入学試験合格者発表 専用サイト

看護学部 紹介ビデオ

入試のご案内

ご支援のお願い

公的研究費の不正利用防止に向けた取り組み

看護師募集

教育課程の構成

本学部の教育課程は、教育理念に基づく教育目標及び本学部の特色である「科学的な看護実践能力の高い看護職者の育成」「主体的な学修能力の育成」「看護・医療・福祉チームにおける協働意識の育成」「看護の発展や看護の質の向上に貢献できる臨床看護実践能力の育成」を達成するために、基礎科目、専門基礎科目及び専門科目で構成する。

基礎科目

社会人として幅広い教養を身に付け、豊かな感性を磨き、論理的思考能力と倫理観の育成を目的に「人間と文化」「人間と社会」「環境と自然」「言語と情報」「ゼミナール」の5領域で構成する。

専門基礎科目

臨床看護実践能力の基礎を確実なものとすることを目的に「生活者の健康」「人体の構造と機能」「疾病の成り立ちと回復過程」の3領域で構成する。

専門科目

従来の発達段階や健康障害の種類や活動の場による分類である7領域の、「基礎看護学」「小児看護学」「母性看護学」「成人看護学」「老年看護学」「精神看護学」「地域看護学」のほかに、人々の権利を擁護する立場にある看護職者として、安全を阻害する因子を理解し、危険の回避・安全の確保のための行動を身につけることを目的とする「医療安全学」の領域を設ける。また、看護学学修の統合として、看護研究の方法や研究過程を学ぶために「看護研究」の領域を設けている。