ホーム / 大学病院 / 大学病院について / 病院概要 / 医療安全・院内感染防止について

病院機能評価認定
病院機能評価認定

獨協医科大学携帯サイト
獨協医科大学携帯サイト

医療安全・院内感染防止について

医療に係る安全管理のための指針(基本方針)

○安全管理に関する基本的な考え方
 獨協医科大学病院(以下「本院」という。)は、本院の理念に基づいた人間的医療を全うさせるため、全教職員が患者様とより良い信頼関係を構築し、医療事故防止(安全管理体制の確保)に努める。

○医療安全管理委員会・その他の組織に関する基本的事項
 本院の医療安全管理体制の確保及び推進を図るため、「医療安全管理委員会」(以下「委員会」という。)を設置する。委員会で決定された方針に基づき、組織横断的に本院の医療安全管理を担う部門として「医療安全推進センタ-」を設置する。
また、実際にそれぞれの医療現場で事故防止の取り組みを行う体制を整備するため、その中心的な役割を担う教職員として「リスクマネジャー」を置く。

○医療に係る安全管理のための職員研修に関する基本方針
 本院では、医療安全管理委員会の企画の下に、全教職員を対象とする医療安全管理に関する研修会を年2回以上計画的に実施する。なお、教職員は、この全教職員を対象とする研修会を年2回以上受講し、常に自己研鑽するものとする。

○事故報告等の医療に係る安全の確保を目的とした改善のための方策に関する基本方針
 医療に係る安全管理の確保のため、広くインシデント・アクシデント等の事例を収集し、調査・分析に基づく改善策の策定及びその実施状況の評価を行うこととする。なお、報告は本目的のために使用するものであり、報告者はこの報告により何ら不利益を受けるものではない。

○医療事故発生時の対応に関する基本方針
 患者様に何らかの事故等が発生した場合には、先ず第一に必要と考えられる医療上の最善の処置を講ずると共に、患者様や家族に速やかに事実を説明する。また、病院として事故原因を調査究明し、再発防止に万全の措置を講ずるものとする。

○患者等に対する当該指針の閲覧に関する基本方針
 本指針は、獨協医科大学病院のホームページに掲載するとともに、患者様及び家族等から閲覧の求めがあった場合には、これに応じるものとする。

○患者からの相談への対応に関する基本方針
 患者様の相談に応じる体制として地域医療連携センターを主体とするが、患者様の意向を尊重して直接相談・苦情を求めてきた場合には、これを受けた窓口が対応する。また、患者様から寄せられた相談や苦情は本院の安全対策等の見直しにも活用するものとする。

○その他医療安全の推進のために必要な基本方針
 常に本院の安全管理体制の点検・見直しを行い、組織横断的に連携をとり、情報の共有化を図りながら医療の安全性の向上に努める

院内感染防止のための指針(基本方針)

  1. 大学病院に感染制御センターを組織し、感染防止対策に係る業務を掌理する。
  2. 大学病院における患者様及び教職員等の院内感染を防止し、またその対策を講じ病院内の環境保全と安全衛生を確保することを目的に院内感染防止対策委員会を置く。
  3. 院内感染防止対策委員会の下部組織として、院内感染防止チーム(以下「ICT」という。)を設置する。
  4. ICTは院内感染予防の啓蒙と教育、発生した場合の把握と撲滅、抗菌薬の適正使用と動向調査、その他病院内の環境保全と安全衛生に関する業務を行う。
    *ICTの構成員は、獨協医科大学の微生物・寄生虫学や感染症ならびに感染制御学などの専門家をはじめとして、本院の診療部門、中央部門、薬剤部、看護部、事務部等院内のすべての組織・部署から選任された教職員で成り立つ。
  5. 業務が施設内感染防止に直接・間接的に関与する外部委託業者:医療材料供給関連、洗濯等リネン関連、清掃・廃棄物処理などの管理責任者等の会務への出席と施設内感染防止の取り組み従業員への指導を行う。
  1. 血液、髄液など平素無菌検体から細菌の発育兆候を認めた場合、グラム染色を施し、その結果を可及的速やかに、受持ち医師に電話連絡する。と同時に中間報告書が、感染制御センターに届けられ、患者病態、治療方針、臨床微生物学的問題などを相互に討議する。
  2. まれな多剤耐性菌が検出された場合は、担当医師ならびに当該病棟のICTとともに迅速な拡大防止策をとる。
  3. 届出が必要な感染症事例は、医事保険課、感染制御センターから県南健康福祉センターに届出・報告する。

以上