ホーム / 大学病院 / お知らせ / 平成26年度「Person of the year」受賞者決定

病院機能評価認定
病院機能評価認定

獨協医科大学携帯サイト
獨協医科大学携帯サイト

平成26年度「Person of the year」受賞者決定

今年度の「Person  of  the  year」受賞者が決定し、3月24日(火)平石大学病院長から、3組の受賞者に対し、記念トロフィー並びに副賞が授与されました。

 この賞は、病院運営・医療安全・社会奉仕等で特に貢献した人や部署(グループ)への病院長表彰制度として平成25年度から設けられたもので、表彰を受けた人や部署(グループ)を讃え、更なる貢献を期待するとともに、他への模範を示すことにより、病院全体の活性を図ることを目的としております。

今年度の受賞者は次のとおりです。

 

【平成26年度「Person  of  the year」】

個 人

救命救急センター 

和氣 晃司准教授 

日光市川俣の林道奥鬼怒線で雪崩により車中で立ち往生となった5名の救助に際し、発生現場付近の除雪が困難となったため、消防隊と徒歩で現場に向かう等患者の救命に多大な貢献をされた

団 体

VADチーム

(心臓・血管外科)

心臓の動きを補助するポンプを体内に埋め込む「植込み型」補助人工心臓の装着手術を栃木県内で初めて実施し成功させた

団 体

自家肺移植チーム

(呼吸器外科)

移植の臓器保存技術を応用し、がん切除後に残った肺を

体内に戻す「自家肺移植」を東日本で初めて実施し成功

させた

       

 

なお、これまでの受賞者は次のとおりです。

【平成25年度Person  of  the year」】

個 人

病院長杯ソフトボール大会実行委員長

(麻酔部 石川和由助教)

第1回(平成24年度)、第2回(平成25年度)大会開催に際して、事前準備、会場確保、審判等スムーズな大会運営により大会を大いに盛り上げた

団 体

病院長杯ソフトボール大会運営役員チーム

第1回(平成24年度)、第2回(平成25年度)大会開催に際して、事前準備、会場確保、審判等スムーズな大会運営により、大会を大いに盛り上げた

団 体

医療安全RM小委員会

(インシデント再発防止RM小委員会)

医療安全対策のための啓発、広報、インシデント等発生原因の分析・改善策の立案及び改善策実施状況の検証を実施し、院内の医療安全に大きく貢献した

団 体

医療安全RM小委員会

(ポケット版マニュアル改訂RM小委員会)

医療安全対策のための啓発、広報、インシデント等発生原因の分析・改善策の立案及び改善策実施状況の検証を実施し、院内の医療安全に大きく貢献した

団 体

感染制御センター看護部ICT

アウトブレイク発生状況の監視や定期的なサーベイランスの実施、情報収集と解析、対策の立案、指導を実施し院内感染に大きく貢献した