT,NIPPVなどの在宅機器の理解

6. 呼吸器生理機能検査の理解

7. 睡眠ポリグラフなどの理解

8. 病理医、放射線科医、呼吸器外科医を交えた症例の理解

9. 呼吸不全の診断と治療(指導・管理)

  急性呼吸不全、慢性呼吸不全、肺性心

10. 腫瘍性疾患の診断と治療(指導・管理)

      (ア) 肺癌の診断と治療(指導・管理)

             TNM分類、適切な治療法の選択、化学療法の理解

             疼痛管理の理解、適切な患者・家族対応と指導、適切な経過観察

      (イ) 縦隔腫瘍、胸膜腫瘍、まれな肺腫瘍(過誤腫、リンパ腫など)の理解

11. 気管支喘息の診断と治療(指導・管理)

12. COPDの診断と治療(指導・管理)

13. 肺炎、気道感染症の診断と治療(指導・管理)

      結核症、非結核性抗酸菌症、急性上気道炎・下気道炎、市中肺炎、院内肺炎、免疫不全状態の院内肺

      炎、肺化膿症、膿胸、肺真菌症

14. 呼吸不全の診断と治療(指導・管理)

      急性呼吸不全、慢性呼吸不全、肺性心

15. 間質性肺疾患の診断と治療(指導・管理)

      **間質性肺炎、**器質化肺炎、薬剤性の障害、膠原病・血管炎

16. 気胸の診断と治療(指導・管理)

      自然気胸、月経随伴性、腫瘍性、感染性等

17. 免疫・アレルギー関連に関与する疾患の診断と治療(指導・管理)

      過敏性肺炎、サルコイドーシス、好酸球性肺炎、気管支肺アスペルギルス症、膠原病、リウマチ疾患

18. 肺血栓塞栓症の診断と治療(指導・管理)

19. 肺胞低換気症候群の診断と治療(指導・管理)

20. 睡眠時無呼吸症候群の診断と治療(指導・管理)

21. まれな疾患

      Goodpasture症候群、リンパ脈管筋腫症、ランゲルハンス組織球症、アミロイドーシス、肺胞蛋白症、肺胞微

      石症、リンパ増殖性肺疾患

22. 肺高血圧症の診断と治療(指導・管理)

23. 肺血管の交通異常

24. 肺動静脈瘻、肺分画症 

主な検査治療手技

人工呼吸管理(挿管、非侵襲的)、気管支鏡による観察・生検・肺胞洗浄・ステント挿入・EBUS-TBNAなど、CT・透視下腫瘍生検、胸膜生検、胸水穿刺、胸腔ドレナージ、呼吸機能検査(BOX、運動負荷、呼気NO測定、末梢気道抵抗 (IOS) 測定)、吸入誘発試験、在宅酸素・NIPPV、睡眠ポリグラフ、睡眠ポリソムノグラフ、呼吸リハビリテーション

研修方法

1. 研修体制

   レジデントは、指導医とともに主治医として入院患者さんの診療ならびに外来診療にあたる。

2. 患者受持

   7階南病棟を中心とし、入院患者を担当する。

3. 検査業務

   気管支鏡やCT下生検を中心に行う。

4. 当直業務 

   月1〜4回の病棟、内科救急当直を行い、重症・緊急患者管理、救急業務を行う。

呼吸器・アレルギー内科の週間スケジュール

 

月曜

火曜

水曜

木曜

金曜

土曜

午前

 

病棟処置

病棟回診

病棟処置

病棟回診

病棟処置

病棟回診

病棟処置

病棟回診

病棟処置

病棟回診

病棟処置

病棟回診

午後

 

教授回診

胸部読影

気管支鏡

検査

気管支鏡

検査

病棟回診

気管支鏡

検査

 

17時以降

医局会

気管支鏡

病理カンファ

振り返り

グループ

  カンファ

振り返り

グループ

  カンファ

 

ⅰ. 毎週月曜の医局会後に呼吸器内科・胸部外科合同カンファレンスを行う。

ⅱ. 毎月1回、月曜の午後6時30分より、病理・呼吸器内科・胸部外科合同で

     病理カンファレンスを行う。

研修の評価

1. レジデントは、検査・治療経験や経験症例につき、指導者に報告する。

2. 指導者は、その達成状況を確認する。

3. 3年目終了時に、認定内科医受験申請が可能である。

4. 呼吸器内科医として、呼吸器内視鏡、呼吸器専門医、アレルギー専門医、気管食道科学会専門医、内科専   門医の習得の準備をする。 

 

最短必要年数

その他の条件

認定内科医

4年目

CPC、CC、学会発表、症例報告1例

ACLSもしくはICLS受講

呼吸器内視鏡  専門医

6年目

・学会会員歴

5年以上(12月締)

・本学会学術集会出席参加証(2回以上/過去5年間)

・気管支鏡セミナー(1回以上/過去5年間)または支部会主催の講習会(10単位以上/過去5年間)の出席証明書

呼吸器専門医

 

 

6年目

・認定内科医資格取得した年度の4月より数え3年間以上

 

・非喫煙者

・呼吸器病学関係の論文3編以上(共著者可)および呼吸器関連学会での発表3編以上(共同演者可)

アレルギー

専門医

学会会員歴5年以上

基本領域の学会の研修期間を含め6年以上

・学会所定の単位を取得

(通算5ケ年間に50単位以上)

 

内科専門医

6年目

・認定内科医資格取得した        年度の4月より数え3年間以上

・学会歴継続3年以上

・症例発表2件(内科認定医取得後)

気管食道科学会専門医

 

5年目

・基本領域の学会の研修期間を含め5年以上(8月31締)

・内科認定医である事

 

・学会所定の単位を取得

(通算5ヶ年間に50単位以上)