入学試験合格者発表 専用サイト

入試のご案内

ご支援のお願い

公的研究費の不正使用防止に向けた取り組み

大学病院

大学病院は、臨床実習の場として医学教育を担うとともに、地域医療に貢献しています。

 

 本学では、獨協医科大学病院と獨協医科大学越谷病院において、本学部生の臨床実習および卒後臨床研修などを実施し、医師養成の機能を果たしています。
 また、高度先進医療を提供する特定機能病院、地域基幹病院として、地域医療の中核を担っています。
2006年4月1日には、栃木県日光市に獨協医科大学日光医療センターを設立しました。

獨協医科大学病院

 獨協医科大学に隣接し、「森の中の病院」と称されるほど豊かな緑に囲まれた大学病院は、医学教育の場として卒前卒後研修を充実させ、高度な専門的知識と技術を兼ね備える医師を養成するとともに、特定機能病院として高度先端医療を担うなど、臨床の全領域にわたる31の診療科を整備し、質の高い医療サービスを提供しております。加えて、常時受入態勢を整えハイリスクの妊産婦や極小の低出生体重児に対して、従来の産科・小児科の枠を超えた高度な周産期医療を提供している「総合周産期母子医療センター」

、第3次医療機関として、24時間体制で高度な救急医療を提供している「救命救急センター」、栃木県小児医療構想に基づき、小児の第3次医療機関として、専門医の配置及び高度な医療機器を設置し、小児医療の中核を担うことを目的とした「とちぎ子ども医療センター」、認知症疾患に対する保健医療・福祉サービスの向上を図るための「認知症疾患医療センター」、がんのスクリーニングや治療前の病巣の診断、治療の効果判定、治療後の再発診断に大変有用なPET/CTカメラを備えた「PETセンター」、がん対策基本法のもと最新・最良のがん治療や情報を提供するための「腫瘍センター」等を備えております。

 その他にも、短時間に広範囲で微細なものを抽出し、病変をいろいろな方向から観察することが容易な最新マルチスライスCT(320列)、前立腺疾患に対して三次元的視野の確保及び540度の手首の回転で低侵襲手術に定評のある「ダ・ヴィンチSサージカルシステム」も導入しており、大型先進医療設備の充実により北関東における診断・治療をリードしています。また、平成22年1月より県内初となる運航を開始したドクターヘリは、これまでに数多くの救急患者の救命率・予後の向上に寄与し、平成24年3月からは、北関東3県(栃木県、群馬県、茨城県)によるドクターヘリの広域連携協定が締結され、これまで自県のドクターヘリでは対応しきれなかった重複要請等の事案に対し他県のドクターヘリが要請可能になるなど、相互応援体制強化にも取り組んでおります。
 更に、平成27年3月には「医療」と「教育」のより一層の充実を図ることをコンセプトに、本学40周年記念事業の一環として教育医療棟が建設され、内部には多岐にわたる臨床実習を可能とするシミュレーション室を数多く設け、医学生、及び看護学生教育の幅広いニーズに対応できる体制を整備いたしました。

PETセンター

手術支援用ロボット「da Vinci(ダ・ヴィンチ)S」

ドクターヘリ

320列面検出器型CT

詳しくはこちらをご覧ください。

獨協医科大学越谷病院

 首都圏のベッドタウン埼玉県越谷市に位置する獨協医科大学越谷病院は1984年6月に開院しました。病床数723床を有し、23の診療科を始め、救命救急センター、腫瘍センター、乳腺センターなど地域のニーズに即した機能の充実とともに、遺伝に関する様々な不安や悩みに対応する遺伝カウンセリングセンター、女性だけでなく男性不妊にも力を入れているリプロダクションセンターなどの新分野の診療にも積極的に取り組んでおります。

 2013年に第6次地域保健医療計画に基づく病院整備計画において、当院は総合周産期母子医療センターの設置及び救急医療の充実を掲げ、200床増床が承認されました。この増床により現在の723床から923床となり、一般病床では埼玉県最大規模の病院となります。2017年度に診療機能が充実した新棟が完成することで、これまで以上に高度で安全な医療を提供できる体制が整います。

 また、越谷駅東口には附属腎・予防医学センターを有し、人工透析、日帰り人間ドック、渡航外来を行っています。人間ドックは基本検査に加え、オプション検査として脳ドック、動脈硬化検査、骨密度検査のほか、女性向けにマンモグラフィ検査や子宮がん検診などを設定しています。渡航外来(トラベルクリニック)では、安全な海外出張や旅行ができるように渡航先の感染情報、予防接種、帰国後の健康相談等を行っております。

 当院は災害拠点病院として被災者を受け入れるとともに、災害急性期に活動できる機動性を持った医師、看護師、業務調整員で編成される災害派遣医療チーム(DMAT)を有しており、首都直下型地震や南海トラフ地震など大規模災害を想定した訓練にも参加しております。

 教育面においては、獨協医科大学の臨床部門に属し3・4年生の講義と5年生の臨床実習、6年生の集中講義を一部分担するとともに、主に本学卒業後の臨床教育と診療を担当しています。なお、2016年度より越谷病院に大学院医学研究科の専攻分野を設置し、社会人大学院生として診療をしながら学位の取得も可能となりました。教育病院として“病気を診るのではなく、病気になった人間を診る”ことを念頭においた医療を実践でき、最新の医療に対応できる質の高い医療人を目指しているのが特徴です。

※新棟完成後の越谷病院

詳しくはこちらをご覧ください。

獨協医科大学日光医療センター 


 獨協医科大学日光医療センターは、大学病院、越谷病院に続く本学3番目の医療機関として2006年4月1日に開院しました。診療科目は呼吸器内科、消化器内科、循環器内科、神経内科、糖尿病・内分泌内科、膠原病・アレルギー内科、心臓・血管・腎臓内科、皮膚科、放射線科、外科、呼吸器外科、心臓・血管外科、整形外科、泌尿器科、形成外科、麻酔科の16診療科からなり199床の病床を備えています。また、地域医療部門として、観光医療科、感染症内科、三依診療所を備えています。

 「地域社会の信頼に応える基幹病院として、医療を求める人々におもいやりの心を持って接し、高度で良質な医療を提供します。」という基本理念のもと、指定管理者制度による日光市立三依診療所の運営や、日光地区の病院群輪番制(2次救急)病院として救急医療を行っています。さらに、県西医療圏・日光地区における災害医療の充実を図るべく2016年3月に地域災害拠点病院及び栃木県DMAT指定病院になるなど、地域社会から信頼される中核医療機関とし地域医療の充実を目指しています。また、2015年12月からは臨床研究支援室を立ち上げ、2016年4月には大学院「医工学」を開設するなど、研究・教育への支援を強化しています。

 当センターでは、患者様の療養環境の改善を目的として2014年3月に特別個室のリニューアルと個室増設を行いました。また、人工透析を必要とする患者様が増加傾向にあること、更に日光市内の病院からの要請もあり地域連携医療面から2014年4月に透析室(6床)を開設し、2016年には透析棟(25床)が稼働しました。また、放射線部門では、2016年にMRIを増設しました。心臓リハビリテーション部門では、今や栃木県における中心的施設まで発展しました。

 予防医療にも力を入れており鬼怒川温泉のホテルとタイアップした「温泉宿泊型人間ドック」や企業健診も積極的に行っています。周辺には、世界遺産の「日光の社寺」を含む日光国立公園をはじめ、鬼怒川、川治、湯西川など著名な温泉郷を有し、多くの観光客が訪れています。そのため、当地を訪れる観光客にとって安心な医療が提供できる拠点病院としての役割も果たしています。

無医地区の解消に貢献

 日光医療センターは、へき地巡回診療の実施やへき地診療所への医師派遣も行い、へき地医療の充実にも貢献していきます。その一環として、日光市立三依診療所に医師を派遣し、2006年4月20日から診療を開始しました。人口約600人の三依地区では、2002年に医師不在や建物老朽化により診療所が閉鎖されて以来、無医地区状態が続いていました。その間、地区住民は不安を抱えながらの生活を送っていましたが、無医状態は4年ぶりに解消されました。日光医療センターは、毎週木曜日午前10時から午後3時まで、内科医と看護師などを派遣し、診療に当っています。

                                     平成29年7月1日現在