平成28年度 獨協医科大学埼玉医療センター 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 1423 747 702 919 1778 1997 4073 5083 2026 159
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
糖尿病内分泌・血液内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等24あり 定義副傷病なし 93 19.2 16.8 0.0 69.1
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) 58 15.2 14.6 0.0 61.5
100180xx99000x 副腎皮質機能亢進症、非機能性副腎皮質腫瘍 手術なし 55 6.7 6.1 0.0 56.8
100080xx99x100 その他の糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)手術なし 手術・処置等21あり 43 16.3 15.9 0.0 61.5
100070xx99x000 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)手術なし 手術・処置等2なし 34 13.1 11.5 0.0 55.4
当科は糖尿病を中心とする代謝疾患、内分泌疾患および血液疾患など幅広く専門性の高い診療を行っており、近隣の医療機関からも多くの患者様の紹介を受けております。入院治療を行っている代表的な疾患として、糖尿病または悪性リンパ腫などの造血器悪性腫瘍が挙げられます。糖尿病については、疾患教育プログラム、運動療法など系統的な標準治療を行っており、急性の合併症についても迅速に対応しています。内分泌疾患では原発性アルドステロン症などの副腎疾患や甲状腺疾患および下垂体疾患など幅広く専門性の高い診療を行っております。血液疾患の診療については悪性リンパ腫の化学療法が多く行われているほか、他の造血器腫瘍として多発性骨髄腫、急性白血病および骨髄異形成症候群など幅広い造血器悪性腫瘍の治療を行っています。高度な免疫不全状態を呈する強力な化学療法については無菌病床(クリーンルーム)を2床有しており、多彩な血液疾患の治療を行っております。各診療に際し、チーム医療の実践や多職種カンファレンスおよびクリニカルパスなども積極的に導入し、質の高い医療サービスが提供できるよう日々尽力しております。
呼吸器・アレルギー内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 209 4.6 3.7 1.4 69.4
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 定義副傷病なし 122 15.8 12.4 0.8 69.8
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2なし 77 23.0 19.9 9.1 69.7
040040xx99000x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 70 16.0 14.8 14.3 72.2
040040xx9905xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等25あり 57 22.6 19.2 0.0 71.4
当科では肺がんを含めた肺疾患の検査として気管支内視鏡検査を年間350例以上行っています。安全のために入院での検査を原則としていますが、気管支内視鏡検査の在院日数は4 日程です。肺がんの診断となり化学療法(抗がん剤治療)の適応となった場合、最初は入院での治療を行います。化学療法後の副作用を確認し(平均在院日数15.8 日)、2コース(回)目以降は外来通院での化学療法も行っています。そして治療薬剤の変更が必要となった場合には、入院での新たな薬剤(抗がん剤)の導入を行います。また、胸水貯留や食事摂取困難、疼痛など病状の進行を認めた場合にも入院治療を行っています(平均在院日数22.6 日)。当科では地域の関連施設との連携を積極的に行い、個々の患者さんに対して必要に応じた最適な治療を地域の病院と共に行っています。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 110 11.1 11.1 3.6 69.6
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2なし 96 9.2 9.0 0.0 74.5
060300xx99x00x 肝硬変(胆汁性肝硬変を含む。) 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 79 18.0 13.5 11.4 68.7
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。)その他の手術あり 手術・処置等2なし 60 9.6 11.7 0.0 74.7
060140xx97x00x 胃十二指腸潰瘍、胃憩室症、幽門狭窄(穿孔を伴わないもの)その他の手術あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 53 10.0 10.9 0.0 65.8
胆管結石· 胆管炎
結石が胆管をふさぐことにより上腹部に痛みを生じますが、結石が胆管にはまり込んでいない場合は無症状のこともあります。結石が胆管をふさぎ細菌感染を伴うと発熱、悪寒、黄疸、褐色尿を呈し急性胆管炎の状態となります。悪化すると意識障害やショックを伴い致命的となることがあります。また、急性膵炎を発症することもあります。急性胆管炎や急性膵炎を来すと、緊急入院や緊急の治療処置が必要となります。治療は内視鏡で結石を除去する方法が主流です。
胃の悪性腫瘍
胃癌の大きな原因の一つであるピロリ菌感染症は減っていますが、胃癌の罹患率はあまり変化していません。しかし、胃癌は初期に発見すれば内視鏡で治癒が見込めます。最近胃粘膜下層粘膜剥離術という方法が発達し(読んで字のごとく胃の粘膜を癌とともに剥ぎとります)、多くの早期胃癌を内視鏡で治療できます。別部位に新たに癌が発生することもあり、治療後も定期的な内視鏡が必要です。
肝硬変
肝硬変の患者様の多くは外来で治療していますが、黄疸、腹水、浮腫、肝性脳症などを認めた場合には入院治療を行っています。安静・食事療法と薬物療法で肝臓機能の改善を促しますが、多くの場合で長期入院が必要とされています。当科では地域の関連施設との連携を積極的に行い、全国平均を下回る在院日数になっています。肝硬変は慢性的な疾患ですので退院・転院後も当科での治療を必要として再入院される患者様も数%認めています。
肝臓癌
肝臓癌には、肝臓そのものから発症した原発肝癌と、他の臓器の癌が肝臓に転移した続発性肝癌(転移性肝癌)があります。原発性肝癌の約90%肝細胞癌が占め、約10% が胆管細胞癌です。一般的に肝癌というと肝細胞癌を指しています。原因としてウィルス感染(B型·C型)やアルコールがあります。治療は外科手術の他に、内科で行うラジオ波焼灼術(体表から腫瘍に針を刺してラジオ波を電流を流すことにより、生じた熱で病変を死滅させます)や肝動脈化学塞栓術(足の付け根の動脈からカテーテルを入れて腫瘍近くの血管まですすめて、抗癌剤などを入れ、血流を遮断し腫瘍を壊死させます)があります。
胃十二指腸潰瘍
かつて潰瘍の原因の多くはピロリ菌でしたが、ピD リ菌感染は減ってきています。最近の原因の多くは痛み止めや抗血栓薬(サラサラにする薬といわれているもの)によるものです。主な治療は薬物療法で、胃酸を十分に抑えることが必要です。特に抗血栓薬を内服している方は、吐血して救急車で来院することも多く、速やかに緊急内視鏡で処置をして入院加療いたします。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術・処置等2なし 353 6.0 5.5 0.0 64.7
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 337 3.4 3.1 0.0 67.9
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 145 6.3 4.7 0.0 69.1
050210xx97000x 徐脈性不整脈 手術あり 手術・処置等1なし、1,3あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 60 11.8 11.4 1.7 74.3
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 58 22.3 18.0 3.5 77.1
心臓を栄養する動脈である冠動脈に狭窄や閉塞が生じると狭心症・心筋梗塞が発症します。治療には、俳優の渡辺徹さんやコメディアンの関根勤さんに施行されたカテーテル治療や天皇陛下がお受けになられたバイパス手術があります。われわれ循環器内科医はカテーテル治療を行います。現在、カテーテル治療はステントによる血管拡張が主流ですが、ステント治療には血液をさらさらにする抗血小板薬を2剤飲む必要があります。これにより長期的には出血のリスクが高くなるため、われわれはステントをなるべく使用しない治療(ステントレス治療)を心がけています。この点が他施設と大きく異なります。そして、約40%の患者様はステントを使用せずに非常に良好な結果を得ています。これは患者様にとって、とても素晴らしいことです。
腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 61 7.5 12.8 1.6 51.1
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 48 12.3 8.9 0.0 67.8
110280xx991x0x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1あり 定義副傷病なし 40 7.2 7.6 0.0 50.3
110260xx99x0xx ネフローゼ症候群 手術なし 手術・処置等2なし 35 20.1 22.7 0.0 57.1
110280xx99010x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置21あり 定義副傷病なし 26 17.0 14.8 0.0 65.8
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010155xxxxx2xx 運動ニューロン疾患等 手術・処置等22あり 31 18.9 17.8 0.0 65.3
010110xxxxx40x 免疫介在性・炎症性ニューロパチー 手術・処置等24あり 定義副傷病なし 23 28.0 18.0 4.4 50.4
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満)手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 定義副傷病なし発症前Rankin Scale0、1又は2 22 21.7 16.5 36.4 71.5
010080xx99x00x 脳脊髄の感染を伴う炎症 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 22 15.5 9.4 0.0 47.5
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 18 7.7 7.1 5.6 45.5
運動ニューロン疾患の代表は筋萎縮性側索硬化症(ALS) です。症状は手足の筋力低下、歩行困難、手足のつつばり、しゃべりにくい、礁下困難·誤礁、呼吸困難など様々であります。病気の部位はMRI などの画像診断では確定できず、神経診察、電気生理検査、そして進行悪化する経過が診断根拠となります。初回の診察では診断できないことが多いです。治療に関わらず、栄養状態や呼吸状態の悪化は病状に影響するため、栄養や呼吸管理の医療提供、療養環境の相談を行っていきます。
免疫介在性・炎症性ニューロパチーの代表はギランバレー症候群です。上・下肢からしびれや筋力低下が始まり徐々にその範囲が拡大します。肩や腰の激痛を伴うこともあります。症状が進行すると四肢麻痺、歩行困難、應下困難、呼吸困難を来します。病気の部位は末梢神経であるためMRI 検査では診断できず、診断には神経診察や髄液検査、電気生理検査が必要です。早期治療とリハビリにより社会復帰を目指しています。
脳卒中医療は脳神経外科と密な連携を行っています。急性期で重症な方は脳卒中ケアユニットで管理し、血管内治療あるいは手術が必要な症例では脳神経外科が担当します。脳卒中地域連携パスを用いて在宅退院のできない方は回復期リハビリ施設あるいは療養型病院へ引き継いでいきます。
当院は神経救急分野にも力を入れており、脳脊髄の感染症あるいはてんかん医療は随時、受け入れ救急対応しております。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 46 7.7 7.1 2.2 7.7
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 43 10.2 6.2 0.0 0.0
050200xx99xxxx 循環器疾患(その他)手術なし 37 3.0 7.7 0.0 12.9
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 32 6.6 5.8 0.0 5.2
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 32 7.6 6.4 0.0 4.5
小児科は、生まれたばかりの赤ちゃんから1 5 歳未満のお子さんの診療する科です。子どもの時に発症した慢性の病気では、成人になってもそのまま治療している患者さんもいらっしゃいます。入院症例数のトップ5 は表のようになります。第1位はてんかんの患者さんです。当科では小児神経の専門医が多く、脳性麻痺や発達遅滞を基礎疾患とする患者さんを多く診療しています。第2位は新生児です。未熟児や呼吸障害のある新生児などの治療をしています。第3位は循環器疾患で、起立性調節障害の患者さんを多くみています。第4位は一般的な肺炎と気管支喘息の患者さんです。それぞれ、全国と比較しても特にかわりなく、標準的な治療を行っています。小児科医は「子どもの総合医」として出生から成人になるまで、成長・発達、体、心、社会保健についても関わっていきます。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2なし 95 10.0 8.8 0.0 74.6
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1なし 69 5.2 4.3 0.0 52.8
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 27 14.9 12.0 0.0 59.1
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 26 8.8 9.0 0.0 60.4
080100xxxx0xxx 薬疹、中毒疹 手術・処置等1なし 19 20.7 11.3 0.0 58.5
超高齢化社会を迎え、皮膚悪性腫瘍患者は顕著に増加し、入院患者の7割を占めます。皮膚悪性腫瘍の治療は術式や手術部位を問わず入院治療を原則としていますが、基底細胞癌が59例と最も多く、有棘細胞癌34例・ボーエン病37例、悪性黒色腫19例、乳房外パジェット病12例などが主要な疾患です。悪性腫瘍の手術では腫瘍を正確に切除し、リンパ節転移を伴う場合はリンパ節郭清術を行います。また、欠損部を機能的、外観的に良い状態に再建することも重要です。手術だけではなく必要があれば抗がん剤や放射線療法も行い、症例ごとに最善の治療方法を選択します。また、悪性腫瘍だけでなく粉瘤や脂肪腫といった良性腫瘍も大きさ、部位によって入院での手術を行っています。手術以外では、皮膚筋炎、強皮症などの膠原病、ウイルス・薬剤による中毒疹、水疱症、アトヒ゜一性皮膚炎・尋常性乾癬・痒疹などの難治性皮膚疾患、蜂商織炎、帯状疱疹、壊死性筋膜炎などの感染症、アレルギー検査などの幅広い疾患を診療し、多くの患者様が入院されています。特に乾癬は近年、生物学的製剤を用いた治療も盛んに行われており、当科でも乾癬の専門外来を設けております。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 91 17.8 15.9 1.1 67.2
060020xx02x0xx 胃の悪性腫瘍 胃切除術 悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし 56 15.7 17.7 1.8 70.8
060035xx99x60x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等26あり 定義副傷病なし 54 4.1 4.5 0.0 67.4
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 51 6.9 6.8 0.0 58.6
060040xx02x00x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 肛門悪性腫瘍手術 切除等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 37 18.8 18.0 0.0 65.3
乳腺センター
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx99x40x 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等24あり 定義副傷病なし 113 2.0 4.6 0.0 59.6
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術・処置等2なし 66 5.4 6.6 0.0 60.7
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術・処置等2なし 63 8.5 11.6 0.0 59.0
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 単純乳房切除術(乳腺全摘術)等 手術・処置等2なし 61 8.5 10.3 0.0 60.9
100020xx01x0xx 甲状腺の悪性腫瘍 甲状腺悪性腫瘍手術 切除等 手術・処置等2なし 35 8.4 9.3 0.0 59.0
(乳腺)
当センターでは、放射線科や病理診断科、形成外科などの多くの科と協力しながら、乳癌の診断、治療を行っております。診断に関しましては、乳腺超音波検査、マンモグラフィー、3Dマンモグラフィー(トモシンセシス)、CT、MRI、PET-CTといった最新の画像診断、並びに超音波ガイド下針生検やステレオガイド下マンモトームといった正確な病理診断を行い、専門医による迅速、精密な診断を行っております。また治療においても患者さんの病気の進行具合を考慮にいれ、個々人にとって最良な治療となるよう手術療法、薬物療法(抗癌剤)、放射線療法を組み合わせて治療を行っております。薬物療法(抗癌剤)の施行に際しては、嘔気、食欲減退、好中球減少、脱毛、下痢、神経障害などの多彩な副作用が発生するため、抗癌剤をより安全に行うためにも副作用のマネージメントが重要となりますが、当科では適切な副作用対策を行うことで、平均在院日数はわずか2日と、全国平均より短期の入院期間を実現しております。また通院での化学療法を実施する際には、外来化学療法室を設置することにより、専門スタッフによる適切な副作用マネージメントを行い、退院後42日以内の再入院0%を達成しております。また手術におきましては、手術後の再発をできるだけ少なくするために詳細な画像診断を行い、手術で切り取る範囲を正確に診断したうえで手術範囲を決定しており、安全確実な手術を目指すことで、平均在院日数におきましても、乳房温存術で4.9日、乳房全摘出術で8.2日と全国平均よりも短期の入院期間を実現しております。

(甲状腺)
甲状腺・副甲状腺疾患のうち手術適応となるものは、甲状腺悪性腫瘍、薬剤でコントロールのつかないバセドウ病、副甲状腺腺腫による副甲状腺機能亢進症があります。良性腫瘍でも頚部の圧迫症状、嚥下障害、悪性との鑑別を要する大きな腫瘍は手術適応となります。甲状腺手術は、細かい操作が必要なため専門医による診断治療が必須です。当科は、内分泌甲状腺外科専門医が常勤しているため、都内専門病院と同レベルの診断・治療を行うことができる地域で唯一の医療機関です。実際昨年、一昨年ともに甲状腺手術による合併症はなく、安全で最適な治療を実施しています。甲状腺・副甲状腺の病気で気になる方は、かかりつけの医師にご相談頂き、紹介状をいただければ当院ですぐに診察いたします。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070180xx97xx0x 脊椎変形 手術あり 定義副傷病なし 87 22.4 20.6 0.0 19.2
070085xx97xxxx 滑膜炎、腱鞘炎、軟骨などの炎症(上肢以外) 手術あり 31 21.2 14.4 3.2 59.2
160610x01xxxx 四肢筋腱損傷 靱帯断裂形成手術等 30 17.4 20.9 0.0 50.6
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。)人工関節再置換術等 28 29.6 26.3 7.1 76.0
070210xx01xxxx 下肢の変形 骨切り術 前腕、下腿等 25 28.3 23.4 12.0 59.8
上記統計の100位までを再構成して,当科の入院治療症例数を疾患群でまとめると,第1位は四肢外傷群(各種骨折,靱帯・腱の損傷など)の190例で,この多くは手術治療を目的とした近隣施設からの紹介症例です.第2位は,四肢慢性疾患群(変形性関節症,変形・拘縮,関節炎など)の157例で,この大半は手術治療を目的とした予定入院症例です.第3·4位には脊椎変形(114例)と脊椎慢性疾患群(99例)が入り,脊椎外傷も49例あります.これら脊椎症例の大多数も手術目的入院,脊椎の傷病に対する手術療法を専門的に取り扱っていることがわかります.なお,小児整形外科疾患群(先天性内反足や先天性股関節脱臼など:11件)や腫瘍(35例)が比較的多いのも特徴です.
心臓血管外科・呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2なし 76 13.7 12.7 0.0 70.1
040200xx01x00x 気胸 肺切除術等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 30 12.8 10.1 0.0 35.4
050163xx02x1xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。) 腹部大動脈(分枝血管の再建を伴うもの)等 手術・処置等21あり 26 21.8 21.9 3.9 70.5
050080xx01010x 弁膜症(連合弁膜症を含む。)ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 定義副傷病なし 23 23.7 24.7 17.4 69.8
050163xx03x0xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等2なし 16 10.7 12.7 0.0 76.7
腹部の動脈が太く拡張してしまった状態が腹部大動脈瘤で,自覚症状はほとんどなく,エコー検査やCT検査で偶然発見されることが多い病気です.しかし大きくなると破裂して死に至ります.通常は直径が5cmから5.5cmになれば手術をすることが勧められています.
心臓弁膜症とは,心臓の中にあって血液を決まった方向に流すためにある弁の機能が悪くなった病気です.大動脈弁,僧帽弁,三尖弁の3つの弁に多く生じ,狭窄症と閉鎖不全症(逆流)があります.多くは息切れや倦怠感の症状が出ますが,高度の弁膜症では,たとえ症状がなくても手術をした方がいい場合があります.
小児外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140590xx97xxxx 停留精巣 手術あり 187 4.0 3.3 0.0 1.8
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 44 3.8 5.6 0.0 11.3
180060xx97xxxx その他の新生物 手術あり 39 3.3 6.8 0.0 3.8
080180xx99xxxx 母斑、母斑症 手術なし 31 2.9 3.3 0.0 2.1
11022xxx02xxxx 男性生殖器疾患 陰嚢水腫手術等 30 3.0 4.9 0.0 3.7
産科婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等24あり 定義副傷病なし 193 5.3 5.1 0.5 60.8
120010xx99x50x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等25あり 定義副傷病なし 172 4.1 4.9 0.6 58.2
120260xx01xxxx 分娩の異常 子宮破裂手術等 105 11.3 9.8 0.0 34.8
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 91 10.6 10.1 0.0 45.3
120010xx99x70x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等27あり 定義副傷病なし 90 3.2 4.7 0.0 59.0
当院は埼玉県東部地区の基幹病院であり、多くの婦人科腫瘍の患者様の手術を行っており、悪性腫瘍では化学療法、放射線療法も行っております。
子宮頸・体部の悪性腫瘍(子宮頸癌、子宮体癌、子宮肉腫等)は再発予防や再発治療目的に化学療法を行います。標準的な子宮頸癌の化学療法(パクリタキセル+シスプラチン)や子宮体癌の化学療法(ドキソルビシン+シスプラチン)は5日間を要します。
卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍(卵巣癌等)は再発予防や再発治療目的に化学療法を行います。腫瘍進行期や患者様の全身状態によって化学療法の方法を決定しますが初回標準化学療法であるTC療法(パクリタキセル+カルボプラチン)やTCB療法(パクリタキセル+カルボプラチン+ベバシズマブ)は初回入院に4日間、2回目以降は3日間の入院を要します。
多胎妊娠、高齢妊娠や内科疾患など合併症を持つ、いわゆるハイリスク妊婦も多く診療しております。帝王切開の場合、術後7~8日間の入院が必要です。
子宮筋腫など婦人科良性腫瘍で手術を必要とする患者様も多く、術前・術後で9~11日の入院が必要です。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020160xx97xxx0 網膜剥離 手術あり片眼 215 8.6 10.5 0.0 54.3
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 124 7.9 7.7 0.0 68.3
020210xx01x0xx 網膜血管閉塞症 増殖性硝子体網膜症手術 手術・処置等2なし 87 9.7 11.7 0.0 53.7
020220xx97xxx0 緑内障 手術あり片眼 77 11.1 9.2 1.3 64.3
020200xx9700xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 48 7.9 7.7 0.0 67.1
当科では小切開白内障の手術を積極的に行っております。白内障手術は超音波乳化吸引術が主体であり、小切開創からの眼内レンズ挿入術を施行し、入院期間の短縮と早期の視機能回復、社会復帰に努めています。また、当科では網膜硝子体疾患の手術が多いことが大きな特色であり、県内はもとより県外からも多くの患者さまをご紹介していただいています。当科で主に行っている硝子体手術は、広角顕微鏡下で行う25ゲージ硝子体手術です。この手術システムの導入によって、以前の硝子体手術に比べてより安全・短時間・低侵襲に手術が行えるようになりました。網膜剥離で緊急手術が必要な患者さまは常時入院治療できるように努力しています。そして黄斑円孔および黄斑上膜に対しては、患者さまへの侵襲をより軽減するために25ゲージよりもさらに細い27ゲージシステムで行う無縫合硝子体手術も積極的に施行することで良好な手術成績を得ています。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 121 8.4 7.5 0.0 55.6
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 95 6.5 5.5 0.0 38.6
030440xx01xxxx 慢性化膿性中耳炎・中耳真珠腫 鼓室形成手術 86 10.1 9.4 0.0 45.0
030428xxxxxxxx 突発性難聴 82 9.9 9.4 0.0 55.0
030150xx97xxxx 耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍 手術あり 71 10.2 7.8 0.0 57.1
当科では耳、鼻、咽喉頭、頭頸部全般にわたる幅広い疾患に対応しております。手術加療が必要な疾患の中でば慢性副鼻腔炎、慢性中耳炎、真珠腫性中耳炎が多く、中耳炎に対する手術では入院期間は10.1日であり、昨年より0.7日短縮しています。より安全な手術を目指しているため慢性副鼻腔炎に対する手術の入院期間は全国平均をやや上回りますが、術後の感染や再出血による再入院はほとんど認めておりません。また、手術加療以外の疾患にも対応しており、特に急性扁桃炎、扁桃周囲膿瘍をはじめとする炎症性疾患の入院症例が当科では多い傾向にあります。急性扁桃炎では入院のうえ抗菌薬の点滴加療を行いますが、扁桃周囲膿瘍では穿刺または切開による排膿が必要なことも多く、平均の入院期間は6.5日となっています。通院の簡便さや時間的な制限の緩和を目的に地域の診療所や病院と積極的な地域連携を強化しており、退院後の通院先を紹介することも可能な体制を整えております。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010030xx9910xx 未破裂脳動脈瘤 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 107 2.9 3.2 0.0 59.6
010030xx03x00x 未破裂脳動脈瘤 脳血管内手術 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 92 10.9 10.2 1.1 60.5
010050xx02x00x 非外傷性硬膜下血腫 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 55 9.7 11.8 1.8 72.7
010010xx01x00x 脳腫瘍 頭蓋内腫瘍摘出術等 手術・処置2なし 定義副傷病なし 50 19.3 22.5 4.0 57.7
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 36 12.6 19.4 33.3 59.6
1.2:当院には多くの未破裂脳動脈瘤の患者さまが紹介され来院します。当科の治療方針は頭を切らない脳血管内治療が可能であれば、そちらを選択する方針をお勧めしています。そのためには脳血管造影を施行して、動脈瘤の性状を正確に把握する必要性があります。その方針で、脳動脈瘤の8割に脳血管内治療を行うことができています。
3:慢性硬膜下血種の患者さまは、紹介による緊急入院がほとんどです。夜間、休日もご紹介を断らずに受け入れている結果、症例数が多くなっています。
4:昨年と比較して、脳腫瘍の患者さまの紹介が増加しています。手術のみならず、化学療法・放射線療法をしつかりと施行している結果です。
5:脳 内出血の患者さまでは入院期間が全国平均より1週間短くなっています。これは地域の回復期リハビリテーション病院との連携がスムースであり、いち早くリハビリテーションの強化ができていることを示します。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx02020x 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 定義副傷病なし 90 8.1 7.9 1.1 70.8
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 74 8.9 7.4 0.0 74.4
110080xx9906xx 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等26あり 59 4.5 4.3 0.0 69.5
060030xx99x3xx 小腸の悪性腫瘍、腹膜の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等23あり 40 16.4 7.9 0.0 62.6
110420xx97xx0x 水腎症(その他) その他の手術あり 副傷病なし 33 3.5 5.3 0.0 68.3
泌尿器科の手術としては、膀胱癌に対する経尿道的膀胱腫瘍切除術が最も多く行われています。内視鏡的に膀胱腫瘍を切除するもので、再発予防のために、抗がん剤の術後注入を行っています。浸潤癌に対しては、根治的膀胱摘除術が施行され、新膀胱造設術も積極的に行っています。また、局所前立腺癌に対して、低侵襲性の小線源療法を行っており、短期間の入院で治療が可能であり、かつ高いQOLを可能にしています。本年12月より、ロボット支援腹腔鏡下前立腺摘除術も稼働し、局所前立腺癌に対して幅広い治療選択が可能になっています。他病院にて治療継続が困難な症例にも化学療法等の治療を積極的に行っており、地域の拠点病院として、高い治療成績とあきらめない治療を目指しています。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 鼻骨骨折整復固定術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 29 6.2 5.8 0.0 27.4
070010xx010x0x 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術等 手術・処置等1なし 定義副傷病なし 19 7.3 5.9 0.0 52.4
180040xx97x0xx 手術・処置等の合併症 その他の手術あり 手術・処置等2なし 14 9.6 15.6 0.0 52.4
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2なし - - - - -
070010xx970xxx 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。)その他手術あり 手術・処置等1なし - - - - -
1.顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む)鼻骨骨折整復固定術等手術・処置など1なし手術・処置等2なし
顔面の外傷は、おもに表面の皮膚を損傷する場合と、より深い顔の骨を損傷する場合があります。皮膚・軟部組織の損傷では、創部の縫合などにより、損傷する前の状態に戻す、あるいは近づける処置を行います。損傷した部位が多数であったり、重要な組織の損傷がある場合は、全身麻酔での処置を行います。顔の骨の骨折(顔面骨骨折)には、受傷される部位により、頬骨骨折、鼻骨骨折、下顎骨骨折などがあります。顔面骨骨折では、他の部位の骨折と同様に、機能的あるいは整容性を改善する目的で、骨折を整復し固定する手術を、受傷3週間以内を目途に行います。形成外科では、骨折の状態を、受傷前になるべく近い状態に戻すために、鼻骨骨折整復固
定術も入院、全身麻酔で手術をしています。顔面骨骨折の整復固定術後は、全身状態に問題がなければ退院可能となり、当院での入院期間の平均は6.2日です。
患者用パス:あり
2.骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く)四肢.躯幹軟部腫瘍摘出術等手術・処置等1なし定義副損傷なし
四肢および体幹部は、表面の皮膚、体の構造をささえる硬組織である骨、その間の筋肉、脂肪などの軟部組織などでできています。軟部組織にできる腫瘍が、「軟部腫瘍」ですが、その大半は、脂肪から発生する「脂肪腫」です。脂肪腫は、直径10mm程度から、大きいものでは、長径30cm以上になることもあります。小さいものでは、局所麻酔で、外来手術で摘出することができますが、大きいものや深い部位に存在する場合は、入院、全身麻酔で安全に摘出する手術を行います。手術後、創部が自宅で処置できる状態となれば退院可能であり、当院での入院期間の平均は7.3日です。
患者用パス:なし
3.手術・処置等の合併症【DPC対象外症例】
4.眼瞼下垂手術あり・処置等2なし
眼瞼下垂症は、何らかの原因で上眼瞼を挙上する機能が低下し、物が見難くなったり、視野が狭くなったりする症状がでます。先天的な眼瞼挙筋の機能低下の他、後天的には、上眼瞼皮膚の弛緩や眼瞼挙筋付着部の緩みなどが原因となることが多く、日常生活に支障を来たす場合に、機能的に視野を改善する目的で手術を行います。症状は、片側でも両側にも起こります。眼瞼下垂を起こしている原因によって手術の術式が異なり、先天的な挙
筋機能低下では筋膜移植等による眼瞼のつり上げ術、後天的な皮膚の弛緩では余剰皮膚切除を主体とした眼瞼挙上術、眼瞼挙筋付着部の緩みでは挙筋前転法による修正手術を行います。手術中に眼瞼の挙上の具合を確認し、左右のバランスをとることができる利点から、手術は局所麻酔で行います。両側の眼瞼下垂症は、術後の腫脹や局所の安静目的に入院で手術を行っており、手術後の創部の腫脹が問題なければ、手術後2日頃に退院となります。
患者用パス:なし
5.骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く)その他手術あり手術・処置等1なし
救急医療科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
161070xxxxx00x 薬物中毒(その他の中毒) 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 40 2.3 3.6 0.0 40.1
180010x0xxx3xx 敗血症(1歳以上) 手術・処置等23あり 19 45.3 39.7 15.8 64.2
161070xxxxx10x 薬物中毒(その他の中毒) 手術・処置等21あり 定義副傷病なし 18 3.1 6.9 11.1 40.8
050210xx97521x 徐脈性不整脈 手術あり 手術・処置等15あり 手術・処置等22あり 定義副傷病あり 12 16.3 30.0 16.7 52.5
010310xx97x1xx 脳の障害(その他) 手術あり 手術・処置等2あり 12 49.9 48.4 58.3 64.2
県内にある8つの救命救急センターの1つとして埼玉県東部地域の重篤な患者様を積極的に受け入れています。症例としては呼吸不全、循環不全、外傷、敗血症など様々ですが、特に薬物中毒の患者様を受け入れる病院が東部地域では限られており、当センターで受け入れる割合が高くなっています。重症の場合もありますが、在院日数は平均で2.3日と早期の自宅退院を目指しています。薬物中毒で搬送される患者様はこころのケアも必要なことが多く、当院にあるこころの診療科にも診察の協力をお願いしています。重篤な感染症いわゆる敗血症の患者様は近隣の病院より転院で受け入れるケースが多く、積極的な集中治療により救命率の向上に努めています。退院や転院が早期に可能となるようリハビリテーションや医療相談員の介入を積極的に図っていく体制を心がけています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 46 17 28 50 181 21 1 7
大腸癌 47 47 101 69 330 43 1 7
乳癌 91 149 35 23 54 21 1 7
肺癌 77 38 116 236 191 82 1 7
肝癌 0 6 2 2 80 51 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 31 21.84 59.13
中等症 86 20.15 74.30
重症 20 23.60 76.85
超重症 10 16.60 75.80
不明 0 0.00 0.00
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 6 8.00 67.67 0.00
その他 2 3.50 54.50 0.00
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 0 0.00 0.00 0.00
その他 0 0.00 0.00 0.00
I63$ 脳梗塞 3日以内 211 23.32 72.87 30.45
その他 9 26.11 72.67 1.82
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 2 2.50 68.50 0.00
その他 38 6.87 68.95 2.50
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 4 11.50 66.00 0.00
その他 2 6.00 66.00 0.00
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 2 41.50 56.00 14.29
その他 5 18.00 43.40 14.29
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 0 0.00 0.00 0.00
その他 1 8.00 65.00 0.00
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 94 0.8 7.4 0.0 74.6
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 94 3.1 10.2 4.3 72.5
K654 内視鏡的消化管止血術 60 0.5 10.0 3.3 68.2
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 57 1.1 7.5 0.0 74.6
K533-2 内視鏡的食道・胃静脈瘤結紮術 48 1.2 10.2 4.2 65.2
内視鏡的胃・十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層)
当科では拡大内視鏡、特殊光内視鏡、超音波内視鏡等を駆使して正確な診断を行い、一定の基準を満たす早期胃癌、の場合には内視鏡治療を行っています。
内視鏡的胆道ステント留置術
内視鏡的ステント留置術は、さまざまな素材で作られた短いチューブを、胆汁の流れが悪くなった部分に設置する方法です。胆汁が元通り流れていくため、減黄ができます。切除不能と診断された悪性の胆道閉塞には非常に有効です。
内視鏡的消化管止血術
消化管出血の原因には、消化性潰瘍・静脈瘤破裂・血管拡張症・大腸憩室出血・いろいろな種類の腸炎などがあります。状態に応じて緊急内視鏡検査を行い、止血術をお行います。内視鏡的止血術には、クリップによる縫縮・薬剤の局注・熱凝固などがあります。
血管塞栓術
血管に塞栓物質を注入することで、血液の流れを止める治療です。消化器内科では主に、肝細胞癌に対し肝動脈化学塞栓術を行っています。足の付け根の動脈からカテーテルを入れて腫瘍近くの血管まですすめて、抗癌剤などを入れ、血流を遮断し腫瘍を壊死させます。
内視鏡的食道・胃静脈瘤結紫術
食道・胃静脈瘤の約9 割が肝臓の病気である肝硬変が原因で出現します。食道の下部、胃の上部にある静脈が数珠のように大きく腫れ、時に破れて大出血を起こすことがあります。あらかじめ静脈瘤をつぶしたり、出血時の止血目的に行うのが内視鏡的食道・胃静脈瘤結紫術です。内視鏡の先端にゴムバンドを装着し,静脈瘤を機械的に縛ることにより壊死脱落させます。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺、心外膜アプローチ) 293 2.5 2.7 0.0 65.0
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他) 97 3.6 7.3 2.1 69.1
K5952 経皮的カテーテル心筋焼灼術(その他) 66 2.9 3.3 0.0 63.4
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 58 3.1 5.6 0.0 70.1
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 34 5.2 10.3 0.0 75.1
心臓の脈が速くなったり、遅くなったり、また不規則になったり“脈がみだれる”ものを不整脈と呼びます。脈が速くなる頻脈性不整脈は主に動悸、息切れを自覚しますが、症状がない状態であれば原因が特定できず診断に苦慮することが多い疾患です。原因を特定するための検査を施行させて頂き、不整脈が確認された場合は専門のDrが対応致します。低侵襲治療であるカテーテル治療、薬物治療など患者様それぞれに合った治療方法を相談させて頂いております。当院は近隣の連携病院から紹介される患者様も多く、毎年多くのカテーテル治療を安全に施行しております。
腎臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 81 4.3 13.6 0.0 65.2
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 10 0.2 1.0 0.0 68.7
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 - - - - -
K635-3 連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術 - - - - -
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 111 1.0 7.8 0.0 71.9
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm以上4cm未満) 30 0.7 2.7 0.0 48.1
K0062 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm以上6cm未満) 26 0.5 2.8 0.0 56.7
K0053 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径4cm以上) 24 0.7 3.6 0.0 51.5
K0063 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6cm以上12cm未満) 23 1.9 4.5 0.0 52.9
基底細胞癌、有棘細胞癌、ボーエン病、悪性黒色腫、乳房外パジェット病など比較的頻度の高い皮膚癌だけでなく、血管肉腫、メルケル細胞癌、隆起性皮膚線維肉腫などの症例数の少ない悪性腫瘍の治療も行っています。平成28年度の皮膚悪性腫瘍手術での年間入院症例数は166例で、手術後の抗がん剤治療や放射線療法も積極的に行っています。外来での日帰り手術を除いた数字であり、皮膚悪性・良性腫瘍は埼玉県内でも有数の症例数を誇っています。また、皮慮腫瘍の専門外来を設け、最遮な状態で術前術後の管理を行うとともに、患者様の不安を和らげるよう努めています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈,静脈又は腹腔内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合) 70 3.2 6.6 7.1 67.9
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 64 2.5 4.2 0.0 59.3
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) 62 7.9 14.6 3.2 69.7
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 51 3.8 11.3 0.0 65.1
K6552 胃切除術(悪性腫瘍手術) 39 5.0 13.6 5.1 71.3
乳腺センター
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術)(腋窩部郭清を伴わない) 68 2.2 2.3 0.0 60.5
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術)(腋窩部郭清を伴わない) 57 1.8 5.8 1.8 60.8
K4765 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術)(胸筋切除を併施しない) 43 1.9 5.8 0.0 59.8
K4632 甲状腺悪性腫瘍手術(全摘及び亜全摘) 19 2.0 5.1 0.0 56.8
K4764 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴う)) 18 1.8 5.2 0.0 57.2
(乳腺)
乳癌の手術には乳房温存手術と乳房全摘術があります。当センターでは乳腺超音波検査、造影MRI等の画像診断を用いて癌の広がりを適切に評価し、乳房の切除範囲を決定しております。また乳房全摘術の患者さんに対しましては、形成外科と連携し乳房再建術も行っております。腋窩リンパ節の切除範囲に関しましては、手術前に腋窩リンパ節に転移がない方にはセンチネルリンパ節生検を施行しており、当センターではインジゴガルミンを用いた色素法と、ラジオアイソトープを用いたRI法を併用することにより、より正確なセンチネルリンパ節の同定を行っております。2015年版の乳癌診療ガイドラインによりますと、センチネルリンパ節の同定率は色素法とRI法の併用にて98.2%とされておりますが、当センターにおける同定率は99.6%と、ガイドラインで示されている同定率より高い同定率を達成しております。

(甲状腺)
甲状腺の手術は、この分野の治療に精通した経験のある医師による治療が安全です。当センターでは手術経験豊富な専門医による治療を行っています。
甲状腺癌の外科治療は、腫瘍の大きさ、組織型、リンパ節などの転移の状況で、最適で標準的な手術法を選択し、実施いたします。多くは腫瘍のある側の甲状腺半分の切除を行いますが、大きな腫瘍では甲状腺全摘を要することがあります。頸部のリンパ節に転移している場合は、頚部リンパ節を同時に切除します。手術に際しては。声を出す反回神経という神経が甲状腺の近くを走行しているため、この神経を損傷しないように細心の注意で手術を行っています。また、カルシウムを調節する副甲状腺という臓器が甲状腺に付着しているため、この組織も温存するようにしています。副甲状腺腺腫の治療は、ホルモンを過剰に産生する副甲状腺を見つけ出し、摘出する手術を行います。責任病変を摘出すると、翌日には血清カルシウム値が正常化します。当センターの甲状腺・副甲状腺手術の平均入院期間は7日で、全高平均より短い入院期間です。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K142-21 脊椎側彎症手術(固定術) 62 7.2 26.2 14.5 30.5
K0821 人工関節置換術 肩、股、膝 50 3.5 24.2 8.0 71.9
K1422 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(後方又は後側方固定) 32 9.2 46.2 40.6 64.2
K142-22ハ 脊椎側彎症手術(矯正術)(伸展術) 24 1.6 12.3 0.0 12.5
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓形成) 24 2.8 29.3 29.2 70.9
上記統計の100位までを再構成して,当科の手術症例数をタイプ別でまとめると,第1位は四肢関節慢性障害に対する手術群(合計175件)となっています.内訳としては,人工関節置換術(肩・股,膝のほか,小関節や再置換術も含む)が63件を占めますが,関節鏡を用いた手術や関節温存手術(骨切り術など)にも積極的に取り組んでいます.第2位は四肢外傷(各種骨折,靱帯・腱の損傷など)に対する手術群(122例)で,こちらも関節鏡を用いた靱帯再建術等に積極的に取り組んでいます.第3位は脊椎慢性障害に対する手術(合計113件)で,第4位の脊柱側弯矯正術(96件)と合わせ,専門性の高い脊椎手術が行われています.また,限定された施設でしか行われない骨軟部腫瘍手術(20件)や小児四肢障害手術(5件)も取り扱っています.
心臓血管外科・呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える) 44 3.6 12.4 2.3 70.2
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除)) 31 7.4 5.0 0.0 34.8
K5522 冠動脈、大動脈バイパス移植術(2吻合以上) 24 12.9 31.1 25.0 70.6
K5607 大動脈瘤切除術(腹部大動脈(その他のもの)) 21 4.5 20.1 9.5 71.2
K5143 肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超えるもの) 17 3.9 12.9 0.0 70.2
冠動脈バイパス術は,心臓の筋肉を栄養する冠動脈に狭窄や閉塞が生じた場合に行う手術です.狭心症による胸痛などの症状を改善させ,心筋梗塞による突然死や心不全を予防する効果があります.当科では.患者さんの血管の状態や全身状態によって,人工心肺を使用する方法と使用しない方法のどちらが良いかを考え選択しています.
腹部の大動脈が太く拡張した状態が腹部大動脈瘤で,大きくなると破裂して死に至ります.手術の方法には,開腹しないといけないが術後長期成績が安定している人工血管置換術と,術後再治療が必要になる可能性はあるが,創が小さく体への侵襲が小さいステントグラフト内挿術があります.大動脈瘤の形態や患者さんの年齢,全身状態などを考慮して,手術方法の選択をしています.
小児外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K836 停留精巣固定術 188 1.0 2.0 0.0 1.8
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 44 0.3 2.5 0.0 11.3
K0051 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm未満) 22 1.0 1.0 0.0 2.9
K6333 臍ヘルニア手術 22 1.0 1.9 0.0 2.6
K718-22 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴うもの) 18 0.2 8.8 0.0 10.8
産科婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K877 子宮全摘術 111 1.6 9.1 0.0 49.5
K8881 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(開腹) 57 2.0 11.4 0.0 46.6
K879 子宮悪性腫瘍手術 56 3.8 15.6 0.0 58.4
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 53 3.1 8.2 0.0 34.0
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 51 2.1 8.2 0.0 35.8
婦人科検診で異常を指摘された患者様や手術を要する婦人科腫瘍の患者様の紹介を多く受けています。多胎妊娠、高齢妊娠や内科疾患など合併症を持つ、いわゆるハイリスク妊婦も多く診療しております。
強い腹部症状や貧血を来している子宮筋腫等では子宮全摘術が必要です。術前1~2日、術後8~9日の入院が必要ですが、病状・術後回復の状態で変更することがあります。
茎捻転、感染、破裂などで強い腹部症状を来している卵巣腫瘍や大きい卵巣腫瘍では附属器切除術(卵巣・卵管切除)や腫瘍切除術(卵巣腫瘍を切除し卵巣組織は温存)が必要です。術前1~2日、術後8~9日の入院が必要ですが、病状・術後回復の状態で変更することがあります。
子宮悪性腫瘍(子宮頸癌・子宮体癌)の手術治療も多く行っています。リンパ節郭清や子宮周囲組織を広く切除するため、術前のケアや術後回復の管理に子宮全摘術より長めの入院期間が必要です。このため、術前平均入院期間は3.8日、平均術後日数は15.6日となっています。
帝王切開の場合、分娩進行中の母胎変化などを適応とする緊急帝王切開と、既往帝王切開や骨盤位や多胎など分娩方針が帝王切開である選択帝王切開があります。どちらも術後7~8日間の入院が必要ですが、病状・術後回復の状態で変更することがあります。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 411 0.9 6.7 0.0 63.2
K281 増殖性硝子体網膜症手術 116 1.6 8.7 0.0 53.0
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術(その他) 70 1.6 6.3 0.0 65.9
K275 網膜復位術 40 1.7 7.0 0.0 32.7
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) 39 1.1 3.0 0.0 72.0
当科では小切開白内障の手術を積極的に行っております。白内障手術は超音波乳化吸引術が主体であり、小切開創からの眼内レンズ挿入術を施行し、入院期間の短縮と早期の視機能回復、社会復帰に努めています。また、当科では網膜硝子体疾患の手術が多いことが大きな特色であり、県内はもとより県外からも多くの患者さまをご紹介していただいています。当科で主に行っている硝子体手術は、広角顕微鏡下で行う25ゲージ硝子体手術です。この手術システムの導入によって、以前の硝子体手術に比べてより安全・短時間・低侵襲に手術が行えるようになりました。網膜剥離で緊急手術が必要な患者さまは常時入院治療できるように努力しています。そして黄斑円孔および黄斑上膜に対しては、患者さまへの侵襲をより軽減するために25ゲージよりもさらに細い27ゲージシステムで行う無縫合硝子体手術も積極的に施行することで良好な手術成績を得ています。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 101 1.6 7.4 0.0 21.6
K319 鼓室形成手術 89 1.3 7.8 0.0 45.9
K340-6 内視鏡下鼻・副鼻腔手術4型(汎副鼻腔手術) 88 1.5 7.1 0.0 57.7
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 43 1.1 6.4 0.0 56.7
K4571 耳下腺腫瘍摘出術(耳下腺浅葉摘出術) 31 1.6 7.3 0.0 57.4
当科では手術加療が必要な中耳、鼻副鼻腔疾患に対して、より安全で質の高い手術を提供しております。中耳疾患でば漫性中耳炎、真珠腫性中耳炎が最も多く、内視鏡を併用したより専門性の高い手術を目指しております。手術に伴う合併症もほとんどなく、術後の平均在院期間は7.8日となっています。手術件数も県内でトップレベルの実績を誇っており、平成28 年度は89件の鼓室形成術を行いました。一方、鼻副鼻腔疾患に対してば慢性副鼻腔炎に対する汎副鼻腔手術が多く、ハイビジョン内視鏡を用いた手術加療を主に行っております。髄液漏や頭蓋底におよぶ腫瘍など高度な技術を要する疾患に対しても内視鏡下での手術対応を行っているため、入院期間は平均で8.6日とやや長くなっています。慢性扁桃炎に対する口蓋扁桃摘出術も年々増加傾向にあり年間100件を超えますが、今後も増加することが予想されます。術後の平均在院期間は7.4日であり、術後出血を起こさないよう慎重な経過観察を行います。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1781 脳血管内手術(1箇所) 79 1.0 19.8 19.0 60.8
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) 61 5.0 28.0 9.8 60.4
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 57 1.2 8.2 3.5 73.0
K1783 脳血管内手術(脳血管内ステント) 56 2.0 15.8 10.7 60.8
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 27 1.1 13.1 3.7 65.4
1:脳動脈瘤に対する脳血管内治療の件数は、全国でトップ7にランクされています。全国から多くの患者さんが来院され、治療を受けていらっしゃいます。
2:昨年と比べて脳腫瘍摘出術の件数が多くなっています。近隣の医療施設から手術成績を評価いただいている結果です。悪性脳腫瘍、頭蓋底脳腫瘍、脊髄腫瘍などの高難度治療に力を注いでいます。
3:慢性硬膜下血種はほぼ緊急手術です。約1 週間で問題なく自宅退院いただいていることがわかります。
4:脳血管内ステントとは動脈瘤治療におけるコイル塞栓術の際に併用するもので、高度な技術を要します。動脈瘤の形状が複雑で治療が困難な場合に使用します。難治性の動脈瘤の患者さまを多くご紹介いただいている結果です。
5:当院では開頭手術と脳血管内治療を使い分ける「ハイブリッド脳外科医」のチームです。脳動脈瘤の8割は脳血管内治療、2割がクリッピング術で治療されいずれも結果は良好です。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 175 1.8 6.1 0.6 72.3
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 71 0.8 7.2 2.8 65.7
K773 腎(尿管)悪性腫瘍手術 30 3.0 13.1 0.0 68.3
K773-2 腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 28 2.1 10.2 0.0 68.9
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 26 1.1 4.2 0.0 53.8
泌尿器科の悪性腫瘍においては、腎臓癌、膀胱癌、前立腺癌、精巣癌などの手術療法が可能です。尿路結石による水腎症に対しては、疼痛や結石による腎盂腎炎の治療のため、尿管ステントを留置、その後、ホルミニウムレーザーを用いた経尿道的砕石術を行うことにより高い治療効果をあげています。腎臓癌や腎盂癌、尿管癌などに対して、腹腔鏡を用いた低侵襲性の手術を積極的に行っています。また、本年12月より、ロボット支援腹腔鏡下手術も可能になり、前立腺全摘除術や腎部分切除術に対しても、さらに安全で精度の高い手術が可能になります。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0301 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術 (肩、上腕、前腕、大腿、下腿、躯幹) 18 2.2 4.1 0.0 52.7
K476-4 ゲル充填人工乳房を用いた乳房再建術(乳房切除後) 11 2.1 4.0 0.0 48.4
K427 頬骨骨折観血的整復術 11 2.6 5.0 0.0 39.5
K333 鼻骨骨折整復固定術 10 1.5 1.6 0.0 15.8
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) - - - - -
1.四肢.躯幹軟部腫瘍摘出術肩、上腕、前腕、大腿、下腿、躯幹
四肢および体幹部は、表面の皮膚、体の構造をささえる硬組織である骨、その間の筋肉、脂肪などの軟部組織などでできています。軟部組織にできる腫瘍が、「軟部腫瘍」ですが、その大半は、脂肪から発生する「脂肪腫」です。脂肪腫は、直径10mm程度から、大きいものでは、長径30cm以上になることもあります。小さいものでは、局所麻酔で、外来手術で摘出することができますが、大きいものや深い部位に存在する場合は、入院、全身麻酔で安全に摘出する手術を行います。手術後、創部が自宅で処置できる状態となれば退院可能であり、当院では、平均術後4.1日で退院しています。
患者用パス:なし
2.ゲル充填人工乳房を用いた乳房再建術(乳房切除後)
乳がんにかかる女性は、年々増加しており、女性の16人に1人が乳がんになるといわれております。また比較的若い年代の女性がかかるのが特徴的で、30〜64歳の女性では、がんで死亡する原因の1位となっています。形成外科では、乳がんに対する外科的治療(手術)で、失った乳房の形を、再びもとに近い状態に再現する「乳房再建手術」を行っています。2013年に、乳房を再建する際に、「人工物(シリコンバッグ)」の一部が、保険で使
用できるようになりました。体に対する侵襲が少ない点での利点があり、手術後は、創部が自宅で処置できるようになれば退院可能となり、当院では平均術後4.0日で退院しています。
患者用パス:あり
2.頬骨骨折間歌的整復術
3.鼻骨骨折整復固定術
顔面の外傷は、おもに表面の皮膚を損傷する場合と、より深い顔の骨を損傷する場合があります。顔の骨の骨折(顔面骨骨折)には、受傷される部位により、頬骨骨折、鼻骨骨折、下顎骨骨折などがあります。顔面骨骨折では、他の部位の骨折と同様に、機能的あるいは整容性を改善する目的で、骨折を整復し固定する手術を、受傷3週間以内を目途に行います。形成外科では、骨折の状態を、受傷前になるべく近い状態に戻すために、鼻骨骨
折整復固定術も入院、全身麻酔で手術をしています。顔面骨骨折の整復固定術後は、全身状態に問題がなければ退院可能となり、鼻骨骨折では手術後平均1.6日で、頬骨骨折では手術後平均5.0日で退院しています。
患者用パス:あり
4.眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法)
眼瞼下垂症は、何らかの原因で上眼瞼を挙上する機能が低下し、物が見難くなったり、視野が狭くなったりする症状がでます。先天的な眼瞼挙筋の機能低下の他、後天的には、上眼瞼皮膚の弛緩や眼瞼挙筋付着部の緩みなどが原因となることが多く、日常生活に支障を来たす場合に、機能的に視野を改善する目的で手術を行います。症状は、片側でも両側にも起こります。眼瞼下垂を起こしている原因によって手術の術式が異なり、先天的な挙
筋機能低下では筋膜移植等による眼瞼のつり上げ術、後天的な皮膚の弛緩では余剰皮膚切除を主体とした眼瞼挙上術、眼瞼挙筋付着部の緩みでは挙筋前転法による修正手術を行います。手術中に眼瞼の挙上の具合を確認し、左右のバランスをとることができる利点から、手術は局所麻酔で行います。両側の眼瞼下垂症は、術後の腫脹や局所の安静目的に入院で手術を行っており、手術後の創部の腫脹が問題なければ、手術後2日頃に退院となります。
患者用パス:なし
救急医療科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K386 気管切開術 23 12.5 62.6 56.5 65.9
K654 内視鏡的消化管止血術 14 0.1 6.7 7.1 69.2
K6021 経皮的心肺補助法(初日) 13 0.5 17.8 15.4 52.5
K1422 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(後方又は後側方固定) - - - - -
K6151 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(止血術) - - - - -
埼玉県東部地域の重症症例の多くは当院へ搬送されています。重症症例では長期の人工呼吸管理が必要となる場合が多く、気管切開術の実施件数が多くなっています。重症症例は自宅へ退院できる程度に回復するまで時間がかかることも多く、自宅近くの病院やリハビリテーション病院へ転院していただく方が半数以上になっています。重篤な消化管出血に対する緊急内視鏡的消化管止血術、難治性不整脈や重症肺炎に対する経皮的心肺補助法なども積極的に実施しています。救急搬入件数の約40%程度が外傷関連となっており、外傷診療には特に力を入れています。外傷に伴う様々な創傷に対して、洗浄を含む創傷処置、傷の縫合など搬入後速やかに行っています。その他にも頭部、胸部、腹部外傷に対する手術、緊急手術を含めた他院からの転送にも対応しています。重症外傷に対する診療、治療そして集中治療まで一貫して行っており、必要であれば各科の専門医と協力する体制をとっています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 6 0.03
異なる 61 0.32
180010 敗血症 同一 38 0.20
異なる 56 0.30
180035 その他の真菌感染症 同一 3 0.02
異なる 2 0.01
180040 手術・処置等の合併症 同一 93 0.49
異なる 7 0.04
更新履歴