埼玉医療センター 臨床研究支援室 実施中の治験と臨床研究

埼玉医療センター 臨床研修医募集

看護師募集

附属 越谷クリニック

埼玉医療センター 女性医師支援センター

埼玉医療センター 新病院棟建設事業

放射線科

診療部長:野崎美和子

診療内容

CT、MRI、核医学検査(RI)などの各種画像診断とならんで、放射線治療とインターベンショナル・ラジオロジー(IVR)を中心とした「癌の放射線診断・治療」を当院各診療科と連携して行っています。

診療実績

平成28年度 年間症例数

画像診断 CT診断  15,645件
MRI診断  6,126件
核医学診断  1,828件
マンモグラフィー     687件
消化管造影     77件
その他   313件
インターベンショナル・ラジオロジー

  156件

放射線治療延件数

   5,310件

特色

 画像診断では、頭部・大血管に対するMR血管撮影(MRA)、胆道・膵疾患に対するMR胆道膵管撮影(MRCP)は、従来の血管造影やERCPといった観血的・侵襲的検査の前段階のスクリーニングとして、病院内外から多数のご依頼をいただいております。また脳・心臓・腫瘍など諸疾患でのラジオアイソトープを利用した核医学検査(RI)をはじめ、CT、MRI、DSA、乳房撮影などの検査のご依頼にも応じております。乳房撮影(マンモグラフィ)については、マンモグラフィ検診精度管理中央委員会による施設認定基準に合格しており、認定診療放射線技師、放射線診断専門医によって精度の高い撮影と診断を行っております。
 インターベンショナルラジオロジー(IVR)は、IVR専門医修練認定施設となっており、全例で日本IVR学会専門医が施行しております。肝細胞癌に対する経動脈性化学塞栓療法(TACE)や各種動脈瘤に対する塞栓術を始めとした様々な臓器・疾患に対する動脈塞栓術や、肝切除術前の経皮経肝的門脈枝塞栓術(PTPE)・胃静脈瘤に対するバルーン閉塞下逆行性静脈瘤塞栓術(B-RTO)などの門脈・静脈系に対する塞栓術も施行しております。胸部(TEVAR)及び腹部ステントグラフト留置術(EVAR)や閉塞性動脈硬化症(ASO)に対する血管内治療、頭頸部進行癌に対する動注併用放射線治療(RADPLAT)なども各科と協力し積極的に施行しております。また、副腎静脈サンプリングやCTガイド下生検・膿瘍ドレナージなども積極的に施行しており、いずれも良好な結果を得ています。

 放射線治療では、放射線治療専門医により、放射線治療外来を行っております。年間新規患者数は400をこえ、埼玉東部医療圏における放射線治療の主要拠点となっております。対象疾患は肺癌、乳癌をはじめ、脳、頭頸部、食道、腹部消化器、泌尿器(とくに前立腺癌)、婦人科、血液・リンパ、骨軟部など広範囲の腫瘍におよびます。また高齢者の癌に対する放射線療法も高い評価を受けております。通院治療も可能で、現在、治療患者さまの半数以上は外来通院で治療されています。

その他

主要機器 CT3台、MRI2台、血管造影検査室2室、ガンマカメラ1台、SPECT1台、放射線治療装置(ライナック)1台
研究
    1. 高精度放射線治療装置を用いた放射線療法。
    2. 無水エタノールを用いた経皮経肝的門脈塞栓術前後での肝腫大に関与する因子に関する研究。
    3. 非造影MRIでの肝腫瘍鑑別に関する画像診断法の開発研究。
    4. CT及びMR perfusionによる肝細胞癌に関する画像診断方法の開発研究。
    5. TEVAR及びEVAR術後エンドリークに対する治療法の開発研究。
    6. 最新画像診断装置による新しい画像診断法の開発研究。

    外来担当医および専門分野

    氏名職名専門分野

    野崎 美和子
    古田 雅也

    中田   学
    荒牧 江美

    今泉 雅博

    伊藤 悠子

    渡邊   馨

    教授
    准教授

    准教授
    助教

    助教

    助教

    助教

    放射線治療・放射線診断学
    放射線治療・放射線診断学

    放射線診断学・インターベンショナルラジオロジー
    放射線一般

    放射線一般

    放射線一般

    放射線一般

    画像診断ならびに、放射線治療の申し込み

    1、申込方法

    検査はすべて予約制です。検査を依頼される先生は下記へ電話にて日時を予約してください。

    2、受診当日の手続き

    初診受付カウンター1番で「保険証」「紹介状」などを提出し、手続きをしてください。

    3、検査結果のご報告方法