越谷病院 臨床研修医募集

看護師募集

腎・予防医学センター

越谷病院女性医師支援センター

越谷病院 新病院棟建設事業

整形外科専門医

 

理念

安全で質の高い運動器医療を提供できる整形外科専門医を養成するため、医師としての臨床能力だけでなくすべての運動器疾患について基本的・応用的・実践的能力を教育し、国民の運動器の健全な発育と健康維持に貢献することを理念とします。 研修を通して、社会的倫理観を備え、運動器に関する科学的知識と高い診療実践能力を備え、常に進歩する医学の新しい知識と技術を習得し開拓していく能力を研鑽します。整形外科専門医は、正確で迅速な運動器の診断と、個々の患者のこころと、置かれている社会的背景とを理解し、保存療法、手術療法、リハビリテーション治療を実践し、常により良い医療を提供するため自己改革してゆく使命があります。

 

特性

 獨協医科大学越谷病院整形外科では、脊椎、上肢、下肢の3つの治療班が、互いに協力しながら治療の難しい病態を中心に、最先端の技術を駆使して取り組んでいます。特に、Ilizarov 法の牽引性組織誘導術を応用した骨延長術や変形矯正術、マイクロサージャリーを応用した複合組織再建術、脊椎インストウルメンテーションによる側弯症や脊椎変形の矯正術、先天性内反足をはじめとする小児整形外科治療、関節鏡視下手術によるスポーツ医学などは、当科を特徴付ける業績となっています。

プログラム冊子

当専攻医研修プログラムをまとめたプログラム冊子はこちらをご覧下さい。

年次研修計画

  医学の進歩とともに専門医に求められる医療レベルはますます高度化し、従来の『徒弟制度』では習得すべき知識や技術の教育が十分にカバーしきれないとの考えの元に研修制度の改革は進んできました。

  しかし、外科的技術を確実に身に着けるためには “See one, do one, teach one” (最初は熟練者の技術を見て学び、次には自ら実践しつつその経験の中から学び、さらにそうして獲得した知識や技術を後輩に伝える作業を通してそれらが本当に的確であるかどうかを検証し磨き上げてゆく)という洋の東西を問わず伝統的に用いられてきたスキームが欠かせません。そこで本プログラムでは、専門医養成に向けた4年間の研修期間のうち1~2年目(PGY-1&2)を“See one” 期,3年目(PGY-3)を “Do one” 期,4年目(PGY-4)を “Teach one” 期と規定して研修を進めます。

連携病院

【連携病院】

東埼玉総合病院(埼玉県幸手市)

新久喜総合病院(埼玉県久喜市)

越谷誠和病院(埼玉県越谷市)

流山中央病院(千葉県流山市)

春日部厚生病院(埼玉県春日部市)

みさと健和病院(埼玉県三郷市)

獨協医科大学病院(栃木県下都賀郡壬生町)

北海道大学病院(北海道札幌市)

えにわ病院(北海道恵庭市)

函館整形外科クリニック(北海道函館市)

 

Subspecialty領域について

当院では整形外科専門医取得後に目指す、Subspecialty領域について、以下の専門医の指導医が在籍しています。

 

手外科専門医

日本手外科学会


脊椎脊髄外科専門医 日本脊椎脊髄病学会