病院機能評価認定
病院機能評価認定

獨協医科大学携帯サイト
獨協医科大学携帯サイト

生理機能検査

心電図検査

心臓のはたらきや動きを調べるため、胸,手首,足首に取り付けた電極から電気信号を取り出し、波形として記録する検査です。この波形から心臓に関する病気の診断をしたり、治療の効果を確認します。

  1. 心電図検査
  2. 負荷心電図検査
    a)マスター負荷心電図
    b)起立負荷心電図
    c)トレッドミル負荷心電図
  3. 指尖容積脈波検査
  4. 血圧脈波検査 
  5. ホルター心電図検査 
  6. 心音図検査 

脳波検査

脳のはたらきを調べるため、頭に取り付けた電極から電気信号を取り出し、波形として記録する検査です。この波形から脳に関する病気の診断をしたり、治療の効果を確認します。

  1. 脳波検査

神経生理検査

神経に電気的に刺激を加え、手または足に取り付けた電極から得られた波形により刺激の伝わる速さを測定します。

  1. 筋電図検査
  2. 誘発筋電図検査
    a)運動神経伝導検査
    b)感覚神経伝導検査
    c)F波
    d) 瞬目反射
  3. 誘発電位検査
    a)聴覚誘発反応検査
    b)視覚誘発電位
    c)短潜時体性感覚誘発電位
    d)体性感覚誘発電位

呼吸(肺)機能検査

肺と気管支に関わるさまざまな呼吸のはたらきを調べる検査です。肺活量のように量を測る検査だけでなく、肺の中で吸った空気が広がって行く様子を測ったり、酸素がどのくらい取り込まれたかなどの検査も行います。

  1. 肺気量分画
  2. 強制呼出曲線 
  3. 最大換気量 
  4. 残気量 
  5. 肺拡散能力 
  6. Flow-Volume曲線 
  7. HeーFlow-Volume曲線 
  8. N2クリアランス曲線 
  9. クロージングボリューム 
  10. イソプロテレノール吸入試験(気管可逆性検査) 
  11. アセチルコリン吸入試験(気道過敏性検査)
  12. 呼吸抵抗

サ-モグラフィ-検査

体の表面の温度を調べる検査です。血管に障害があったり、血行障害があると皮膚温は低下しています。

  1. サ-モグラフィ-検査

皮膚灌流圧検査

皮膚表面の末梢血管(毛細血管)の中の血液の流れを調べる検査です。測定部位にレーザーセンサーと血圧カフを装着し、血液の流れを測定します。糖尿病性足病変や重症虚血肢に対する末梢循環の評価に適しています。

  1. 皮膚灌流圧検査

睡眠ポリグラフ検査

Polysomnography:PSG検査は、脳波、眼球運動、筋電図、鼻の気流、胸部・腹部の運動、体位、酸素飽和度(SpO2)、心電図を睡眠中に記録し、無呼吸の回数や睡眠の質の評価をする検査です。自宅で可能な簡易検査法として、鼻の気流、腹部の運動、酸素飽和度(SpO2)で評価する簡易PSG検査があります。

Multiple sleep latency test:MSLT(多回睡眠潜時検査)は、日中の覚醒時間帯に一定回数の眠る機会を与え、消灯から睡眠開始までの時間(睡眠潜時)とREM onset scorを睡眠ポリグラフ検査で測定します。

  1. PSG検査
  2. 簡易PSG検査
  3. MSLT(多回睡眠潜時検査)

術中モニタリング検査

運動神経機能の維持を目的として、頸部、脊椎等の術中に経頭蓋より電気刺激をして、手や足の電極から筋誘発電位を記録し、運動機能の評価をおこないます。

  1. 経頭蓋刺激筋誘発電位(MEP)検査