リハビリテーション専門医

目的

埼玉県内にリハビリテーション科専門医を育成するために作成された研修プログラムです。
埼玉県は人口730万人、人口密度全国4位、特に県東部(さいたま市以東)地域に40%が偏在集中しております。一方、医師数は全国最下位にランクされ続けています。リハビリ専門医も首都圏で最下位であり、専門医不在の回復期リハビリテーション病院が多くを占めている状況のため専門医の供給が期待され、かつ需要が非常に高い地域です。
埼玉県のリハビリ専門医不足を解消し地域のリハビリ環境を充実させるために当プログラムが作成されました。

プログラム冊子

当専攻医プログラムをまとめたプログラム冊子はこちらをご覧ください。

連携施設・関連施設

連携施設

埼玉協同病院(埼玉県川口市)
東葛病院(千葉県流山市)
埼玉県立循環器・呼吸器病センター(埼玉県熊谷市)
柳原リハビリテーション病院(東京都足立区)
埼玉杉戸診療所(埼玉県南埼玉郡宮代町)
箱根リハビリテーション病院(神奈川県足柄下郡箱根町)
日光野口病院(栃木県日光市)
埼玉医科大学病院(埼玉県入間郡毛呂山町)
埼玉医科大学総合医療センター(埼玉県川越市)
埼玉医科大学国際医療センター(埼玉県日高市)
光の家療育センター(埼玉県入間郡毛呂山町)
東京医科歯科大学付属病院(東京都文京区)

関連施設

リハビリテーション天草病院(埼玉県越谷市)
流山中央病院(千葉県流山市)
日産厚生会玉川病院(東京都世田谷区)