埼玉医療センター 臨床研究支援室 実施中の治験と臨床研究

埼玉医療センター 臨床研修医募集

看護師募集

附属 越谷クリニック

埼玉医療センター 女性医師支援センター

埼玉医療センター 新病院棟建設事業

形成外科

                                                    形成外科教授:鈴木 康俊

診療内容

  形成外科では、生まれつきの形態の異常、あるいは外傷や腫瘍などにより後天的に生じた体表面に近い組織の変形や欠損部に対して、できる限り本来あるべき形態や機能に近い状態を取り戻すことを目的とした外科的治療を行っています。治療対象となる主な部位は、皮膚・皮下組織、軟部組織、筋肉、神経、血管、骨など体表面に近い組織です。形成外科だけで行っている手術のほか、他科との連携により、悪性腫瘍切除術後の修復・再建手術などの治療も行っています。

  このような手術・治療を通じて、身体的ならびに心理的な負担の軽減を図ることを目的としております。

また、獨協医科大学病院(壬生)形成外科との協力体制のもと、広く形成外科一般について診療を行っています。(獨協医科大学 形成外科美容外科 http://www.dokkyomed.ac.jp/dep-m/keisei/index.html)

 

〈主な診療対象疾患〉

1) 先天性疾患

・  顔面の先天異常(唇裂・口蓋裂、顔面裂、埋没耳、小耳症、耳垂裂、耳介変形)

・  四肢・体幹の先天異常

  (多指(趾)症、合指(趾)症、裂手、裂足、臍ヘルニア、漏斗胸)

・  皮膚腫瘍・皮下腫瘍・軟部組織腫瘍(母斑、脂肪母斑、血管腫)

2) 後天性疾患

・  一般外傷(擦過傷、挫創、皮膚・軟部組織欠損)

・  顔面外傷(顔面挫創(顔の傷)、顔面骨骨折(多発骨折、鼻骨骨折、頬骨骨折、上顎骨折など)

・  手足の外傷(神経断裂、腱断裂、血管切断(血管吻合手術)、切断指(切断指再接合手術))

・  皮膚腫瘍・皮下腫瘍・軟部組織腫瘍(母斑(ホクロ)、粉瘤腫、脂肪腫、血管腫、神経鞘腫、耳下

   腺腫瘍など)

・  悪性腫瘍および腫瘍切除後の再建手術(一期的再建術、二期的再建術):頭頸部再建(舌癌、口腔

   底癌、下咽頭・頸部食道再建、上顎・下顎再建)、体幹部再建(胸壁、腹壁)、四肢再建(軟部組

   織再建、血行再建)

・  乳房再建(乳癌切除後、自家組織再建、インプラント再建)

・  リンパ浮腫(保存的治療、リンパ管静脈吻合手術)

・  褥瘡(床ずれ)、難治性潰瘍(静脈鬱滞性潰瘍、糖尿病性壊疽、虚血肢など)

・  肥厚性瘢痕(傷あと)、ケロイド

・  熱傷(保存的治療、植皮術)

・  陳旧性顔面神経麻痺の治療(顔面神経麻痺動的再建術、静的再建術)

・  その他:陥入爪(巻き爪)、腋臭症(わきが)、眼瞼下垂症など

 

        <診療実績>

    新患患者数           863名   
    入院患者数           156名

     手術件数

 (他科再建手術を含む) 

       571

 (入院190件、外来381件)  

                       (2016年1月1日~12月31日) 

特色

・  形成外科診療の全般について、地域の医療機関および他科との連携をとり、医学的に適正で、一人

     ひとりの患者様に対して、心のこもった診療を心がけております。

・  皮膚・皮下腫瘍切除術や摘出術などの小手術は、日常生活の制限や時間的な負担を少なくするよう

     に、局所麻酔の日帰り手術をおこなっております。

・  顔面や頚部などの露出部位では、整容性に配慮したデザインや方法による手術を行ない、また術後

     の創部ケアも行なっています。

・  手術に際しては真皮縫合を用いた形成外科的な縫合手技の他、小範囲の組織欠損の対しては植皮や

     局所皮弁、複雑な構造や機能的な再建を要する症例では有茎組織移植や遊離組織移植など、部位と

     状に適切な手技を用いた手術を行っています。

・  小児の先天異常、外傷、皮膚腫瘍、熱症は、小児の年齢を考慮して治療に当たると共に、その後成

     人になった後までの長期間の継続診療にも対応しています。

・  乳癌や頭頸部癌などの悪性腫瘍切除後の変形や欠損、リンパ浮腫などに対する治療では、マイクロ

     サージャリー手術(顕微鏡下の血管吻合のよる遊離組織移植手術)を用いた手術も積極的に行いま

     す。

・  乳房再建手術では、保険認可された人工物(エキスパンダー、インプラント)あるいは自家組織に

     よる乳房再建術を行うことができます。

その他

研究:

・皮膚三次元培養モデルを用いた創傷治癒機構の解析

・皮弁血行モニタリングに静脈認証技術を応用する研究

外来担当医および専門分野

氏名 役職/職名 専門分野
鈴木康俊 教授

形成外科一般、小児形成外科一般、マイクロサージャリー、頭頚部再建、

皮膚腫瘍外科、リンパ浮腫、顔面神経麻痺

西尾浩二郎 講師 形成外科一般、小児形成外科一般、創傷外科、皮膚腫瘍外科
倉林孝之 助教 形成外科一般、小児形成外科一般、顔面骨骨折、乳房再建、マイクロサージャリー
山本勇矢 レジデント 形成外科一般、顔面骨骨折、皮膚腫瘍外科
佐々木翔一 レジデント 形成外科一般、熱傷、創傷外科
病棟医長/倉林孝之  外来医長/鈴木康俊  医局長/倉林孝之

※ 外来診療:第2・4月曜日、火曜日~金曜日、(土曜日は予約再診のみ)

 

施設認定

 ・ 日本形成外科学会認定施設

 ・ 乳房再建用インプラント実施施設、乳房再建用エキスパンダー実施施設(乳房オンコプラスティッ

   クサージャリー学会)