病院機能評価認定
病院機能評価認定

獨協医科大学携帯サイト
獨協医科大学携帯サイト

放射線検査について

放射線部の構成・特徴

構成

画像診断

エックス線検査・血管及び臓器造影検査・CT検査・MR検査(画像による診断を行う)

核医学検査

放射性医薬品を投与し検査を行う(生理機能検査や画像による診断を行う)

放射線治療

高エネルギー放射線発生装置により治療を行う(高いエネルギーのエックス線を照射し治療を行う)

これらの検査や治療には専門知識を習得した医師・技師・看護師が担当しています。
検査・治療・装置操作や運用には“診療放射線技師”の資格取得者が行っています。

特徴

最先端の I T (Information Technologies)を目指して!

C R (computed radiography) や D R (digital radiography) により全ての画像がサーバーに保存されており今後の診療にも提供できます。

RIS (radiology information system) により部内がシステム化されており院内システムにより伝票類を用いずに通信で運用できるよう設備されています。

画像運用はPACS (picture archiving & communication system) で行われています。

 

放射線部について詳しく知りたい方はこちらを ご覧ください。

患者様へのお願い