教育方針

教育理念

獨協学園は、「知育・徳育・体育」この3つを掲げ教育に臨んでいる。
獨協医科大学の建学の精神は、「患者及びその家族、医療関係者をはじめ、広く社会一般の人々から信頼される医師を育成する」ことを教育の基本理念としている。
本看護専門学校は、この建学の精神に基づいて、看護の実践的・専門的職業教育を通して人間形成をするとともに、多様化・国際化の進む社会の中で、臨床看護実践を科学的・倫理的に遂行する能力、看護の発展と質の向上に貢献できる基礎的能力を備えた「患者及びその家族、医療関係者をはじめ、広く社会一般の人々から信頼される看護師を育成する」ことを教育の理念とする。

教育目標

  • 人間の権利と生命の尊厳を尊重し、看護倫理に基づいた思いやりのある看護師を育成する。
  • 看護の対象を生活している人として理解し、その人が必要としている看護が実践できる科学的知識や技術を養う。
  • 看護・医療・福祉に携わる者として協働意識を持ち、チームの一員としての態度を養う。
  • 心身ともに健康で、バランスの取れた豊かな人間性を養う。
  • 看護の発展や質の向上に貢献できる臨床看護実践能力を養う。

アドミッション・ポリシー

  • 人の生命・権利を尊重し、倫理観を大切にする人
  • お互いを尊重し合い、より良い人間関係の在り方に関心を持つ人
  • 主体的に自らの課題を見出し、自己成長への努力をする人
  • 責任感を持ち、規則や約束を守る人
  • 社会のニーズや看護職を取り巻く状況の変化に興味関心を持つ人

デュプロマ・ポリシー

  • 人間の権利や生命の尊厳を尊重し、倫理観に基づいた看護が実践できる。
  • 対象の生活や健康状態を理解し、科学的・論理的思考に基づいた看護が実践できる。
  • 保健・医療・福祉におけるチームの一員としての自覚をもとに、看護の役割と責任をもっって協働することができる。
  • 豊かな感性を持ち、他者との良好な関係を築くことができる。
  • 臨床看護実践能力の向上を目指し、主体的・継続的に学習し、自己啓発できる。

喫煙について

獨協医科大学(獨協医科大学附属看護専門学校)では、人々の健康を守る医療職者を育成する大学(学校)として、入学者は喫煙しないことを約束できる方とします。