越谷病院 臨床研修医募集

看護師募集

腎・予防医学センター

越谷病院女性医師支援センター

越谷病院 新病院棟建設事業

がん登録

がん登録とは

 

がん登録とは、がんの罹患や転帰その他の状況を登録・把握し、分析する仕組みであり、がん患者数・罹患率、生存率、治療効果の把握など、がん対策の基礎となるデータの把握のために必要なものです。

 

 

院内がん登録とは

 

院内がん登録とは、国が定める「がん対策基本法」に基づいて行われる事業のひとつで、当該施設でがんの診断や治療を受けた全ての患者さまの腫瘍について、診断・部位・組織型・予後などの情報を収集し、集計・報告する仕組みです。

収集された情報は、国立がん研修センターでの全国集計や埼玉県地域がん登録事業へ提供することにより、がん対策の基礎となるデータとして活用されています。

 

当院では、学術統計のため、登録情報を基に予後調査(生存確認調査)を実施いたします。

当院にて情報が把握出来ない場合は、その後の経過を他施設に問い合わせることがあります。

 

この事業での個人情報利用については、当院個人情報保護規程に基づき最大限の注意を払っております。患者さまからのお申し出がない場合には、ご同意を頂けたものとして取り扱わせて頂きますのでご了承ください。

 

 

統計の説明

 

1.収集の対象

  1年間(1月1日から12月31日)に、自施設で診断、または、他施設ですでに診断されて自施設に初診した全悪性新生物(がん)及び頭蓋内の良性及び良悪性不詳の腫瘍の登録患者であり、初発例、再発例を共に含まれる。

 

2.収集の定義

1)1腫瘍・1登録の原則に基づき、同一の患者に別のがん種と判断されるがんが同時又は時間をあけて生じた場合には、複数登録となる。逆に同じがんについて、当院で治療中または経過観察中に再発・転移した症例については登録対象とならない。

2)治療前ステージとは、何らかの治療が行われる以前につけられたステージを指す。一般的な臨床現場で使用される癌取扱い規約に基づくステージとは若干異なる部分がある。

3)部位についてはICD-O-3により、治療前ステージについてはUICC分類第7版にて分類した。

※UICC:International Union Against Cancer

 

3.主要5部位とは

我が国において罹患・死亡の多い部位で、胃、結腸・直腸、肝、肺、乳房の5つである。

 

統計

 ・2012(平成24)年症例

 ・2013(平成25)年症例