ホーム / 看護専門学校 / カリキュラム

入学試験合格者発表 専用サイト

入試のご案内

ご支援のお願い

学校評価

看護師募集

カリキュラム

~未来へ続く学び~

本校では、基礎分野、専門基礎分野、専門分野、統合分野の4分野を3年間で体系的に学んでいきます。
1年次は、おもに座学で理論をしっかり学習。
2・3年次は、実習を通してより実践的な学習を積み、臨床の場でも使える知識や技術を学んでいきます。

 

基礎分野

看護学を学ぶための下地をつくる

看護は、人を対象とする仕事。
ですから、看護の対象者を生活者として捉える視点を養うと同時に、
社会のしくみや動向にも関心をもち、社会的視野を広げることも大切です。
さらに、医療の現場はもちろん地域における看護の場面でも、看護する側の人間性が問われます。
つまり、社会性や人間性を養い、感性を磨くことは、看護学生にとって不可欠なのです。
基礎分野では、こうした社会性や人間性を磨くとともに、科学的思考の基盤となるものを学習していきます。

 

専門基礎分野

看護師として必要な医学的知識が中心

人体を系統立てて理解し、健康の保持増進、疾病の診断・治療、障害についての知識や観察力、判断力を
強化
していきます。
また、生活者一人ひとりがその人らしく生活をするために、必要な社会のしくみや資源についても学習。
看護師になってからも、常に必要となる知識を学ぶ重要な科目群です。
獨協医科大学から講師を招き、医学の最先端を学習できるのは、本校の特徴のひとつ。
なかでも大学病院でのエピソードを交えながらの講義は、臨場感もあって学生に好評です。

 

専門分野I・II

講義・演習・実習という流れのなかで実践能力を養う

 「看護とは何か?」にはじまり、基礎的な知識・技術を学ぶ専門分野Ⅰ。
さらに専門分野Ⅱでは、専門分野Ⅰで学んだ知識を基に、
看護の対象の特性や発達段階に応じた看護を学んでいきます。
具体的には、講義で知識を学び、実際の患者様に触れる前に実習室での演習で準備を整え、臨床実習へ。
実習は、主に隣接する医科大学病院で実施。
少人数のグループ編成で、1人の患者様を受け持ち、看護実践能力が身につくようにしていきます。

 

統合分野

これまでに学習した知識や技術を統合

 「在宅看護論」と「看護の統合と実践」からなります。
在宅で生活しながら療養する人々とその家族への看護を理解し、基礎的な知識・技術を習得。
実習では療養している家庭を訪問し、その実際を学びます。
また、看護師としてのメンバーシップやリーダーシップを理解し、
看護マネジメントできる基礎的能力や医療安全・災害時の看護についての基礎知識も学習。
卒業研究として、自分が行なった看護について科学的・論理的にまとめ、全ての実習終了後、発表を行います。