ホーム / 獨協医科大学 / お知らせ / モンゴル国立モンゴル医療科学大学との学術交流協定調印式が執り行われました。

入学試験合格者発表 専用サイト

入試のご案内

ご支援のお願い

公的研究費の不正使用防止に向けた取り組み

モンゴル国立モンゴル医療科学大学との学術交流協定調印式が執り行われました。

 平成27年7月4日(土)にモンゴル国立モンゴル医療科学大学(Mongolian National University ofMedical Sciences)において、学術交流に係る協定調印式が執り行われました。調印式には、モンゴル国立医療科学大学のバットバーター グンチン(Batbaatar Gunchin)学長を含む関係者10名が列席され、本学からは、寺野理事長、稲葉学長を含む計5名が出席しました。

 調印式の席上では、これまでの本学との交流を踏まえ両大学の発展、並びにより一層の深い協力関係の構築にも努力を惜しまないことを確認いたしました。

 モンゴル国と本学との関係は、2007(平成19)年度より現今井裕医学部特任教授が、口腔外科学教授在任中から日本口唇口蓋裂協会の依頼によりモンゴル国に対し海外医療援助を行っており、本学においてもモンゴル国より依頼のあった患者様を受け入れ、手術が行われる等により交流関係は深いものとなっております。

 それらにより、同大学から本学の高度な医療への信頼は厚く協定締結への強い要望があったことから、今回の調印式への運びとなりました。

 モンゴル国立モンゴル医療科学大学は、1942(昭和17)年に創設されたモンゴル国における唯一の医科系技術者養成機関であります。今回の学術交流協定締結により、モンゴル国での医学的分野における本学との学術交流の拡充及び両大学間の教員・研究者等の交流に、更なる発展が期待されます。