病院機能評価認定
病院機能評価認定

獨協医科大学日光医療センター携帯サイト
獨協医科大学
日光医療センター
携帯サイト

睡眠時無呼吸症候群の検査治療

睡眠時無呼吸症候群とは?

睡眠時無呼吸症候群(SAS:Sleep Apnea Syndrome)は、気道の閉塞などの原因で、眠っている間に呼吸が止まる病気です。

無呼吸症候群のしくみ

 

無呼吸自体で即、窒息死を起こすことはありません。それよりもむしろ、きちんと睡眠を取れていないことなどにより、体がじわじわと侵され、高血圧症や心疾患など生活習慣病になったり、昼間の眠気により、労働災害や交通事故を起こしたりすることが問題視されている病気です。

労働災害や交通事故

症状と合併しやすい疾患について

睡眠時無呼吸症候群の方は、健康な方と比較して高血圧を発症する可能性は2倍、狭心症・心筋梗塞は3倍、脳血管障害は4倍、糖尿病は1.5倍という報告があります。その他にも高脂血症・高尿酸血症の合併も多いことが判明しています。 米国のデータでは、睡眠1時間あたり20回以上無呼吸が記録された患者さんは無治療のまま放置すると、9年後には10人のうち4人は心臓病・脳血管障害・交通事故などで亡くなっていたという衝撃的な報告もあります。

症状合併しやすい疾患
いびき 高血圧
昼間の眠気 虚血性心疾患
もの覚えが悪くなる 動脈硬化
性格の変化 脳循環障害
起床時の頭痛 糖尿病
  多血症
検査・治療について
睡眠時無呼吸症候群の初診から精密検査(終夜睡眠ポリグラフ)・治療(CPAP療法)までの流れ
外来診察、検査入院及び入院治療の受付時間
睡眠時無呼吸症候群セルフテスト

連絡・問い合わせ先

獨協医科大学日光医療センター 事務部医事課
〒321-2593 栃木県日光市高徳632番地
TEL: 0288-76-0637
FAX: 0288-76-2922