ホーム / 獨協医科大学 / お知らせ / 本学の小正裕佳子先生ニュースキャスターとして本格始動

入学試験合格者発表 専用サイト

入試のご案内

ご支援のお願い

公的研究費の不正使用防止に向けた取り組み

本学の小正裕佳子先生ニュースキャスターとして本格始動

 

平成28年3月28日(月)から、小正裕佳子特任講師が日本テレビの報道番組「NEWS ZERO」のキャスターとして、週5日(月〜金)出演しています。

 小正先生は、東京大学医学部健康科学・看護学科卒、同大学大学院医学系研究科を修了後、日本放送協会(NHK)放送部に入局し、約3年間、医療、労働、人権、災害関連の報道に携わりました。その後、本学国際協力支援センター国際疫学研究室助教として、同研究室福島分室(福島県二本松市)に勤務。2015年7月には、同室長(准教授)木村真三先生、小正先生はじめ関係者のご尽力により本学と協定を結んでいるウクライナ国・ジトーミル国立農業生態学大学から、地域住民の健康調査、両大学の友好関係構築に寄与したとして感謝状を授与されました。

 引き続き、平成28年4月1日からは特任講師として、研究並びに学生講義を年数回担当するほか、本年10月8日(土)開催予定の「第7回国際観光医療学会学術集会(会長:稲葉学長、事務局長:福田副学長)」もお手伝いいただくこととなっております。これまでの経験・知識を活かし、ますますの活躍が期待されます。教職員の皆様には温かく見守っていただきたく、お願い申し上げます。

 《小正裕佳子先生からのコメント》

 獨協医科大学では、寺野理事長、稲葉学長をはじめ、熱意あふれる教職員の皆様に、日々ご指導をいただき感謝しております。報道の現場でできることは大変限られておりますが、重要な医療の課題、最新の研究、次の世代を担う学生の皆さんの声など、より多くの方と広く共有できるよう努めてまいります。ぜひ、皆様方の幅広い知見をご教授いただきたくお願い申し上げます。