ホーム / 大学病院 / お知らせ / 東日本大震災にドクターヘリ・災害派遣医療チームDMATを派遣しました

病院機能評価認定
病院機能評価認定

獨協医科大学携帯サイト
獨協医科大学携帯サイト

東日本大震災にドクターヘリ・災害派遣医療チームDMATを派遣しました

 平成23年東日本大震災におけるDMAT活動報告

 

獨協医科大学病院DMAT


 平成23年3月11日に発生した東日本大震災において、当院のDMAT及びドクターヘリが出動しました。

 DMAT(ディーマット)とは、専門的な訓練を受けた医師・看護師などからなり、災害発生直後から活動できる機動性を備えた災害派遣医療チームのことをいいます。今回の災害では、栃木県内の大田原市及び宮城県の仙台市内で医療支援活動を行いました。

 活動内容を以下のとおりご報告いたします。

 


活動内容

3月11日(金)
   16:45 栃木県よりDMAT派遣要請(大田原赤十字病院からの応援要請)
   17:18 ドクターヘリ離陸(獨協)
   17:34 大田原赤十字病院到着
         →ドクターヘリにて、医師1名、看護師2名先行派遣
   19:20 陸路隊当院を出発
         →医師1名、調整員1名
   21:00 陸路隊大田原赤十字病院到着
         →大田原赤十字病院にて、医療支援活動開始
         →投入DMAT

           獨協医科大学病院(1チーム)

           上都賀総合病院(2チーム)

           足利赤十字病院(1チーム)

 

3月12日(土)
      8:00 大田原赤十字病院からの搬送開始
         →重症患者については県央地区の災害拠点病院に分散搬送
    11:17 ドクターヘリ及び救急車による病院間患者搬送開始
    14:00 獨協医科大学病院到着(救急車)
          →当院では合計8名受入(ドクターヘリ1名・救急車7名)
    16:00 獨協医科大学病院出発
    18:00 大田原赤十字病院到着
          →大田原赤十字病院の支援活動を終了
    19:00 大田原赤十字病院出発
          →東北地域の医療支援のため、福島空港へ出発
    21:00 福島空港到着
          →翌日仙台市へ向うこととし、活動終了

 

3月13日(日)
     4:30 福島空港出発
     7:00 仙台医療センター到着
          →DMAT本部にてミーティング。

           仙台市立病院の医療支援活動を要請される。
     9:30 仙台医療センター出発
    10:00 仙台市立病院到着
          →救命救急センターにて診療支援活動を実施

 

3月14日(月)
     9:08 仙台市立病院出発:撤収
    15:00 獨協医科大学病院到着

          活動終了

 

DMATでの活動以外にも、現在被災地からの要請に基づき患者さまの受入を実施いたしております。

今後とも災害拠点病院として、被災地への医療支援等の援助を実施して参ります。