ホーム / 大学病院 / 教職員募集(大学病院) / 初期臨床研修医募集(医師) / 2年次選択科目 日光医療センター呼吸器内科研修プログラム

病院機能評価認定
病院機能評価認定

獨協医科大学携帯サイト
獨協医科大学携帯サイト

2年次選択科目 日光医療センター呼吸器内科研修プログラム

1.研修施設

獨協医科大学日光医療センター

2.研修期間

原則として1か月~6か月

3.研修責任者

指導責任者: 中元 隆明 教授
主任指導医: 原澤 寛

4.募集人数

1期あたり原則として3名

5.研修目標

基本的医療技術を指導のもと実施する。
呼吸器疾患に対する病態生理、診断、治療を総合的に理解し修得する。

6.基本的診断・検査法

a.一般目標: 呼吸器領域の基本的検査法の適応と結果を 理解し修得する。
b.到達目標:
  • 正確な聴診法と胸壁などの触診を体得する。
  • 血液・生化学検査一般、細菌検査、腫瘍マーカー、細胞診、病理学的検査、動脈血ガス分析等の検査の進め方を学び結果を解釈する。
  • 呼吸機能検査、スパイログラムを理解し、判読する。
  • 心・胸部エコー法(体表面、経食道)による解剖学的機能的診断を理解する。
  • 胸部単純X線、胸部CT(単純、造影)、胸部MRI検査の読影する。
  • 気管支内視鏡検査(擦過細胞診、肺生検、気管支肺胞洗浄)を理解する。
  • 肺血管造影検査、心臓カテーテル検査(右心)の結果を理解する。

7.基本的治療法

a. 一般目標: 呼吸器領域の基本的治療法を理解し修得する。
b. 到達目標:

生活指導、食事指導法を修得する。

  • 呼吸器領域の薬物療法(緊急薬剤の適応と使用法、抗菌剤、中心静脈栄養法、全身管理、化学療法)を修得する。
  • 吸入療法、酸素療法、人工呼吸器管理(気管内挿管)を修得する。
  • 胸腔ドレナージを修得する。
  • 在宅酸素療法を理解する。
  • 放射線療法を修得する。
  • 緩和治療を修得する。
  • 呼吸器疾患の救急に対する知識と適切で迅速な判断、処置(救命蘇生術)を行うことができる。

8.経験が望まれる症状・疾患

経験が望まれる症状
咳、痰、血痰、喀痰、喀血、呼吸困難、喘鳴、胸痛、嗄声、ショック、チアノーゼ、ばち指、 努力呼吸、奇異呼吸、浮腫、四肢冷感・痛み
経験が望まれる疾患 肺腫瘍、胸膜、縦隔、横隔膜疾患、気胸、胸膜炎、縦隔腫瘍、胸膜
中皮腫、横隔膜ヘルニア、肺血栓塞栓症、肺性心、肺高血圧症、呼吸器感染症、
閉塞性肺疾患、肺気腫、慢性気管支炎、びまん性汎細気管支炎、気管支喘息、
気管支拡張症、肺嚢胞症、特発性間質性肺炎、睡眠時無呼吸症候群、過換気症候群

9.研修内容

1) 外  来 指導医の補助医として外来診療に参加し、幅広い症例を経験しながら急性期および慢性期の基本的な診察・診断法などを修得する。
2) 病  棟 指導医の下で入院患者の受け持ちとして診療にあたる。また指導医の指示により当直を行い、緊急時、急変時に対応した経験をする。
3) カンファレンス等 医局カンファレンス、抄読会、回診等に参加する。

 

10.研修医評価

研修終了時に、指導医により研修到達目標について評価を行う。

 

11.診療・研修の特徴

1)マン・ツー・マンの指導体制。
2)呼吸器領域を総合的にとらえ診断~治療の流れを体得できる。
3)呼吸器疾患の救急医療に対応できるよう研修できる。
4)肺循環、肺腫瘍 等の専門的な最新の医療体制。
5)悪性腫瘍等の緩和ケアーの活動をおこない研修できる。
6)血管造影装置2機、64列マルチスライスCT