病院機能評価認定
病院機能評価認定

獨協医科大学携帯サイト
獨協医科大学携帯サイト

PET検査 Q&A

Q1 どうしたら検査を受けられるのですか?

検査目的によって問い合わせ先が変わってきます。現在通院されている病院・医院のある方、かかりつけ主治医のいる方は主治医の先生にPET/CT検査を受けたい旨ご相談ください。健康診断として受けられる方は3種類のコースから選んでご予約・問合せ先に直接連絡頂き、検査予約を承ります。

[検査予約のご案内]
 

Q2 PET/CT検査で何がわかるのですか?

PET/CT検査はがんの性質を利用してがん細胞を発見します。早期発見できればがんは不治の病ではありません。これからのがん医療を支える最先端の検査方法です。

[PET/CT検査の特徴・PET検査のしくみ]
 

Q3 検査は不安です。苦痛とか被ばくが気になるのですが?

検査着に着替えていただくだけで受診でき、直接体に触れる触診の必要もありませんので気軽に検査を受けることができます。痛くない、恥ずかしい思いもしない検査で、短い時間で一度にほぼ全身のがん検査ができます。被ばくに関しては、約5~7 mSvで、胃のバリウム検査と同等の被ばく量ですのでご安心ください。

[PET/CT検査概要] [検査の流れ]
 

Q4 閉所恐怖症ですが、検査は受けられますか?

程度によりますが、狭い筒状のドームに入りますので、我慢できない場合は受診できない場合があります。検査予約前に当PETセンターにご相談ください。

 

Q5 PET/CT検査の苦手なところは? 得て不得手はあるのですか?

PETといえども顕微鏡レベルの小さながん細胞は発見できません。また、検査薬(FDG)は炎症等がん以外の病気にも集積します。このためPETで異常があった場合、がんかどうかの確定診断のために、さらに他の検査が必要になることがあります。PET/CT検査にも見つけるのが得意ながんとそうでないがんがあります。

PET/CT検査は万能でないことをご理解ください。 

[PET検査の限界]