病院機能評価認定
病院機能評価認定

獨協医科大学携帯サイト
獨協医科大学携帯サイト

栃木県ドクターヘリ

 

 

ドクターヘリとは

 ドクターヘリとは、救急医療用機器や医薬品を搭載し救急医および看護師が搭乗した救急医療専用ヘリコプターのことです。

 救急現場で必要な初期治療を行いつつ、医療機関に搬送を行います。

 栃木県では、平成22年1月20日より当院を基地病院として運航しています。

 

 

 

目的

 ドクターヘリの目的はその機動性と迅速性にあります。

 飛行スピードは時速約200km、基地病院から50km圏内であれば離陸から約15分で救急現場に到着し、救命治療を開始することが可能です。

 

 ①専門医による救急現場での速やかな救命処置

 ②医療機関への迅速な搬送

 

が可能となり、救命率の向上や後遺症の軽減に貢献しています。

 

使用機体

 厚生労働省のドクターヘリ推奨機種である、“ユーロコプター社 EC-135”を採用。              
小型で汎用性が高く、双発機でありながら、低コスト・低騒音のパフォーマンスが高い機体です。

 

機体 ユーロコプター式EC135P2+
搭乗人員 最大6名
全長 12.16m
10.20m
高さ 3.51m
最大速度 287km/h
最大航続距離 646km
最大運用高度 6,096m
最大全備重量 2,910kg
エンジン(双発) プラット&ホイットニー式PW206B2型×2基

 

運航時間

運航時間は原則的に午前8時30分から日没時間(基準点は宇都宮市)の30分前迄です。

 

   (:74.0KB)

   (:136.0KB)

 

 

※気象状況等により運航できないことがあります。

 

 

運航範囲

運航範囲】

 原則的に栃木県全域が運航範囲です。

 出動要請から3分以内に離陸し、約15分~20分で栃木県全域をカバーしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広域連携体制

【広域連携の目的】 

 茨城県、栃木県、群馬県の3県は平成23年7月1日よりドクターヘリの広域連携を実施しています。

 広域連携は、出動要請の増加に伴い重複要請で出動できなかった事例が発生していることから、共通の課題をもつ茨城県及び群馬県と相互応援体制を構築し、救急医療体制の強化を目的としています。

 この広域連携協定より、他県のドクターヘリを応援要請することができるようになり、更なる効率的な運用が可能となりました。 (※下記の出動基準に該当する場合に限ります。)  

 

出動ドクターヘリ 出動先県名 出動対象市町村名

茨城県

ドクターヘリ

栃木県 

 

真岡市・芳賀町・市貝町

益子町・茂木町

那須烏山市・那珂川町

さくら市・高根沢町

 

栃木県

ドクターヘリ

茨城県

 

城里町

笠間市

常陸大宮市

筑西市・結城市・桜川市

下妻市・八千代町

 

群馬県 

 

桐生市・みどり市

太田市・大泉町

館林市・板倉町・明和町

千代田町・邑楽町

 

群馬県

ドクターヘリ

栃木県

 

足利市

旧粟野町(鹿沼市)

旧足尾町(日光市)

佐野市・岩舟町

 

【他県のドクターヘリを応援要請できる基準】 

 ①県内で重複出動要請があり、自県ヘリが出動できない場合

 ②多数傷病者が発生した場合で、自県のヘリのみでは対応できない場合

 ③転院搬送であって患者の様態等により緊急度が高いと判断される場合

 ④自県ヘリが機体故障により運航できない場合  

 

※ドクターヘリの運航上の安全性及び有効性な活動範囲(50Km圏内)を考慮し、現在のところ右記の地域のみ対象となります。

 

 

【基地病院

 茨城県 : 水戸医療センター(日~火曜日)

         水戸済生会総合病院 (水~土曜日)

 栃木県 : 獨協医科大学病院

 群馬県 : 前橋赤十字病院

 

 

 

詳細地図は こちら (:556.0KB) をご覧ください。

 

 

 

出動実績

栃木県ドクターヘリの出動実績は下記のとおりです。

月別の出動件数を公開しております。

 

 (:127KB)

   (:125KB)

   (:67.0KB)

   (:51.5KB)

   (:32.0KB)

   (:  3.6KB)

 

 

 

地域のみなさまへ

【ドクターヘリについて】

 栃木県ドクターヘリは、国及び栃木県から拠出された補助金で運営されています。

 ドクターヘリは消防機関からの要請により出動します。患者様や県民のみなさまからの要請はできません。
 ドクターヘリで搬送された場合の搬送費はかかりませんが、医療行為については保険診療の範囲内で患者様の負担となり、費用請求が生じます。

 

 

【地域のみなさまへのお願い】

   着陸する場所は原則として、あらかじめ登録された着陸場所(公園や学校のグランド等)の中から最適な場所 に着陸します。ドクターヘリが着陸する場合には、消防隊員の指示に従い、着陸場所からの速やかな退避などみなさまのご協力をお願いします。
 ヘリコプターの特性上、運航及び離着陸の際には騒音・砂塵等が発生します。みなさまにはご迷惑をおかけする場合がございますが、ご理解とご協力をお願いします。  

 

 

 

医療機関のみなさまへ -航空機を用いた転院搬送時の注意事項について-

 【ドクターヘリにおける患者様の転院搬送について】

 栃木県では医療機関間の航空機を用いた転院搬送については、原則栃木県消防防災航空隊が行います。

この際は最寄りの管轄消防署にご相談ください。

 なお、緊急手術目的など、一刻を争う際の転院搬送については栃木県ドクターヘリを活用することが出来ます。

 

【栃木県ドクターヘリを利用する際の注意事項】

 医療機関間の転院搬送の際は、搬送元医療機関と搬送先医療機関の間で必ず受入可否について調整のうえ、活動マニュアルに基づいて相談及び要請をお願いいたします。

 また、出動状況及び天候等により出動出来ないことがありますので、予めご了承くださいますようお願いいたします。

 

詳細については こちら (:295.0KB)のマニュアルをご覧ください。

  

 

 関連リンク

 

 栃木県ドクターヘリ ペーパークラフト

栃木県ドクターヘリのペーパークラフトをダウンロードいただけます。

 

 (:474.00KB)

 

※当ペーパークラフトは磐田市消防本部 山形様のご協力により製作したものです。

なお、本件に関する問合せ等は当院庶務課までお願いいたします。

 

※Doctor-Heli ドクターヘリのロゴマークは(社)全日本航空事業連合会の登録商標です。 

 

※本データを著作権者に無断で複製販売、転載、翻訳することは法律で禁じられています。 

 

 

 PDFファイルを閲覧・印刷する場合にはAdobe® Reader®が必要です。

Adobe Reader(Adobe Acrobat Reader) >ダウンロードサイトへ