慢性呼吸器疾患(Chronic Respiratory Disease, CRD)とは

CRDとは

CRDは気道およびその他の肺組織の非感染性慢性疾患です。

その種類は多いですが、頻度が高く予防・治療の可能な喘息と慢性閉塞性肺疾患(Chronic Obstructure Pulmonary Disease, COPD)の2疾患を取り上げます。他に気管支拡張症、慢性副鼻腔炎、過敏性肺炎、肺ガン、肺線維症、慢性胸膜疾患、塵肺、肺好酸球増多症、肺性心、肺高血圧、肺塞栓症、アレルギー性鼻炎、サルコイドーシス、睡眠無呼吸症候群などがあります。(GARD,WHO2005より)

http://www.who.int/respiratory/en/