施設・設備

基礎・臨床医学の主流、分子レベルの研究に取り組める最新設備と研究機構を設置。

大学の柱の一つに研究がありますが、特に分子および遺伝子レベルでの研究は、基礎医学および臨床医学で主流となってきています。本学では、こうした状況をふまえ、医学総合研究所・医学情報センター・実験動物センターを設置し、最新設備を備えた研究機構の改組に取り組んでいます。

図書館

情報化社会で医師・看護師として活躍するためには、膨大な情報の中から必要な情報を効率よく選別し、活用する技能を身に付ける必要があります。本学の図書館は、学生や教職員に必要な資料とそれらを活用する場を提供する学習・研究の一大拠点となっています。約26万冊の蔵書を有し、電子ジャーナルやデータベースなど図書館外からの利用環境も備え、その充実ぶりは全国の医科大学の中でも高く評価されています。また、「専門書だけではなく、あらゆるジャンルの本を読んで広い視野を身に付け、心豊かな医療人になって欲しい」という願いを込めて設立された欅(ケヤキ)文庫や外国人講師と会話を楽しめるECL(English Community Lounge)も学生を中心に人気を博しています。
詳しくはこちらをご覧ください。

実験動物センター

動物実験は、医学の研究活動を支える重要な手段として人類の健康・福祉の増進に計り知れない恩恵をもたらしています。こうした動物実験は、自然科学における研究の一般原則に従い、再現性が得られるように実験の諸要件に留意しながらも、一方では動物福祉の観点から動物の生命を尊重し、動物にできる限り苦痛を与えないように措置することによって、所期の成果を期待するものでなければなりません。
実験動物センターでは、研究者が法令に基づく動物実験規程を厳密に遵守し、3Rs(Replacement, Reduction, Refinement)を踏まえた適正な動物実験の場を提供し、実験動物の健康管理、動物福祉への配慮、研究者への教育を実施して、社会の理解が得られるよう研鑽しています。
さらに、研究支援業務として高度実験手技の補助等を実施しています。

動物実験に関する情報公開

附属看護専門学校

本校は、「患者及びその家族、医療関係者をはじめ、広く社会一般の人々から信頼される看護師を育成する」という教育理念のもと、「安全・安心・思いやりのある最良な看護を実践できる看護師」の育成をめざし教育に取り組んでいます。
また、医科大学附属の学校であることにより、ハード・ソフト両面において恵まれた学習環境の中で学生生活を送ることができます。
1974年(昭和49年)に開校以来、これまでに4,069名の卒業生を輩出し、看護師資格を得て本学付属の3病院をはじめ、地域の保健・医療・福祉・教育の場で活躍しています。