献体とは
ホーム › 献体とは

医学教育の充実と医療の発展そして私たちの健康は、医学・歯学の進歩を願って、死後自らの遺体を無償で解剖学実習に提供する「献体」という尊い行為によって支えられています。

献体とは

 自分の身体を死後に医学・歯学の大学で行われる解剖実習に無償で提供しようとする篤志行為が献体です。献体を希望される方が生前から大学に登録をして、亡くなられた時にその遺志に沿ってご遺体が大学に提供されることで、はじめて献体は実現します。
献体登録していても亡くなられた時にご遺族の反対があると献体は実現しません。
登録いただく時、そしてその後もご家族のご理解を得ることが不可欠です。
 かつて、この解剖体が少なくて十分な医学教育ができないという実情を知った何人かの方々が、ご自分の遺体を正常解剖のために役立てたいと大学に申し出られたのがきっかけとなり、正常解剖に深い理解をもたれた篤志の方々が集まって、献体のための篤志者団体が各地につくられました。このような団体としては、白菊会をはじめ全国に現在52の団体があります。

献体登録

 このような団体もしくは大学に登録手続きをとることによって、献体の意思を表明し、篤志者として登録することができます。ただし、献体という行為はご本人だけの力によって実現することは不可能です。あとに残られたご遺族またはその他のご遺体の引取者が、ご本人の献体の意思を知らなかったり、その意思に反対であったりしては、献体は実行されないことになります。したがってこれが実現されるためには、ご親族、または引取者の範囲の方がご本人の献体の意思に賛同しておられて、その意思が実現されるように行動して下さることが必要不可欠なわけです。
 なお、献体篤志者として登録しておられるために、医療その他の面で特典があったり、何らかの報酬が得られる、といったことは全くありません。