越谷病院 臨床研修医募集

看護師募集

腎・予防医学センター

越谷病院女性医師支援センター

越谷病院 新病院棟建設事業

皮膚科

診療部長:片桐 一元

皮膚科サイトへ

診療内容


【外来診療】

 皮膚科専門医3名が中心となり初診を担当しています。待ち時間短縮のため、初診専任外来を設定しましたが患者数によっては待ち時間が長くなることもあり、ご迷惑をお掛けしております。可能であれば病診連携システムを利用し、かかりつけ医を通じて初診の予約を取って受診してください。

 専門性を高めるため、腫瘍外来、乾癬外来を開設し、アトピー性皮膚炎・円形脱毛症も再診枠で準専門外来として機能しています。紫外線外来を設定し継続的通院治療患者の待ち時間の短縮を実現しています。

【入院診療】

 複数の担当医で構成するテーム体制で皮膚悪性腫瘍や重症皮膚疾患患者の診療に当たっています。回診、カンファレンスを通じて診療の質や安全性を高め、埼玉県東部地域における完結的皮膚科診療を目指しています。

【対象疾患】

  1. アトピー性皮膚炎、湿疹、痒疹、接触性皮膚炎、酒皶、金属アレルギー、蕁麻疹、アナフィラキシー、薬疹
  2.  尋常性乾癬、膿疱性乾癬、掌蹠膿疱症
  3. 円形脱毛症、尋常性白斑
  4. 水疱性類天疱瘡、尋常性天疱瘡、落葉状天疱瘡
  5. 強皮症、皮膚筋炎、エリテマトーデス、ベーチェット病、壊疽性膿皮症、血管炎、アナフィラクトイド紫斑
  6. 菌状息肉症、類乾癬
  7. 帯状疱疹、単純疱疹、尋常性疣贅
  8. 蜂窩織炎、丹毒、伝染性膿痂疹、尋常性痤瘡(にきび)
  9. 皮膚腫瘍の診断:ダーモスコピー、生検、画像診断センチネルリンパ節生検(悪性黒色腫)
  10. 良性皮膚腫瘍の手術:脂漏性角化症、色素性母斑、粉瘤、脂肪腫等
  11. 悪性皮膚腫瘍、基底細胞癌、有棘細胞癌、悪性黒色腫、乳房外パージェット病、日光角化症、ボーエン病等
  12. レーザー治療:太田母斑、異所性蒙古斑、扁平母斑、老人性色素斑(自費)
  13. 熱傷(広範囲の急性期以外)、褥瘡、皮膚潰瘍
  14. 白癬(みずむし、タムシ)、皮膚カンジダ症、マラセチア毛嚢炎

診療実績

平成28年度

外来患者延数        

22,334人

入院患者数    520人
皮膚悪性腫瘍      190件
皮膚良性腫瘍他     324件
外来手術生検    555件

特色

  ● 外来診療では身近な皮膚疾患を正確かつ確実に診断し、生活上の注意点や外用方法などを指導し、患者さんに応じた治療を行うことを心がけています。

  ● 難治性疾患や重症疾患にも積極的に取り組み、高度の管理や他科と連携をとることが必要な疾患では入院診療を行います。

  ● 皮膚悪性腫瘍を開始して以来、皮膚腫瘍、中でも悪性腫瘍の患者さんが増加しています。悪性黒色腫や乳房外形成外科的再建が必要な場合は、当院整形外科の佐野和史准教授と共同で手術にあたります。パージェット病等で進行例が多く、早期の受診が望まれます。悪性腫瘍では入院して手術を行います。転移が予想される腫瘍に対してはセンチネルリンパ節生検を行います。

  ● 2016年8月から赴任した須山准教授、横山医師は皮膚外科を専門とし、皮膚悪性腫瘍指導専門医、がん治療認定医の資格を有しています。赴任以降、以前にも増して皮膚悪性腫瘍患者をご紹介いただいています。

  ・ 接触性皮膚炎や金属アレルギー:パッチテストは多くの場合通常の診療と並行して行います。さらに日用品の場合は自宅での判定法(皮膚科ホームページ参照)を導入することで通院回数を減らし、簡便に検査できるようにしています。顔面など、繰り返し皮膚炎を生じる場合などは気づきにくい接触性皮膚炎の場合もありパッチテストを受けることをお勧めします。

 ・ 痒疹の治療:掻痒が強く、治りにくい多型慢性痒疹、結節性痒疹に対して、独自のアルゴリズムを用いて治療を行い、良好な治療成績をあげています。

 ・ 尋常性白斑:全身照射ができるnarrow band UVB、エキシマライドを第一選択として使用し、吸引水疱蓋移植、ミニグラフトも行っています。

 ・ 皮膚良性腫瘍では外来日帰り手術を多く行っています。部位や術後の出血などが予想される場合は3~4日入院していただきます。

 ・ レーザー治療:CO2レーザーとQスイッチルビーレーザーがあります。通常の外来を受診していただき、予約を取った上で十分に説明もしくは前治療を行い、その後、指定の日に実施します。

専門外来

1)アトピー性皮膚炎(第1土曜日、その他適宜予約のみ)
 患者さんひとりひとりで病態や増悪因子が異なり、希望する治療や目標も様々です。当科では、詳しく話をうかがい、生活指導、日用品のパッチテストによる増悪因子の検討、ステロイド外用薬を中心とした外用療法の指導などきめ細かい治療を行います。

(2)円形脱毛症
 国際的標準的な治療法であるDPCPによる局所免疫療法を行っています。薬液を自宅に持ち帰り頂き、月一回の通院で治療することが可能です。

(3)腫瘍外来

 高齢者社会を迎え、皮膚癌は増加しています。合併症を有している患者も多く、術前診断、全身状態の検討、治療方針の決定などの準備が必要です。悪性黒色腫では手術療法が第一選択になりますが、希望により術後補助療法を行い、慎重に経過観察を行います。また、新しい抗がん剤が次々に開発・導入され手術不能な進行期の患者様の治療に選択肢が広がっています。当科では2名の皮膚悪性腫瘍指導専門医が診療に当たっています。

(4)乾癬外来

 尋常性乾癬、膿疱性乾癬、関節症性乾癬の治療では、外用療法、紫外線療法、エトレチネート、シクロスポリン、生物学的製剤を症状に応じて使い分ける治療を行っています。以前は「治らない」といわれた疾患ですが、生物学的製剤の導入により、年齢、経過、症状に応じて適切な治療法を選択することで、症状がほとんど消失することも多くなっています。

その他

主要機器

CO2レーザー

Qスイッチルビーレーザー

ダーモスコープ

全身型紫外線照射装置(UVA, narrow-band-UVB)

エキシマライト

サージトロン

研究

 アレルギー/ストレスによる皮膚バリア機能調節

 衣類による皮膚刺激性の研究

 痒疹の系統的治療法確立

 女性ホルモンと皮膚

 皮膚悪性腫瘍治療

外来担当医および専門分野

氏名職名専門分野

片桐 一元

須山 孝雪

横山 恵美

清村 咲子

小林 圭介

山崎 菜央

山崎 まりな

古川 佑来

吉田 栄香

西村 季紘

河合 良奈

田中 朗

竹内 真里

松木 康譲

教 授

准教授

助 教

助 教

助 教

助 教

助 教

助 教

助 教

レジデント

レジデント

レジデント

レジデント

レジデント

皮膚一般、皮膚アレルギー、円形脱毛症

皮膚一般、皮膚外科、皮膚腫瘍
皮膚一般、皮膚外来、皮膚腫瘍

皮膚一般、皮膚アレルギー

皮膚一般、乾燥、皮膚外来、皮膚腫瘍

皮膚一般

皮膚一般

皮膚一般

皮膚一般、形成外科

皮膚一般

皮膚一般

皮膚一般

皮膚一般

皮膚一般、皮膚外来

            *土曜日の外来診療は予約患者様のみとなります。