越谷病院 臨床研修医募集

看護師募集

腎・予防医学センター

越谷病院女性医師支援センター

越谷病院 新病院棟建設事業

整形外科

診療部長:大関 覚

整形外科 サイトへ

診療内容

大学病院としての専門的な治療のみならず、地域の基幹病院としての機能を果たすべく、整形外科領域全般の難治性疾患の治療を行っています。当科のモットーは多くの治療手段を応用して、運動機能を総合的に回復・改善する「総合的機能再建外科」です。
今年度の常勤スタッフは整形外科専門医12名と研修医2名と後期研修医師1名です。下肢班、上肢班、脊椎班の3グループに分け、それぞれの専門を生かし協力し合って効率の良い診療を心がけています。

四肢関節疾患では変形性関節症に対する人工関節置換術、先天性や外傷性変形に対するイリザロフ法を応用した変形矯正や脚延長術、先天性内反足に対するPonseti法による保存療法や手術的治療、麻痺性疾患やリウマチ性疾患の変形矯正、骨軟部腫瘍の治療と切除後の機能再建手術、膝・肩関節鏡視下手術、スポーツ外傷に対する鏡視下靱帯再建術などに力を入れています。
脊椎疾患では椎間板ヘルニアに対する鏡視下小侵襲手術や、脊柱管狭窄症に対する脊柱管拡大術、変性疾患に対する除圧とインストゥルメンテーションを使用した脊椎固定術、脊柱側彎症に対する矯正固定術、骨粗鬆症性圧迫骨折による後彎症に対する装具療法や矯正固定術に力を入れています。

診療実績

平成27年度
外来患者延数

 67,378人

入院患者延人数

 19,988人

 

【 総手術件数 869例 】      

 

                    関節関連手術 (608例) 
<下肢> <上肢>
小児整形外科手術    60例 先天奇形手術 11例
先天性内反足手術

     5例

骨軟部腫瘍(悪性含む)

  5

麻痺性変形の機能再建術

   17例

人工関節(肩・肘・手指)  0例
骨きり矯正固定術

47

末梢神経障害(絞扼性神経障害含む) 0例
骨軟部腫瘍(悪性含む)

    1例 

変形治癒・偽関節手術 1例
靭帯再建術

14例

マイクロサージャリー 7例
膝関節鏡視下手術 44例 関節鏡下手術(肩・肘・手関節) 15例
足関節鏡下手術 12例

リウマチ・変性機能再建

 2例
人工関節置換術(股・膝・足関節)

59例

腕神経叢損傷(修復・機能再建)

3例
骨関節感染症手術

6例

骨折脱臼(病的骨折含む) 43例
骨折脱臼(病的骨折含む)

 158例

その他 38件  
その他 60例

                    脊椎関連手術 (261例)

側彎症手術  104例
脊椎固定術 94例
脊柱管拡大術 23例
脊椎脊髄腫瘍 4例
内視鏡手術 6例
その他 30例

特色

    1. 先天性内反足や脊柱側彎症など小児疾患の保存的治療・手術的加療を総合的に行っています。
    2. 治療の難しい麻痺性疾患・変性疾患・リウマチ性疾患・外傷後などの上下肢変形に対しイリザロフ創外固定やテーラー創外固定を用い正確な変形矯正を積極的に行っています。
    3. 膝・足関節靱帯再建では、解剖学的・生体力学的研究に基づいた再建術とリハビリを行っています。鏡視下前十字靱帯再建術や足関節靱帯再建術では良好な臨床成績を得ています。
    4. セラミック人工膝関節や高度変形の股関節に対する人工関節手術で良好な成績を得ています。
    5. 脊椎損傷や変性疾患を中心に脊椎インストゥルメンテーションを用いた脊柱再建術を頭蓋骨から仙骨まで脊柱全範囲を対象とし、年間140例以上行っています。
    6. 10歳未満の側彎症や高齢者の後彎症に対しても積極的に治療を行っています。
    7. 後縦靱帯骨化症などによる頚髄症や胸髄症には頚部脊柱管拡大術や胸椎除圧固定術を数多く行っており、臨床成績も良好です。
    8. 手の外科領域では多指・合指といった先天奇形からマイクロサージャリーを用いた足趾移植、血管柄付き骨移植などの複合組織移植術、腕神経叢麻痺を含めた末梢神経再建外科まで幅広く取り組んでいます。
    9. 腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱間管狭窄症に対して内視鏡下に神経除圧術を行っています。

      その他

      主要機器

      関節鏡視下手術セット、マイクロ顕微鏡、レーザー血流測定器、バイオデックス筋力測定器、

      脊柱内視鏡下s

      研 究
      1. 関節のバイオメカニクス
      2. 仮骨延長法に関する研究
      3. 人工関節機能の改善に関する研究
      4. 足関節靭帯群の生体力学的研究
      5. 骨粗鬆症による姿勢変化に関する研究
      6. 乳幼児側彎症に関する臨床研究

      外来担当医および専門分野

      氏名職名専門分野

      大関  覚

      東村  隆   
      飯田 尚裕

      栃木 祐樹
      佐野 和史 

      杉本 一郎

      大山 安正

      片柳 順也

      榎本 光宏

      峯    研

      垣花 昌隆

      橋本 智久

      小川 真人

      高野 聖司

      速水 宏樹

      大橋 正典

      増田 陽子

      西川 正修

      西潟 一也

      佐伯 辰彦

      田中 亮太

      松本 和之

      渡邉 正智

      舘浦   慎

      山﨑 貴之

      鈴木   萌

      古川 裕和

      藤井 達也

      小沼 宏樹

      菅野 吉一

      浅野   聡

      大堀 正明

      竹本 知裕

      安村 建介

      矢尾 英則

      阿藤 晃久

      木村 和正

      保坂 幸司

      古波蔵惠丈

      金子 智則

      主任教授(常勤)

      准教授(常勤)
      准教授(常勤)
      准教授(常勤)
      准教授(常勤)
      講師(救命センター)

      講師
      助教(常勤)
      助教(常勤)
      助教(常勤)
      助教(常勤)

      助教(救命センター)

      助教(常勤)

      助教(常勤)

      助教(救命センター)

      助教

      助教

      助教(常勤)

      助教(常勤)

      助教(常勤)

      助教

      助教
      助教

      助教(常勤)

      助教(救命センター)

      助教

      助教

      レジテント

      レジデント(常勤)

      非常勤講師

      非常勤講師

      非常勤講師

      非常勤講師

      非常勤講師

      非常勤医師

      非常勤医師

      医員

      医員

      医員

      医員

      足の外科、小児整形、腫瘍外科、機能再建外科

      脊椎外傷、リウマチ、リハビリテーション 
      脊柱変形、小児整形(側弯症)、腫瘍外科(脊椎)

      足の外科、スポーツ外科(膝、足)、膝関節外科、リウマチ外科
      手外科、末梢神経外科、小児整形(上肢)、マイクロサージャリー、腫瘍外科(上肢)
      多発外傷、骨盤骨折

      脊椎変性疾患、脊椎内視鏡下手術、脊椎外傷

      脊椎外傷、脊椎変性疾患、脊柱変形、リウマチ外科(脊椎)

      肩関節外科、肘関節外科、スポーツ外科(肩・肘)、リハビリテーション

      脊椎外傷、脊椎変性疾患、骨粗鬆症

      小児整形(下肢)、足の外科、スポーツ外科(足)

      手外科、スポーツ外科(肘)、リハビリテーション

      股関節外科、膝関節外科、足の外科、スポーツ外科(膝・足)

      股関節外科、膝関節外科

      多発外傷、脊椎外傷

      外傷一般

      股関節外科、膝関節外科、足の外科

      足の外科

      外傷一般、足の外科

      外傷一般、集中治療

      外傷一般

      脊椎外傷、脊椎変性疾患

      外傷一般

      外傷一般

      外傷一般

      外傷一般

      外傷一般

      外傷一般

      外傷一般

      リウマチ、リハビリテーション

      脊椎変性疾患、骨粗鬆症、リウマチ

      股関節外科、リウマチ

      股関節外科、リウマチ、リハビリテーション

      股関節外科、膝関節外科

      外傷一般

      脊椎外傷、脊椎変性疾患

      手外科、肘の外科、リハビリテーション

      外傷一般、足の外科

      脊椎外傷、脊椎変形疾患

      外傷一般、股関節外科

      病棟医長/片柳 順也   外来医長/峯 研  医局長/小川 真人

             *初診の患者様は紹介状持参の方を優先させていだたきます。なお、土曜日の外来診療は

               原則初診の患者様のみとなります。

                    *月曜日・火曜日・木曜日の初診の患者様につきましては、紹介状持参の方のみの診療と

              させていただきます。      

              (H27.9.1~)