カリキュラムポリシー

教育理念・教育目標を受け、以下のような方針に基づきカリキュラムを編成・運営している。

カリキュラムの構成

本カリキュラムは、「人間」「健康」「環境」「看護」の4つの概念で構成する。「人間」は、成長・発達を続ける身体・精神・社会的側面から、「健康」は全ての健康レベルの側面から、「環境」は人間の心身と生活の側面から「看護」をとらえる。
そして、看護の実践的・専門的職業教育を通して人間形成をするとともに、多様化・国際化の進む社会の中で、臨床看護実践を科学的・論理的に遂行する能力、看護の発展と質の向上に貢献できる基礎的能力を備えた看護師を育成するよう科目を構成する。

ディプロマポリシーに基づいた科目の配置

  1. 豊かな人間性と倫理観に基づく看護を学ぶ科目
    <基礎分野>:「心理学」「哲学」「人間関係論」「レクリエーション論」「音楽」「社会学」「英語Ⅰ」「英語Ⅱ」
    <専門基礎分野>:「健康と保健体育」
  2. 看護師としての責任と自覚をもち主体的に学習する姿勢を育む科目
    <基礎分野>:「教育学」「情報科学Ⅰ」「情報科学Ⅱ」「論理学」
  3. 人間を総合的に理解し、科学的根拠に基づいて健康問題を解決する力を育む科目
    <基礎分野>:「看護物理学」
    <専門基礎分野>:「解剖生理学Ⅰ~Ⅳ」「病態生理学Ⅰ~Ⅴ」「生化学」「微生物学」「病理学」「薬理学」「栄養学」
    <専門分野>:「基礎看護学方法論Ⅰ~Ⅶ」「臨床看護総論Ⅰ・Ⅱ」「成人看護学概論」「成人看護学方法論Ⅰ~Ⅲ」「老年看護学概論」「老年看護学方法論Ⅰ~Ⅲ」「小児看護学概論」「小児看護学方法論Ⅰ~Ⅲ」「母性看護学概論」「母性看護学方法論Ⅰ~Ⅲ」「精神看護学概論」「精神看護学方法論Ⅰ~Ⅲ」
    <統合分野>:「在宅看護論方法論」「在宅看護論方法論Ⅰ~Ⅲ」「看護研究」
  4. 保健医療福祉チームの一員として看護師の役割を理解し、連携と協働ができる基礎を学ぶ科目
    <専門基礎分野>:「保健医療概論」「リハビリテーション論」「公衆衛生学」「社会保障論」「家族支援論」「看護と法律」
    <統合分野>:「看護の統合と実践方法論Ⅰ」「看護の統合と実践方法論Ⅱ」
  5. 看護実践に必要な基礎的能力と生命と人に対する尊厳を重んじ看護観を深める科目
    <専門分野>:「看護学概論」「基礎看護学実習Ⅰ・Ⅱ」「老年看護学実習Ⅰ・Ⅱ」「成人看護学実習Ⅰ・Ⅱ」「小児看護学実習Ⅰ・Ⅱ」「母性看護学実習」「精神看護学実習」
    <統合分野>:「看護管理」「在宅看護論実習」「統合実習」

ディプロマポリシーをふまえコンピテンシーを育成する学習方法

  1. 早期から生命に関わる職業に就く覚悟、看護師としての責任と自覚をもつことが必要である。そのため、講義や演習の中で常に実践現場を想起させ実際の看護の場で活用できる力を育てる。
  2. 看護に必要なコンピテンシーを育成するために、プロジェクト学習方法を取り入れている。この学習方法により、解のない問いに対し、課題発見し情報リサーチをもとに論理的に思考を展開させ、課題解決していく力を育む。そして、この学習方法により主体的に学習する姿勢を養う。
  3. また、このプロジェクト学習の特徴である共同学習により、専門職業人としての倫理観のもと、多様な価値観にふれながら課題を探求し、変化する社会や人々のニーズをふまえ保健医療福祉チームにおける連携と協働と看護の発展に寄与できる力を育成する。
  4. 実習は、知識・技術・態度を統合し、対象との関係形成を基盤として個別の状況に応じた看護を実践を通して学ぶ。リフレクションにより経験を意味づけ、また明確になった自己課題を解決し、質の高い看護を探求していく。

学修成果の評価

学修成果の評価は、授業の進度に合わせてシラバスに明示された到達目標と成果を示す小テスト・定期試験・レポート・グループワークや授業への参加状況、実習評価等を含め、多様な方法で総合的に行う。加えて、学修の取り組みについて学生自身が自己評価を行い、課題解決に向けて取り組む。