教育理念

教育理念

  • 獨協学園は、「知育・徳育・体育」を揚げ教育に臨んでいる。獨協医科大学は「患者及びその家族、医療関係者をはじめ、広く社会一般の人々から信頼される医師を育成する」ことを教育の基本理念としている。本看護専門学校は「知育・徳育・体育」の精神に基づいて、人格を涵養し、「患者及びその家族、医療関係者をはじめ、広く社会一般の人々から信頼される看護師を育成する」ことを教育の理念とする。

教育目的

  • 豊かな人間性を養い、臨床看護実践能力のある看護師を育成する。

教育目標

  1. 人間の生命と権利を尊重し、人間を総合的にとらえる能力を養う。
  2. 科学的根拠及び倫理的思考に基づいた看護が実践できる基礎的能力を養う。
  3. 保健医療福祉チームにおける看護師の役割を理解し、協働意識をもって看護の機能を発揮できる基礎的能力を養う。
  4. 心身ともに健康で、バランスの取れた豊かな人間性を養う。
  5. 主体的に学習し、考え、看護を探求する姿勢を養う。
  6. 生命と人に対する深い畏敬の念と倫理観を備えた看護観を形成する基礎的能力を養う。

ディプロマ・ポリシー 

教育目標に基づき、以下のような能力を身につけ、かつ所定の単位を修得した学生の卒業を認定する。

  1. 看護倫理に基づいた思いやりのある看護ができる。
  2. 看護師としての責任と自覚を持ち、主体的に学習する姿勢がある。
  3. 人間を総合的に理解し、科学的根拠に基づいて健康問題を解決する能力がある。
  4. 保健医療福祉チームの一員として看護師の役割を理解し、連携と協働ができる基礎的能力がある。
  5. 生命と人に対する尊厳を重んじた自己の看護観を持っている。