病院機能評価認定
病院機能評価認定

獨協医科大学携帯サイト
獨協医科大学携帯サイト

心臓・血管外科

外来受付電話     0282-87-2206

心臓・血管外科 サイトへ

4科合同外科サイトへ

診療部長 福田 宏嗣
福田 宏嗣
病棟医長  堀  貴行
外来医長 緒方 孝治
医局長

桒田 俊之

診療内容

当科(心臓・血管外科)は心臓外科と血管外科を併せ持った診療科で文字通り心臓・大血管・末梢血管の疾患を外科治療で治す科です。具体的な疾患は虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞、心筋梗塞合併症など)、心臓弁膜症、不整脈、胸部・腹部大動脈瘤、末梢血管疾患(閉塞性動脈硬化症、下肢静脈瘤など)です。

手術に関しては昨今医療の質が厳しく問われていますが、体に優しい低侵襲手術や質の高い(術後の生活の質を高める)手術を目指しています。

治療対象疾患

外来曜日別診療医一覧表

下記ページよりご覧ください。

外来曜日別診療医一覧表

主な検査とその説明

CT検査

最新の64列マルチスライスCTが導入され、従来血管造影検査が必要であったものが普通のCT検査だけで冠動脈や大血管・末梢血管の病変が診断でき患者様の負担を軽減することが可能になりました。
更に近々に最新鋭の320列マルチスライスCTが導入される予定です。

MRI検査

CTと同様に断層写真が得られる画像診断の一つですが、最近は形態診断だけでなく心臓の機能診断、心筋の可逆性診断にも使用しています。

心臓超音波検査

最新鋭の三次元構築機能を持った超音波検査装置を導入し、心臓弁膜症の診断、治療に活用しています。

血管造影検査

血管に造影剤を流し、血管の走行、太さ、異常血管の有無、心臓の動きを知る検査です。

得意とする治療

虚血性心疾患
オフポンプ冠動脈バイパス術

冠動脈バイパス術では、より低侵襲化を目指した人工心肺を用いない心拍動下冠動脈バイパス術(オフポンプCABG)を行っています。人工心肺を用いない為、術後早期回復、術後合併症頻度の低下、早期退院、無輸血手術などが期待できます。特に75歳以上の高齢者、脳、肺、肝、腎障害などを合併したhigh riskな患者様に有用であると考えられます。これにより術後の合併症もごくわずかになり、術後10日から2週間の早期に退院していただくことも可能になりました。

心臓弁膜症と不整脈

弁膜症に対する手術法は、人工弁による弁置換術と弁修復術があります。新世代の人工弁は機能・耐久性とも格段に向上していますが、ワーファリンを服用しなくてはならずそれによる出血等の副作用もあります。一方、弁修復術は自分の弁温存を図るものでありワーファリン服用の必要がありません。当院では弁修復術、特に僧帽弁に対する修復術を積極的に行っています。
近年、大動脈弁に対する形成術も適応症例に対して行っています。更に、手術の低侵襲化に向け、右小開胸による(小切開)による大動脈弁、僧帽弁手術(MICS)、経カテーテル的大動脈弁置換術(TADR)も開始しました。

胸部・腹部大動脈瘤

従来の大動脈瘤や大動脈解離(解離性大動脈瘤)に対する外科治療は、開胸や開腹操作が必要になり、部位によっては、脳、心臓、肺、腎臓、腸管、四肢など様々な臓器に合併症を発症する場合もあり、心臓の手術を凌駕する手術危険率を有する手術もあります。
近年、大動脈瘤や大動脈解離(解離性大動脈瘤)の治療は、手術によって瘤の部分を人工血管に置換する方法のみならず、カテーテルを用いて人工血管を血管の内側からあてがう大動脈ステントグラフト内挿術が登場し、動脈瘤の場所や種類によっては、手術せずに大動脈瘤を治療できる時代になりました。麻酔も全身麻酔ではなく、局所麻酔で行うこともできるので、体の負担は外科手術に比し、極めて低いのが特徴です。ただ、ステントグラフトには改良の余地もあり、長期成績についてはいまだ議論すべき点はあります。したがって全ての大動脈瘤の患者様にこの治療法が適応になるわけではなく、大動脈瘤の場所、形状、患者様の全身状態、年齢等を十分加味し、より適切な治療法を選択します。

末梢血管疾患(閉塞性動脈硬化症、下肢静脈瘤)

閉塞性動脈硬化症に対する治療は薬物治療、カテーテル治療やバイパス手術などがあります。私たちは、患者様に対して負担の少ないカテーテル治療から、カテーテル治療が不可能な病変に対してはバイパス手術、またはこれらを複合させた治療方法を、病変部位、病変数、患者様の全身状態等を加味して選択し、生活の質の向上を目指した治療を行います。
また、下肢静脈瘤に対して経皮的レーザー治療を開始しました。