入試のご案内

ご支援のお願い

学校評価

看護師募集

看護専門学校携帯サイト

奨学金制度

奨学金の種類

  1.獨協医科大学附属看護専門学校特別奨学金制度 (給付) 

  2.獨協医科大学附属看護専門学校奨学金制度 (貸与) 

  3.獨協医科大学附属看護専門学校同窓会奨学金(あんず奨学金)制度 (給付)

  4.栃木県看護職員修学資金制度 (貸与)

  5.日本学生支援機構奨学金制度 (貸与)

 

奨学金の概要

1.獨協医科大学附属看護専門学校特別奨学金 (給付) 

趣旨・目的

卒業後、本学関連病院に就職を希望する学生に対し給付する。

支給期間及び方法 

貸与を決定した日の翌月から卒業の月まで。

但し、正規の修業年限(3年)の範囲内とし、当月分を毎月支給する。

対象者 全学年(希望者全員)
支給額 月額2万円
出願時期 4月
返還条件

卒業後、本学に看護師として就職した場合      

3年間勤務した場合、全額返還免除。    

卒業後、本学に看護師として就職しない場合   

卒業の日から1ヶ月以内に全額返還。    

  

2.獨協医科大学附属看護専門学校奨学金 (貸与) 

趣旨・目的

人物・学業ともに優秀かつ健康でありながら、経済的理由により修学が困難であると認め   

られた者に対し、無利子で貸与する。

支給期間及び方法

貸与を決定した日の翌月から卒業の月まで。

但し、正規の修業年限(3年)の範囲内とし、当月分を毎月支給する。

対象者 全学年
支給額 月額5万円以内 (1万円単位)
出願時期  4月・9月 ※再出願可
返還条件 卒業後、本学に就職した場合

卒業した日の属する月の翌月から起算して3年以内に   

割賦の方法により返還。 

卒業後、本学に就職しない場合  卒業の日から1ヶ月以内に全額返還。

 

3.獨協医科大学附属看護専門学校同窓会奨学金(あんず奨学金)(給付)

趣旨・目的

経済的理由により学業に専念することが難しく、将来本学関連病院において保健、 医療、

福祉の専門職として社会に貢献する志を有する学生に対し給付する。    

支給期間及び方法 

奨学生決定後、1ヶ月以内に1年分を一括支給。

対象者 2・3学年 (各学年3名)
支給額 年額10万円
出願時期 4月 ※再出願可
返還条件

返還の義務なし。但し、資格を取り消された場合、または本学関連病院に就職しない場合

は、全額を一括返還しなければならない。

  

4.栃木県看護職員修学資金 (貸与)

趣旨・目的

卒業後に栃木県内の病院等において看護業務に従事しようする者で、人物・学業ともに

優秀かつ健康でありながら、経済的理由により修学が困難である者に対して、その修学

に必要な資金を県が無利子で貸与する。 

支給期間及び方法

貸与を受けた年度の4月から、正規の終業期間を終了する月まで。

原則として3ヶ月分を一括支給。

対象者 原則1学年優先 (特別な理由がある場合に限り2・3学年も可)
支給額 月額3万2千円 (前年度実績)
出願時期 5月 ※貸与期間中は毎年申請が必要
返還条件

卒業後1年以内に看護職員の免許を取得し、直ちに栃木県内の該当する病院(200床

未満)等に就職し、5年間継続して従事した場合は、後に申請により返還免除となる。

なお、卒業後1年以内に免許を取得できなかった場合や栃木県内の該当する病院等で

継続して5年間看護業務に従事しなかった場合は、返還しなければならない。

  

5.日本学生支援機構奨学金 (貸与)

   <奨学金の種類と支給額>

種類 支給額(月額) ※平成30年度以降入学者対象
第一種(無利子) 自宅通学 2万円、3万円、4万円または5万3千円
自宅外通学

2万円、3万円、4万円、5万円または6万円

※自宅通学の月額も選択可能。

第二種(有利子) 2万~12万円 (1万円単位)

入学時特別増額     

     (有利子)

入学月を始期として奨学金の貸与を受ける場合、

希望により10万~50万円(10万円単位)の増額貸与が可能。                                           

趣旨・目的

人物・学業ともに優秀かつ健康でありながら、経済的理由により修学が困難である者に    

対し、選考の上、貸与する。

支給期間及び方法   

貸与を認めた時から、その者が在学する学校の修業年限の終期までとし、当月分を毎

月支給する。

対象者 全学年
出願時期 4月 (予約採用・在学採用)
返還条件 「月賦返還」または「月賦・半年賦併用返還」のいずれかを選択。

  ※第一種と第二種の併用貸与も可能です。

  ※採用後であっても、学業不振や学校内外の規律を乱したりするなど、奨学生として適当でないと認め
    られた時は、奨学金の支給を停止されることや打ち切られることがあります。
    また、家計が好転した時は、奨学金を辞退してもらうことになります。