医療情報センター

センター長 中村 哲也
中村 哲也

診療内容

医療情報センターは獨協医科大学病院内における医療情報の運用管理を効率よく行うために旧医学情報センターを組織再編し、病院長直属の新たなセンターとして平成19年4月に設立されました。平成20年4月からは、事務部の情報処理室を合併して現在に至っています。

近年、日本の医療システムは様々な意味で大きな転換期を迎えています。中でも病院における電子カルテシステムの導入は、医療分野における情報化という国策に沿い、厚生労働省が示した「医療・健康・介護・福祉分野の情報化グランドデザイン」に従う必要があります。法的には医師法、歯科医師法以外にもいわゆる「個人情報保護法」を遵守していかなければなりません。また、大学病院だけでなく地域連携を想定した柔軟な電子カルテシステムを構築し、効率よく運営していくことが求められています。

医療情報センターが主催する医療情報委員会、病院総合情報システム推進定例会および各種のワーキンググループにおいて検討を積み重ね、外来系の電子カルテシステムを平成19年10月から、入院系を平成20年2月から稼働させました。そして、放射線画像のフィルムレス化のために、平成 22年3月からPACS(picture archiving and communication system)を稼動させました。平成24年9月には電子カルテシステムを更新し、平成26年3月から栃木県地域医療連携ネットワーク(とちまるネット)の運用を開始しています。平成29年4月にはPACSを全面更新し、平成30年7月より古い画像から順次private cloudに保存しています。また令和元年9月から、Windows7 サポート終了に伴い電子カルテシステムの更新が予定されているため、新しい機能を備えた次期電子カルテシステムを中心とする病院総合情報システムを稼働させる予定です。

当センターの主な業務は、大学病院における電子カルテシステムを中心とする病院総合情報システムの運用管理、新規システムの立案・導入です。画像資料室では、大学病院内における臨床画像・映像の記録、臨床研究・教育に関連した資料作成支援の他、埼玉医療センターや日光医療センターを含む獨協医科大学内すべての行事や広報に関する画像や映像の記録、管理、資料作成を行っています。

センター長中村哲也は、消化器内視鏡、レーザー診断・治療(PDT:photodynamic therapy、光線力学療法)、カプセル内視鏡が専門の医師です。木曜日には消化器内科外来で内視鏡診断・治療を中心とする外来診療を、月曜日および金曜日などには消化器内視鏡センターにおいて内視鏡検査・治療を担当しています。

また、平成27年10月に第36回日本レーザー医学会総会を、平成28年2月には第9回日本カプセル内視鏡学会学術集会の会長を担当し、盛会裏に終了しました。

スタッフ

中村 哲也

医療情報センター長・教授、医療情報委員会委員長、大学院医学研究科内科学(消化器)兼担、獨協学園医療系高等教育・研究機関開設準備委員会副委員長

石川 昌宏

医療情報センター情報処理室室長(課長)

長須 洋治

情報処理室事務員

高橋 真美

情報処理室事務員

卯木 綾乃

情報処理室事務員

桐生 穂高

医療情報センター情報処理室・大学情報基盤センター技術員

青柳 裕之

画像資料室係長、写真技師

武政 宏尚

画像資料室主任、写真技師

吉岡 大輔

画像資料室副主任写真技師

大阿久 伸江

画像資料室事務員

情報処理室

電話0282-87-2470

主な業務
  • 医療情報処理に関する総括及び連絡調整
  • 医療情報処理に関するシステム化計画の立案
  • 医療情報処理に関するプロジェクト管理
  • 医療情報処理に関するシステム設計
  • 医療情報システムのシステム開発・改廃
  • 医療情報システムに関わる運用設計・管理
  • 医療情報システムに関わる諸規定
  • 医療情報システム及びこれに関連する装置の維持・管理
  • データウェアハウスの運用・管理
  • 医療情報委員会のサポート
  • 病院総合情報システム推進定例会の主催
  • 電子カルテシステムワーキンググループの活動支援
  • とちまるネット運用のサポート
  • 所管事務に関わる調査・統計・報告

画像資料室

主な業務
  • 臨床に関わる一般画像・映像の記録
  • 学内全てに関わる行事の画像・映像記録及び管理
  • 臨床研究及び教育分野における医療画像・映像資料の作成支援
  • 広報分野における画像・映像制作及び資料提供