病院機能評価認定
病院機能評価認定

獨協医科大学携帯サイト
獨協医科大学携帯サイト

病理診断科

外来受付電話:0282-87-2180
病理診断科サイトへ

 

診療部長 今井 康雄

今井 康雄

外来医長 小島   勝
医 局 長 中里 宜正

 

診療内容

 病理診断科では診断と治療方針の決定に関わる重要な業務である病理診断(組織診、術中迅速診、細胞診)を行います。また、治療の甲斐なく不幸にして亡くなられた患者さまの診断・治療の適否、有効性の評価、思わぬ合併症や見落としの有無を検証するために病理解剖を行います。

 病理検査結果のご説明とセカンドオピニオンのための病理外来も開設しております。

 

診療体制

 当科では常勤病理医8名(教授3名、准教授1名、助教3名、レジデント1名)と日光医療センターとの兼務1名(准教授)の計9名(うち病理専門医4名)が業務にあたっています。診断は常勤病理医によるダブルチェック体制をとっております。

 

診療実績

 平成28年実績で生検材料と外科材料を併せて12,044件 (前年比 684件, 6.0%増)の組織診と680件(前年比 15件, 2.3%増)の術中迅速組織診を行いました。また11,097件(前年比 202件, 1.9%増)の細胞診と278件(前年比 11件, 4.1%増)の術中迅速細胞診を行いました。細胞診は細胞検査士がスクリーニングを担当し、病理医が最終判断を行います。

 また平成28年実績で39体(うち院外症例0体)(前年比 3体減) の病理解剖を行いました。

 さらに院外の病院から委託を受けて組織診、細胞診、病理解剖を実施しており、平成28年実績で組織診28件 (前年比 18件, 39.1%減)、術中迅速組織診9件 (前年比 19件, 67.9%減)を行いました。

 このほか平成28年実績で年6回の院内CPC(臨床病理カンファランス)を主催し、医師の生涯教育の一翼を担っています。

特徴・特色

 病理は診療のいわば羅針盤であり、良質な医療を提供するためには質の高い病理部門の存在が必要不可欠です。

獨協医科大学病院では平成27年度より病理診断に専従する病理診断科がスタートしており、最新の医学知識・技術を取り入れて患者さまのニーズに対応して参ります。

 患者さまから採取された検体は迅速かつ適切に処理し、複数の経験豊富な病理医により検討し、速やかに病理検査結果をご報告いたします。組織診と細胞診の全例に病理診断に専従する医師のダブルチェックを行います。必要に応じて免疫組織化学、染色体・遺伝子解析を併用し、最新の知見に基づいた質の高い病理診断を提供いたします。

 

外来曜日別診療医一覧

下記よりご覧ください。