慢性呼吸器疾患(CRD)とは

成人喘息のファクト

WHOの推定では2005年に8000万人の人々が喘息に罹患し、約26万人が喘息によって死亡した。
喘息は小児で最も多い疾患である。
喘息死は適切な処置を取らなければ今後10年間に20%増加すると推定される。喘息は過小診断され過小治療されている。
喘息の治療特に薬物療法は過去20年で飛躍的に進歩した。適切な治療が行われている地域では喘息死、Quality of Life, QOL障害は著しく減少している。