教育方針

教育理念

獨協学園は、「知育・徳育・体育」この3つを掲げ教育に臨んでいる。
獨協医科大学は、この建学の精神に則り、「患者及びその家族、医療関係者をはじめ、広く社会一般の人々から信頼される医師を育成する」ことを教育の基本理念としている。
看護専門学校は、看護の実践的・専門的職業教育を通して人間形成をするとともに、多様化・国際化の進む社会の中で、臨床看護実践を科学的・倫理的に遂行する能力、看護の発展と質の向上に貢献できる基礎的能力を備えた「患者及びその家族、医療関係者をはじめ、広く社会一般の人々から信頼される看護師を育成する」ことを教育の理念とする。

教育目標

  • 人間の権利と生命の尊厳を尊重し、看護倫理に基づいた思いやりのある看護師を育成する。
  • 看護の対象を生活している人として理解し、その人が必要としている看護が実践できる科学的知識や技術を養う。
  • 保健・医療・福祉に携わる者として協働意識を持ち、チームの一員としての態度を養う。
  • 心身ともに健康で、バランスの取れた豊かな人間性を養う。
  • 看護の発展や質の向上に貢献できる臨床看護実践能力を養う。

ディプロマ・ポリシー

  • 人間の権利や生命の尊厳を尊重し、倫理観に基づいた看護が実践できる
  • 対象の生活や健康状態を理解し、科学的・論理的思考に基づいた看護が実践できる
  • 保健・医療・福祉におけるチームの一員としての自覚をもとに、看護の役割と責任をもって協働することができる
  • 豊かな感性を持ち、他者との良好な関係を築くことができる
  • 臨床看護実践能力の向上を目指し、主体的・継続的に学習し、自己啓発できる

カリキュラム・ポリシー

カリキュラムの構成
本カリキュラムは、「人間」「健康」「環境」「看護」の4つの概念で構成する。
「人間」は、成長・発達を続ける身体・精神・社会・霊的側面から、「健康」は全ての健康レベルの側面から、「環境」は人間の心身と生活の側面から「看護」をとらえる。そして、看護の実践的・専門的職業教育を通して人間形成をするとともに、多様化・国際化の進む社会の中で、臨床看護実践を科学的・倫理的に遂行する能力、看護の発展と質の向上に貢献できる基礎的能力を修得できるように、〈基礎分野〉〈専門基礎分野〉〈専門分野Ⅰ〉〈専門分野Ⅱ〉〈統合分野〉を系統的・段階的に配置する。
分野および領域の区分
  • 〈基礎分野〉では、看護学を学ぶための素地をつくるために、看護の対象者を生活者としてとらえるための知識や技術を養うと同時に、社会の仕組みや動向にも関心を持ち社会的視野を広げるために「情報と表現」「人間と生活・社会の理解」の2つの領域を置く。
  • 〈専門基礎分野〉では、看護師として必要な医学的知識を中心に学ぶ。そのため人体を系統立てて理解し、健康の保持増進、疾病の診断・治療、障害について学び、それらが一人ひとりの生活にどのような影響を及ぼすかを理解するために「人体の構造と機能」「疾病の成り立ちと回復の促進」「生活者の健康支援と社会保障」の3つの領域を置く。
  • 〈専門科目Ⅰ・Ⅱ〉では、講義・演習・実習という流れの中で看護の実践能力を養う。
    専門分野Ⅰでは、「看護とは何か」に始まり、看護の実践のための基礎的な知識・技術を学ぶ「基礎看護学」の領域を置く。さらに、専門分野Ⅱでは、専門分野Ⅰで学んだ知識を基に、看護の対象特性や発達段階に応じた看護を学ぶために、「成人看護学」[老年看護学]「小児看護学」「母性看護学」「精神看護学」の領域を置く。
  • 〈統合分野〉では、在宅で生活しながら療養する人々とその家族への看護についての基礎的知識と技術を学び、実習でその実際について学ぶための「在宅看護論」の領域を置く。さらに、看護師として働くうえで必要な看護マネジメント力や医療安全・災害時の看護についての基礎知識を学ぶ「看護の統合と実践」の領域を置く。
ディプロマ・ポリシーにもとづいた科目の配置
  • 人間の権利や生命の尊厳を尊重し、倫理観にもとづいた看護を実践するために、〈基礎分野〉の[人間と生活・社会の理解]に「生命倫理学」「社会学」、〈専門基礎分野〉の[生活者の健康支援と社会保障]に「ジェンダー論」、〈専門分野Ⅰ〉の[基礎看護学]に「看護学概論」「看護倫理」を配置する。
  • 対象の生活や健康状態を理解し、科学的・論理的思考に基づいた看護を実践するために、〈専門基礎分野〉の[人体の構造と機能]に「人体の構造」「人体の機能」「生化学」「臨床栄養学」、[疾病の成り立ちと回復の促進]に「微生物学」「病理学」「疾病の成り立ち」「疾病・診断治療論」「臨床薬理学」「臨床検査学」「看護物理学」、〈専門分野Ⅰ〉の[基礎看護学]に「看護理論」「看護過程」「日常生活援助論」「フィジカルアセスメント論」「臨床看護総論」、〈専門分野Ⅱ〉の[成人看護学][老年看護学][小児看護学][母性看護学][精神看護学]のそれぞれに、概論・臨床看護論・臨床看護援助論・臨床実習を配置する。また、〈統合分野〉の[在宅看護論]に「在宅看護論概論」「在宅臨床看護論」「在宅臨床看護援助論」「在宅看護論臨床実習」を配置する。
  • 保健・医療・福祉におけるチームの一員としての自覚をもとに、看護の役割と責任をもって協働するために、〈専門基礎分野〉の[生活者の健康支援と社会保障]に「リハビリテーション論」「公衆衛生学」「社会保障論」「看護と法律」、〈統合分野〉の[看護の統合と実践]に「看護管理概論」「災害時の看護」「医療安全」「統合実習」を配置する。
  • 豊かな感性を持ち、他者との良好な関係を築くために、〈基礎科目〉の[情報と表現]に「英語Ⅰ・Ⅱ」「文章表現の論理」「人間関係論」と[人間と生活・社会の理解]に「哲学」「心理学」「健康と保健体育」「音楽」を配置する。
  • 臨床看護実践能力の向上を目指し、主体的・継続的に学習し、自己啓発するために、〈基礎分野〉の[情報と表現]に「情報科学」、[人間と生活・社会の理解]に「教育学」、〈統合分野〉の[看護の統合と実践]に「卒業研究」を配置する。
学修成果の評価
学修成果の評価は、授業の進度に合わせてシラバスに明示された到達目標と成果を示す小テスト・定期試験・レポート・グループワークや授業への参加状況、実習評価などを含め、多様な方法で総合的に行う。加えて、学生自らの授業への取り組みの主観的評価、学生の学修状況や授業評価を活用して教育方法の改善につなげていく。

アドミッション・ポリシー

  • 人の生命・権利を尊重し、倫理観を大切にする人
  • お互いを尊重し合い、より良い人間関係の在り方に関心を持つ人
  • 主体的に自らの課題を見出し、自己成長への努力をする人
  • 責任感を持ち、規則や約束を守る人
  • 社会のニーズや看護職を取り巻く状況の変化に興味関心を持つ人

喫煙について

獨協医科大学(獨協医科大学附属看護専門学校)では、人々の健康を守る医療職者を育成する大学(学校)として、入学者は喫煙しないことを約束できる方とします。