ホーム / 大学病院 / 来院される皆様へ / PET/CT検査 / PETセンターについて

病院機能評価認定
病院機能評価認定

獨協医科大学携帯サイト
獨協医科大学携帯サイト

PETセンターについて

獨協医科大学病院ではPET/CTを導入しております

日本人の死亡原因第1位はがんであり、現在、毎年がんになる人は50万人といわれております。

PET/CT検査は、がんのスクリーニング、治療前の病巣の広がりの診断、治療中の効果判定、また治療後の再発診断にとても有用的な検査です。

がんの治療の前に、このPET/CT検査を受診した4人に1人の方の治療方針が変更されたというデータもあります。

がん医療にとってPET/CT検査は必須と考え、私たち獨協医科大学病院では平成17年4月から導入しております。

獨協医科大学病院PETセンターでは、がん患者様の的確な治療方針決定のための診断情報の提供、再発を心配されるがん患者様のアフターケアを実施し、県内医療機関との連携も大切にしております。

 

平成28年12月よりPET/CT装置1台を更新しました

がん医療にとってPET/CT検査は必須と考え、平成17年4月に2台のPET/CT装置を導入し、今まで多くの検査を実施いたしました。

この度さらに高性能で検査の負担が軽減されるPET/CT装置に更新し、より信頼性の高い診断情報を提供してまいります。

 

 

 

従来のPET/CT装置と比較して

● 身体の部位により連続移動の撮像速度を変更可能で、短時間で広い範囲の撮像が可能です

● 拘束時間の短縮、被ばくの低減、開口径増加が相まって、検査への負担が軽減されます

● コントラストの向上で病変の異常集積を検出しやすくなり、より質の高い診断が可能となります