ホーム / 医学部 / 受験生の皆さんへ / アドミッション・ポリシー

入学試験合格者発表 専用サイト

入試のご案内

ご支援のお願い

公的研究費の不正使用防止に向けた取り組み

アドミッション・ポリシー

 獨協医科大学では、「1.人間性豊かな医師並びに医学者の育成。 2.能力の啓発に重点を置く教育方針。 3.地域社会の医療センターとしての役割の遂行。 4.国際的交流に基づく医学研究。」という建学の精神に基づき、医学部教育理念を「患者及びその家族、医療関係者をはじめ、広く社会一般の人々から信頼される医師の育成」と定めています。

 獨協医科大学医学部では、この教育理念に基づいてより効果的に学生に対する教育を行うため、次のような基本的な素養を満遍なく備える人を入学生として求めます。

 

求める入学生像

 ・本学の建学の精神及び本学医学部の教育理念を理解し、賛同できる人

 ・医学を学ぶ上で必要な数学、理科及び英語を中心とする基礎学力、読解力、表現力を有している人

 ・医学への強い志を持って社会に貢献する意欲のある人

 ・計画性を持って学習に臨み、自ら問題を解決する意欲のある人

 ・社会の一員としての理性と常識を備え、広い視野を持ち適切かつ公正な判断ができる人

 ・協調性とコミュニケーション能力のある人

 ・他者の立場になって物事を考え行動できる人

 ・国際的視野を持って医学を志す人

 

 獨協医科大学医学部では、一般入学試験及びセンター利用入学試験のほか、より多様な人材を求めることを目的に、AO一般入学試験、AO栃木県地域枠入学試験、推薦(指定校制)入学試験、公募推薦(地域特別枠)入学試験及び栃木県地域枠入学試験を実施しています。

 これらの入学試験においては、前述の基本的素養を備えた上で、それぞれの入学試験制度の趣旨を理解し賛同できる入学生を受け入れることとしています。

 

 獨協医科大学医学部では、以上のような人材を入学生として受け入れるため、学力試験、小論文試験及び面接試験等を適切に組み合わせて、受験生に対する公平かつ公正な選抜試験を行っています。