埼玉医療センター 臨床研究支援室 実施中の治験と臨床研究

埼玉医療センター 臨床研修医募集

看護師募集

附属 越谷クリニック

埼玉医療センター 女性医師支援センター

埼玉医療センター 新病院棟建設事業

糖尿病内分泌・血液内科

糖尿病内分泌・血液内科 サイトへ

概要

 当科は、内科学統合の実践の場として、細分化されたより高度な専門的医療を統合し、総合的な治療を行うことを目標としている。内分泌・代謝疾患、血液疾患の専門的診療に加え、内科疾患全般の診療に携わっている。また、大学の使命である、診療、研究、教育に加え、患者様の立場に立った“温かい医療”を診療科のモットーにしている。

 日常検査は多岐に亘り、持続血糖測定モニター、頸部超音波検査、甲状腺細胞診、甲状腺・副甲状腺及び副腎シンチグラム、各種CT及びMRI画像検査、腰椎穿刺、神経伝導速度測定、脳波測定、骨髄穿刺等の豊富な検査手段を駆使して、絶えず的確な診療を実践している。2年間のレジデントカリキュラムを通じ、上記の基礎的な臨床能力を養ってもらいたい。

一般目標

1.糖尿病性昏睡など糖尿病患者の救急及び全身性合併症に迅速かつ的確に対応でき、さらにインスリン治

  療を含め糖尿病の病態に応じた治療法を選択し、実践できる。また、脂質異常症や甲状腺疾患など内分泌

  疾患についても的確な診断・治療ができる。

2.貧血、白血病、悪性リンパ腫、止血・凝固異常(DICを含む)などの血液疾患・異常症を的確に鑑別診断で

    き、的確な治療を選択できる。 

個別目標

1.糖尿病性ケトアシドーシス・低血糖などの急性合併症や感染症に対処できる。

2.糖尿病の慢性合併症を的確に把握し、治療できる。

3.糖尿病患者に対する食事療法・運動療法の指導に当たることができる。

4.糖尿病の病態生理に基づき、薬物療法を的確に選択し、患者の治療に当たる。

5.甲状腺疾患、副腎疾患、下垂体疾患に対し適切な検査法を選択でき、その治療を全うし得る。

6.鉄欠乏症貧血、二次性貧血など、貧血症の鑑別ができ、的確な治療を選択できる。

7.末梢血液及び骨髄塗抹標本の鏡検法の概略を学ぶ。

8.白血病、悪性リンパ腫の診断法、分類法の基本を理解し、その治療に当たる。

9.止血・凝固異常の診断法をマスターし、その治療に当たる。

10.画像検査(CT・MRI)の所見を正確に評価できる。 

2年間で最低経験する主な症例

1)疾患

1.糖尿病(1型:5名、2型:50名)

2.甲状腺疾患(バセドウ病:10名、橋本病:10名、結節性甲状腺腫:5名)

3.副甲状腺機能異常症:5名

4.下垂体疾患(下垂体腺腫:5名、下垂体機能低下症3名)

5.副腎疾患(副腎腺腫:10名、副腎機能低下症:2名)

6.高脂血症:30名

7.白血病:15名

8.悪性リンパ腫:20名

9.多発性骨髄腫:10名

10.骨髄異形成症候群:20名

11.特発性血小板減少性紫斑病:10名

12.自己免疫性溶血性貧血:5名

13.脳血管障害:30名

2)主な検査・治療手技

頸部・心臓及び腹部超音波検査、甲状腺細胞診、各種シンチグラム読影、頭部CT及びMRI画像検査読影、腰椎穿刺、神経伝導速度測定、骨髄穿刺の生検、骨髄像読影、血漿交換、瀉血療法

研修評価

1.指導医と共に患者を受け持ち、診察・治療に携わり結果を評価する。

2.指導医による講義を中心に学習し、習得を評価する。

3.指導医と共に患者を受け持ち、患者個々の病型・病態に基づき、患者に最も合った治療法を理論的に

  選択・実践し、結果を評価する。 

当該専門領域の認定医、専門医の受験資格について

認定内科医:臨床研修2年+教育病院(あるいは教育関連病院)での内科研修1年以上

         =計3年以上

 

総合内科専門医      :1)認定内科医資格取得後、教育病院での内科研修1年以上

(旧 認定内科専門医)   +教育関連病院での内科研修2年以上=計3年以上

                  2)認定内科医資格取得後、教育関連病院での内科研修5年以上

 

 内分泌代謝科専門医:1)継続3年以上または通算5年以上、本学会会員であること

                2)認定内科医または総合内科専門医の資格を有すること

                3)3年以上、認定教育施設において内分泌代謝疾患の診療実績

 

 糖尿病専門医:1)連続3年以上、本学会会員であること

                          2)認定内科医の資格を有すること

                          3)認定内科医研修過程の修了後、3年以上、認定教育施設において糖尿病

                              臨床研修を行っていること

 

血液専門医:1)通算3年以上、本学会会員であること

                     2)認定内科医の資格を有すること

                     3)卒業後、6年以上の臨床研修を必要とし、このうち3年以上を学会認定の研修

                         施設において、臨床血液学の研修を行うこと 

糖尿病内分泌・血液内科の週間スケジュール

 

午   前

午   後

17 時 以 降

病 棟 業 務

教 授 回 診

(カルテ・病棟回診)

医局抄読会

学会・研究会発表予演会

病 棟 業 務 

病 棟 業 務

 甲状腺超音波研修

 

病 棟 業 務

病 棟 業 務

 

 

病 棟 業 務

外来バイスタンド(交代)

病 棟 業 務

ワンポイントレクチャー

(3分野(内分泌、糖尿病、血液)のエキスパートによる)

外来新患診察(交代)

病 棟 業 務

 

病 棟 業 務

内分泌代謝カンファレンス

外来新患診察(交代)

病 棟 業 務

血液カンファレンス

甲状腺超音波研修

病 棟 業 務