アレルギーセンター

 

 

 

 

センター長

 

 

 

吉原 重美

吉原 重美

 

アレルギーセンターについて

 気管支喘息、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎、食物アレルギーなどのアレルギー疾患は、国民の2人に1人が罹患しているといわれており、アナフィラキシーショックなどの重篤な症状を引き起こすこともあります。

 そして、アレルギー疾患の患者さんの多くは同時に複数のアレルギー疾患を患うため、症状も限局的なものから全身に渡るものなど様々です。

 近年、検査法の進歩や新しい治療法の開発により、アレルギー疾患の診療内容も大きく変わり総合的な治療が望まれております。

 このような現状を踏まえ、アレルギー疾患に対する高度で専門的な治療を提供するため、各診療科の垣根を超えた「アレルギーセンター」を平成30(2018)年8月に開設いたしました。当センターでは、関連する診療科の医師とコメディカルスタッフが緊密な連携を図りながら、患者さんに最適な治療を協力して提供いたします。

 更に、平成30(2018)年10月1日付で栃木県から「アレルギー疾患医療拠点病院」の指定を受け、アレルギー疾患に対する診療連携体制の構築や人材育成等、地域の医療機関や患者会等とも連携しながらより良いアレルギー治療の提供体制を確立するとともに、アレルギー疾患に関する情報の発信を行って参ります。

 

受診方法

 15歳以下の患者さんについては小児科外来が窓口となりますが、16歳以上の患者さんについては、症状に応じて各診療科外来が窓口となります。

 

            15歳以下の患者さん

 小児科           TEL:0282-87-2201 

 

            16歳以上の患者さん

 呼吸器・アレルギー内科   TEL:0282-87-2197 
 皮膚科  TEL:0282-87-2200
 リウマチ・膠原病内科  TEL:0282-87-2506
 総合診療科  TEL:0282-87-2054
 麻酔科  TEL:0282-87-2213
 耳鼻咽喉科・頭頸部外科  TEL:0282-87-2210
 眼科  TEL:0282-87-2209
 口腔外科  TEL:0282-87-2212