ホーム / 獨協医科大学 / お知らせ / 本学とウクライナ国ジトーミル農業生態学大学との学術協定調印式が執り行われました

入学試験合格者発表 専用サイト

入試のご案内

ご支援のお願い

公的研究費の不正使用防止に向けた取り組み

本学とウクライナ国ジトーミル農業生態学大学との学術協定調印式が執り行われました

7月29日(月)、稲葉学長をはじめ福田副学長、国際協力支援センター 三浦特任教授、木村准教授がジトーミル国立農業生態学大学との学術協定の調印式を行うため、ウクライナ国ジトーミル州を訪問いたしました。昨年、同大学のミキチューク学長、同大地域エコロジー問題研究所ディードフ所長が本学を表敬訪問され、学術協定締結の話が出たことから、今回の訪問となりました。
 調印式には、チェルノブイリ原発事故当時学長を務めたスラヴォフ教授も同席され、その後、同大学の教授陣ともに共同研究の可能性を話し合いました。その席上、スラヴォフ教授から、これまでジトーミル州には医科大学がなかったため、ソ連政府から同地域での公衆衛生学的な放射線管理を任されることになった経緯を伺いました。