越谷病院 臨床研修医募集

看護師募集

腎・予防医学センター

越谷病院女性医師支援センター

越谷病院 新病院棟建設事業

神経内科

神経内科 サイトへ

概要

 当院神経内科は、脳梗塞、脳出血等の脳卒中を含む神経救急、免疫性疾患、感染症、変性疾患、各種内科疾患に伴う神経障害など、神経内科的疾患(神経学)全般にわたる医療を提供しています。代表的な病気としておもに、脳卒中、頭痛(片頭痛・緊張型頭痛など)、認知症(アルツハイマー型認知症、レビー小体型認知症、血管性認知症など)、てんかん、パーキンソン病、多系統萎縮症、脊髄小脳変性症、筋萎縮性側策硬化症、髄膜炎・脳炎、重症筋無力症、多発性硬化症、視神経脊椎炎、多発筋炎、ギラン・バレー症候群、慢性炎症性脱髄性多発根神経炎、種々の末梢神経障害など豊富な症例を経験できます。さらに、「いびき、睡眠時の呼吸停止、過度の眠気など」を症状とする睡眠時無呼吸症候群あるいは中枢性過眠症、「夢と関連する行動異常」を症状とするレム睡眠行動異常症、「下肢の異常感覚によって眠れない」を症状とするレストレスレッグス脚症候群などの睡眠関連疾患の診療も経験できます。また、リハビリテーションセンター(理学療法士、作業療法士、言語聴覚士)では神経内科疾患の急性期リハビリを経験することができます。

一般目標

1. 患者の主訴・症状・理学所見・神経所見などから病態を推測することができる。

2. 上記に基づき、適切な検査を組むことができ、その結果の解釈ができる。

3. 正常臓器の構造、機能及び疾患の病態を理解し、多彩な神経症状から適切な鑑別診断を想起し、正確な診 

  断と適切な治療方針をたてることができる。

個別目標

1.  神経症候学を学び、「神経学的所見」を正確にとらえる技術を取得できる。

2.  脳血管障害の診断と病型分類ができ、急性期および慢性期の治療方針を立てられる。

3.  パーキンソン病、多系統萎縮症など代表的な神経変性疾患を正確に鑑別し、治療方針を立てられる。

4.  「意識障害、めまい、頭痛、けいれん、しびれ、物忘れなど」神経症状に対する鑑別診断を挙げ、的確に

   診断し、治療方針をたてることができる。

5.  髄液検査を安全に施行し、所見を正しく評価できる。

6.  神経画像検査(CT、MRI、RI)の所見を正しく評価できる。

7.  脳波、神経伝導検査、針筋電図、睡眠ポリグラフ検査などの神経生理検査を正しく評価できる。

8.  神経超音波検査(頸動脈、筋、末梢神経など)を正しく評価できる。

9.  筋生検などの所見を正しく評価できる。

10. 睡眠関連疾患を鑑別診断し、治療方針をたてることができる。 

研修評価

1. 日本内科学会の研修プログラムに準じる。

2. 神経内科後期研修プログラムに準じる。

2. 脳卒中専門医カリキュラムに準じる。

3. 頭痛専門医カリキュラムに準ずる。

4.  睡眠医療認定医カリキュラムに準じる。

当該専門領域の認定医、専門医

日本内科学会の教育病院、日本神経学会の教育施設、日本脳卒中学会認定研修教育病院、日本睡眠学会学会登録医療機関です。内科認定医・総合内科専門医、神経内科専門医、脳卒中専門医の取得を希望される方は、速やかに入会手続きを行う(詳細については、各学会ホームページ参照)。

1. 日本内科学会 認定内科医・総合内科専門医

2. 日本神経学会 神経内科専門医

3. 日本脳卒中学会 専門医

4. 日本頭痛学会 専門医

5.  日本睡眠学会 睡眠医療認定医

神経内科の週間スケジュール


教育回診

教育回診

(脳外科カンファ

に出席)

午前

新患カンファ
病棟・神経救急

病棟・神経救急

病棟・神経救急

病棟・神経救急

新患カンファ
病棟・神経救急

病棟・神経救急
神経超音波検査
神経生理検査

午後

リハビリカンファ
病棟・神経救急
神経超音波検査

病棟・神経救急
神経超音波検査

病棟・神経救急 

脳卒中カンファ  

病棟・神経救急

病棟・神経救急

病棟・神経救急

神経超音波検査

医局会

(18時半~)

 

睡眠ポリグラフ

検査

 

weekly summary discussion

 

※新患カンファレンス     :月・金曜日午前9時~

※教育回診            :毎週月・金曜日 午前8時~
※リハビリカンファレンス   :毎週月曜日 午後1時~
※脳卒中カンファレンス   :毎週水曜日 午後6時~
※高次脳機能カンファレンス:不定期
※神経生理カンファレンス  :月1回土曜日    

※脳神経外科カンファレンス:毎週金曜日午前7時45分~

学会・研究会・講習会などへ参加

 ●学外講師を招いての勉強会(獨協越谷医療圏臨床神経懇話会)を木曜日午後7時に、3ヶ月毎に1回開催し

   ている

 ●日本神経学会関東地方会、日本内科学会総会、あるいはその他の関連学会、研究会に積極的に参加し、

   指導医・上級医から学術的な指導を受け、症例報告を発表し、さらに論文にまとめる。

 ●「医学博士乙号」の取得希望者には、論文作成を含めた臨床研究の指導を行っていくが、学位審査までに、

   当大学の英語試験を受け合格書類が必要である。

   大学院医学研究科(博士課程)内科系先端内科学(越谷病院)「神経疾患の病態・診断・治療および睡眠医

   学に関する研究」のテーマで「医学博士甲号」の取得の指導を行っていく。